クレジットカード・カードローン・キャッシングのコラムをまとめています!

クレハピ〜まだ現金で消耗してるの?〜は、お金にまつわるコラムをまとめたメディアです。

例えば…

などなど。

 

特に「クレジットカード」に関するコラムが中心です。

というのも、社会人になると多くの人が所有しますし、使う機会も頻繁にあるから。

普段の買い物はもちろん、スマホ代公共料金の支払いでも活用できます。

また、キャッシング機能を追加すれば、現金を引き出すことも可能。

クレジットカードが1枚あれば、生活の幅がかなり広がります。

 

ただ…

使い方を間違えると、痛い思いをする恐れが。

 

例えば、クレハピ管理人の「もん太」は、過去にリボ地獄に陥りました。

もん太
もん太

ども。もん太です♪

TwitterInstagramもやってるから、よかったらフォローしてくださいな( ´ ▽ ` )ノ

 

その時の体験談がこちら。
▶▶【体験談】クレジットカードのリボ払い地獄はマジで恐怖|抜け出す方法はあるの?

 

正しく健全に使えば、とっても便利なのですが…

初めて発行した時(知識がない時)は、ちょっとした失敗をしやすいです。

その時の経験も踏まえて、クレハピ〜まだ現金で消耗してるの?〜を立ち上げ、コラムをまとめています。

ぜひぜひ参考にしてください(^^)

はじめに

クレハピ管理人「もん太」のプロフィールや挨拶、運営理念などがこちらです。

 

次に、このページにまとめてあるコンテンツをご紹介しますね♪

クレハピ〜まだ現金で消耗してるの?〜コンテンツ一覧

当ページにまとめてあるコンテンツを、カテゴリごとに分けてみました。

各青文字をタッチすると、そのカテゴリ(項目)にスクロールします。

  1. クレジットカードの基本
  2. クレジットカードを使う主な場面
    (買い物・スマホ代や公共料金の支払いなど)
  3. 金融機関(銀行)に関する豆知識
  4. 電子マネーをお得に使う方法
  5. コンビニATMの使い方
  6. お金が足りない、緊急時の対策

1.クレジットカードの基本

この項目では、クレジットカードの発行や使い方など、基本的な情報を見ていきます。

目次が次の通りです。

※青文字をタッチすると、その項目にスクロールします。

  1. クレジットカードを選ぶ
  2. 発行する
  3. 買い物をする
  4. 利用代金を返済する
  5. キャッシング枠を追加する
  6. 利用限度額を増額する
  7. 再発行する

1−1.クレジットカードを選ぶ

クレジットカードと一言にいっても、種類は様々。

国際ブランドで5つ。
(JCB・VISA・MasterCard・アメックス・ダイナース)

発行会社・提携会社は数え切れないほどあります。

会社のタイプは主に3つに分かれます。

下記の+ボタンをタッチすると、各タイプの詳細をチェックできます。

信販系クレジットカード

信販=信販会社・クレジットカード会社。

カードの中で最も一般的です。

代表的なカードの種類が下記の通り。

銀行系クレジットカード

その名の通り、銀行(金融機関)が発行しているクレジットカード。

キャッシュカードと一体型になっていることもあります。

メガバンク・ネット銀行・地方銀行など、多くの金融機関が発行しています。

代表例が下記の通り。

  • みずほマイレージクラブカード
  • りそなカード
  • SMBC CARD
  • JA BANKカード
  • 楽天銀行カード
流通系クレジットカード

スーパーやコンビニ、デパート(百貨店)が発行しているクレジットカードです。

発行店舗(提携店)で利用するとポイント還元率アップなど、日常的に使う方にとってメリットが大きいです。

代表的なカードが下記の通り。

 

次に、発行会社別に代表的なクレジットカードの種類をまとめてみました。

各カード名(青文字)をタッチすると、基本的な使い方や特徴などを確認できます。

 

▶▶目次に戻る

1−2.クレジットカードを発行する

そもそもクレジットカードってどんな種類があるの?

どのクレジットカードを使えばいいの?

 

こんな疑問をお持ちの方、少なくありません。

それもそのはず。

というのも、クレジットカードの種類はとっっっても多いんですよね。

その数は数百以上。

 

なぜそんなにたくさん種類があるのか?というと…

まず、国際ブランドだけで5つあります。
(VISA・JCB・Master・アメックス・ダイナースなど)

さらに、プロパーカード・提携カード・両者の中間カードに分かれています。

それぞれの特徴を簡単にまとめると…

カードの種類特徴代表カード
プロパーカード国際ブランドが直接発行している。
中間のカードカード会社が国際ブランド以外の企業と提携していない。
提携カードカード会社が国際ブランドと第三者企業に提携している。

このようになります。

 

また、一般・ゴールド・プラチナ・ブラックなどのランクも存在しています。

とはいえ…

初めて発行するなら「楽天カード」や「JCBカード」「三井住友VISAカード」あたりを選んでおけば、まず間違いありません。

ドコモユーザーなら「dカードGOLD」がおすすめ。

ちなみに、もん太は楽天カード愛用者です。

 

もん太
もん太

かれこれ5年以上使ってけど、不便に思ったことは一度もないです〜。

 

年会費無料、ポイント還元率1%。Edyも使えるし。

もん太
もん太

まぁ、庶民的過ぎるってのがちょっとネックかも…。

 

ゴールド・プレミア・ブラックっていうランクもあるけど、楽天カードってだけでステータス性が低く感じるんだよなぁ。

 

普段遣いは楽天カード、ステータス性を求めるなら、サブカードとしてアメックスカードなどを発行するのがいいでしょうね。

※もん太がアメックスカードを発行した時の体験談がこちら。
▶▶【アメックスゴールドの審査】期間や結果の届き方、落ちる5つの理由とは?

 

▶▶目次に戻る

【補足1】クレジットカードの審査基準について

クレジットカードの発行を申込むと、所定の審査が行われています。

審査基準は公開されておらず、カード会社によっても異なります。

ですが、基本的には下記の情報がチェックされます。

情報の種類含まれる項目
1.本人に関する情報
  • 年収
  • 性別
  • 子供の有無
  • 同居家族
  • 保険の種類
  • 最終学歴卒業年月
2.仕事に関する情報
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 職種
  • 役職
3.住居・住まいに関する情報
  • 住居形態
  • 住居種類
  • 固定電話の有無
  • 住居負担額
    (ローン・家賃など)
4.借入れに関する情報
  • 他社借入額
  • 他社借入件数
  • 希望するキャッシング枠
5.その他
  • カードのランク
    (ゴールド・プラチナなど)
  • 前回からの申込期間
    (6ヵ月以上経過している必要あり)

※4.借入に関する情報は、キャッシング枠を追加する時にチェックされます。
参考▶▶【クレカのキャッシング枠】審査基準と追加設定する時の注意点まとめ

 

たくさんのチェック項目がありますが、中でも重点的にチェックされるのが年収・勤務先・勤続年数・雇用形態・住居負担額です。

それぞれの詳細が下記の通り。
(+ボタンをタッチすると詳細が開きます)

年収

高収入である方が有利なイメージがありますが、そんなことはありません。

アルバイトやパートの方でも、クレジットカードを発行することはできます。

この時、ポイントになるのが「継続・安定した収入」です。

一時的な高収入よりも、長年にわたって収入が安定している方がプラス評価になります。

勤務先

なんだかんだいって、大手企業の方がプラス評価。

大手企業=経営基盤が安定している=収入や雇用も安定している、と判断されるため。

いつ・どうなるか分からない時代ですが、クレジットカードなどの金融業界では、大手=安心という考え方がまだまだ強いです。

とはいえ、必ずしも大手に勤める必要はありません。

当サイト管理人の「もん太」は、しがない個人事業主ですが、アメックスゴールドを発行できているので。

勤務先よりも勤続年数の方が重要視されている印象です。

勤続年数

10年…15年…と勤める必要はないものの、勤続年数が長い方がプラス評価。

というのも、勤続年数が長い=収入が安定していると判断されるため。

最低でも1年以上、できれば2〜3年以上の勤続年数が欲しいところです。

転職直後などは勤続年数がリセットされるので、この時期はクレカの発行を申し込まない方がいいですよ。

しばらく待ってから申込みましょう。

雇用形態

やっぱり公務員は強いです。また、医師や弁護士なども強いですね。

雇用形態を評価順で並べると、下記のようになります。

国家公務員>地方公務員・医師・弁護士>正社員>アルバイト・パート>個人事業主

アルバイトやパート、個人事業主でもクレジットカードを発行することはできます。

ただ、限度額が上がりにくいというネックがあります。

数十万円単位〜100万円以上の買い物はなかなかできません。

住居負担額

住居負担額=ローンや家賃。

毎月ローンや家賃を支払っていると、多少なりクレジットカードの審査に影響を与えます。

滞りなく支払っていれば、何の問題もありません。

ただ、延滞納をしていると悪影響が出るので、注意してください。

【補足2】ショッピング枠の限度額の基準

クレジットカードのショッピング枠は「割賦販売法」に基づき、算出されます。

具体的な計算方法が下記の通り。

利用限度額(支払可能見込額)=(年収-生活維持費-クレジット債務)×0.9

【生活維持費の一覧表】
参照▶▶割賦販売法の改正について/JCAA 日本クレジットカード協会

居住形態1人世帯2人世帯3人世帯4人世帯以上
持家かつ住宅ローンなし
または
持家なしかつ借賃負担なし
90万円136万円169万円200万円
持家かつ住宅ローンあり
または
持家なしかつ借賃負担あり
116万円177万円209万円240万円

【補足3】キャッシング枠の限度額の基準

クレジットカードのキャッシング枠は「貸金業法(総量規制)」基づき、算出されます。

総量規制とは、年収の1/3を超える額を借りることができないという規制。

例えば、あなたの年収が400万円だとしたら、借りられる最大の額は120万円になります。

  • 1社から120万円
  • 2社から60万円ずつ
  • 3社から40万円ずつ

…などなど。どんな形であれ年収の1/3を超える額を借りることはできません。

【補足4】申込み〜審査通過(発行)までの流れ

クレジットカードの申込み〜審査通過(発行)までの流れが下記の通りです。

STEP1:クレジットカードを申込む

まずはネットや店舗窓口で、お好きなクレジットカードを申込みます。

STEP2:申込みが受理される

申込みが受理されると、いよいよ審査スタート。

はじめに、機械によるスコアリング審査が行われます。

STEP3:機械によるスコアリング審査が行われる

現在、ほとんどのカード会社は機械によるスコアリング審査を採用しています。

申込み内容を数値化し、基準に達していれば次の審査に移行する〜というもの。

ただ、カード会社によって数値の基準は異なります。

A社・B社・C社でボーダーラインが違う、ということ。

ボーダーラインの数値は公開されていないので、チェックすることができません。

STEP4:信用情報機関の情報が確認される

スコアリング審査に通過すると、次は信用情報機関の情報が確認されます。

信用情報機関には、次のような情報が記録されています。

申込時
  • 個人情報
  • 申込日時
  • 金融商品の種類
利用時
  • 利用日
  • 利用した金融商品の種類
  • 利用金額
  • 支払回数
  • 完済予定日
返済時
  • 返済予定日
    (引き落とし予定日)
  • 返済日
    (引き落とし日)
  • 利用残高
  • 完済日

他社のクレジットカードやローンを利用している場合、どこの会社から・いくら借りていて・返済状況はどうなっているのか?といった情報が、事細かに記録されています。

そのため、延滞納の経験があると、審査の時に不利になってしまいます。

STEP5:在籍確認が行われる

スコアリング審査に通過し、信用情報機関に記録されている情報も問題なしだった。

お次は「在籍確認」が行われます。

在籍確認なしで発行されるケースもありますが、ある前提で待っていた方がいいです。

在籍確認とは、あなたが勤務先に本当に在籍しているか?確かめる審査です。

カード会社の担当者(個人名)で、現在の勤務先に電話がかかってきます。

在籍確認の流れが下記の通り。

【あなた本人が対応する場合】

鈴木と申しますが、◯◯様(あなたの名前)はいらっしゃいますか?

あ、私です。

これで在籍確認は完了。

あとで折返しの電話がくることもありません。

 

【あなた以外(他の職員)が対応する場合】

鈴木と申しますが、◯◯様(あなたの名前)はいらっしゃいますか?

◯◯(あなたの名前)は、ただいま席を外しています。

そうですか。いつ頃戻りますか?

しばらく戻らないと思うので、戻り次第連絡させていただきます。

急ぎの用事ではないので、また明日お電話しようと思います。

このようなやり取りが行われれば、在籍確認は完了。

あなたが確実に在籍していることが伝わればOK。

席を外しているという理由の他、営業で外に出ている、今日は休んでいるという理由でも大丈夫です。

STEP6:カード会社で最終確認が行われる

在籍確認が完了すれば、カード発行まであと一歩。

カード会社で最終確認が行われ、それが終わり次第発行となります。

この段階で、カードの利用限度額が決まります。

スコアリング審査の数値が高く、信用情報にも一切問題がなければ、限度額が高めに、

審査の数値が低く、信用情報に問題があった場合、限度額が低めになります。

とはいえ、これからカードの実績を積んでいけば、限度額を増額することもできます。

STE7:審査結果が届く

メールで審査結果が届くケース、カードの発送をもって結果通知とするケースがあります。

注意点として、カードの受取は本人限定という点。

家族に代行してもらうことはできないので、お気をつけ下さい。

 

カードを受け取ったら、その時点でカードを使って買い物ができます。

ということで、次に買い物の方法などを詳しく見ていきましょう!

1−3.クレジットカードで買い物をする

クレジットカードってどーやって使うの?

どんなお店で使えるのー?

 

クレジットカードは色々な場面・お店で使えます。例えば…

  • 普段の買い物
    (スーパー・コンビニ・ガソリンスタンドなど)
  • 通販
    (楽天市場・Amazon・ヤフオクなど)
  • スマホ代の支払い
    docomoauSoftbankなど)
  • 公共料金の支払い
    ガス水道光熱費家賃など)
  • その他
    (飲食店・美容院・ホテルなど)

これ以外にも使えるお店・場面はたくさんあります。

クレジットカードが使えるかどうかは、お店の出入り口やレジ横をチェックすればOK。

 

スタッフさんに尋ねるのが一番確実です。

もん太
もん太

クレジットカードって使えます〜?

 

カードで支払いたいんですけど〜

 

という感じに尋ねましょう。

レジでカードを提示すると、

お支払い方法はどうしますか?

と聞かれます。

ここでは一回払い(一括払い)にしておくのが賢明。

高額だから分割払いにしたい〜という時は、あとから分割あとからリボに変更できますからね♪

 

▶▶目次に戻る

1−4.クレジットカードの利用代金を返済する

クレジットカードって、使った分はいつ返済すればいいの?

というか、返済ってどーやってすりゃいいの?

 

クレジットカードの利用代金は「自動引き落とし(口座振替)」で返済するのが基本。

ただ、カードごとに締め日・引き落とし日が異なります。

主要カード会社の締め日・引き落とし日が下記の通りです。
(+ボタンをタッチすると確認できます)

カード会社の締め日・引き落とし日
会社名締め日支払日
三井住友カードA:15日
B:末日
A:翌月10日
B:翌月26日
JCBカード15日翌月10日
楽天カード末日翌月27日
セゾンカード10日翌月4日
イオンカード10日翌月2日
セディナカードOMC:末日
CF/クオーク:10日もしくは末日
OMC:27日
CF/クオーク:6日もしくは26日
TS CUBIC CARDA:5日
B:20日
A:翌月2日
B:翌月17日
オリコカード末日翌月27日
ジャックスカード末日翌月27日
MUFGカード15日翌月10日
NICOSカードショッピング:5日
キャッシング:末日
翌月27日
dカード15日翌月10日
エポスカードA:4日
B:27日
A:翌月4日
B:翌月27日
アメックスカードA:2or3日
B:18~20日
C:5日
A:当月21日
B:翌月10日
C:当月26日
リクルートカード15日翌月10日
VIASOカード5日翌月27日
ヤフーカードVISA/Master:5日
JCB:15日
VISA/Master:当月27日
JCB:翌月10日
REXカード末日翌月27日
ライフカード5日当月27日or翌月3日
DCカード15日翌月10日
JALカードJCB/VISA/Master:15日
TOP&ClubQ/OP/AMEX:15日
ダイナース:20日
JALカードSuica:末日
JCB/VISA/Master:翌月10日
TOP&ClubQ/OP/AMEX:翌月10日
ダイナース:翌月10日
JALカードSuica:翌々月4日
ANAカードJCB/VISA/Master:15日
ダイナース:20日
アメックス:個別設定
JCB/VISA/Master:翌月10日
ダイナース:翌月10日
アメックス:個別設定
セブンカード15日翌月10日
JAカード5日当月27日
ルミネカード末日翌々月4日
ビューカード末日翌々月4日
エディオンカード末日翌月27日
エネオスカードNICOS:5日
トヨタ:5日
NICOS:当月27日
トヨタ:翌月2日
エムアイカード5日当月26もしくは27日
UCカード10日翌月5日
ダイナースクラブカード毎月20日10日

 

引き落とし日の前日〜前々日までに入金しておけば、100%間に合います。

では、当日入金は間に合うのか?というと…

金融機関によって間に合う・間に合わないがわかれます。

引き落とし処理を行う時間が、金融機関ごとに違うからです。

参考例として、主要金融機関の引き落とし時間を調査しまとめてみました。

下記の+ボタンをタッチすると確認できます。

主要銀行の引き落とし時間まとめ(都市銀・地銀・ネット銀行)


※下記の+ボタンをタッチすると、それぞれの銀行の引き落とし時間を確認できます。
■都市銀→三菱UFJ/みずほ/三井住友/りそな/新生/ゆうちょ■
都市銀行・メガバンクの引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
三菱UFJ銀行0時〜1時ころ夜間
みずほ銀行0時〜順次夜間
三井住友銀行0時〜順次夜間
りそな銀行0時ころ19時までに順次
新生銀行4時〜順次19時〜順次
ゆうちょ銀行9時21時
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■ネット銀行→ソニー/イオン/楽天/ジャパンネット/セブン■
ネット銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
ソニー銀行0時〜順次夜間
イオン銀行0時〜順次夜間
楽天銀行5時〜順次19時〜順次
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行9時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■地方銀行→横浜/福岡/静岡/千葉/北洋■
大手地方銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
本支店によって引き落とし時間が異なることがあります。正確な時間については、本支店(取引店)に電話をしてご確認ください。
銀行名一回目二回目
横浜銀行0時〜順次夜間
福岡銀行0時〜順次夜間
静岡銀行0時〜順次夜間
千葉銀行0時〜順次夜間
北洋銀行0時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

もし当日入金が間に合わないなら、カード会社に電話をして、その旨を報告しましょう。

連絡先はお手持ちのカード裏面に記載してあるので、そちらを確認してください。

 

入金忘れなどで残高不足を起こすと、引き落とし処理が正常に行われません。

その結果、遅延として扱われます。

そして、遅延損害金がカード利用停止、信用度の低下といったペナルティが生じます。

さらに、遅延期間が長引き「延滞」という扱いになると、信用情報機関に記録されてしまいます。

最悪の場合、強制解約&利用残高の一括請求が届きます。

なので、絶対に遅延・延滞をしてはいけません!

【遅延と延滞の違い】

  • 遅延・・・延滞に該当しない短期の返済遅れ
  • 延滞・・・61日以上または3ヶ月以上にわたる返済遅れ

延滞の方が重いペナルティが課せられます。
(限度額引き下げ、信用情報機関への記録、強制解約など)

参照▶▶【クレジットカードの延滞】滞納すると生じる問題と回避するための方法

 

▶▶目次に戻る

1−5.クレジットカードのキャッシング枠を追加する

ショッピング枠とキャッシュカード枠ってあるけど、キャッシング枠って何なの?

ショッピング枠は買い物で使う枠だと思うけど…キャッシング枠って…?

 

クレジットカードを発行すると、利用可能額(利用可能枠)が設定されます。

メインで使うのはショッピング枠。

買い物の時に使う枠ですね。

ただ、実はもう一つの枠があるんです。

 

それが「キャッシング枠

キャッシング枠とは、お金を借りるための枠です。

例えば、キャッシング枠が10万円であれば、0〜10万円の範囲内でお金を借りることができます。

ATMにクレカを入れる→暗証番号を入力する→借り入れをタッチ→希望額や返済方法を選択

このような流れで利用できます。

 

ただし、キャッシング枠を追加するためには、申込み〜審査が必要です。

また、総量規制の対象なので、年収の1/3を超える額を借りることはできません。

もう一つ。

お金を借りるなら、キャッシング枠を利用するより「カードローン」の方がお得。

カードローンの方が金利が低い、手数料無料で利用できるなどのメリットがあるからです。

 

とはいえ…

よほどのことがない限り、お金は借りない方がいいです。

お金を借りると「手持ちのお金が増えた!」とか「使えるお金が増えた!」と勘違いしやすいため。

下記のような場面、万が一の時は、応急処置としてお金を借りて対処しましょう。

支払いを滞納すると各種ペナルティが生じます。

1日〜2日の遅れではブラックリスト入りしませんが、支払いに遅れた・滞納したという事実が、信用情報機関や収納企業の社内データに記録されます。

カード発行やローン審査で落ちる可能性が出てくるので、支払い遅れや滞納は何としても避けたいところです。

 

▶▶目次にもどる

1−6.クレジットカードの限度額を増額する

クレジットカードを発行すると、初期限度額が設定されます。

スコアリング審査の結果・あなたの信用情報によって初期限度額は上下しますが、最初は低めに設定されます。

ただ、実績や信用が構築されると、自動的に増額されることがあります。

いつの間にか勝手に増額されてるんだけど…

という時は、カード会社の判断により、自動増額されています。

クレジットカードの自動増額については、こちらのページで詳細が解説されているので、参考にしてください。
▶▶【クレジットカードの利用限度額】勝手に引き上がる/自動で増額される理由3つ

 

ちなみに、あなたの好きなタイミングで増額を申し込むこともできます。

今の限度額だとちょっと物足りない…とか、

限度額を超える買い物をしたい…とか。

基本的にはネット(会員サイト)か電話で増額を申込みます。

また、カード会社によっては継続増額・一時増額の2種類があります。

ただ、いずれの場合も審査に通過しないと、増額が反映されません。

実績不足・信用度が低い状態だと、審査に落ちる可能性があります。

クレジットカードの増額審査に通過するコツが、こちらのページでまとめられているので、ぜひ参考にしてください。
▶▶【クレジットカードの利用限度額】増額審査の基準や所要日数など完全まとめ

 

▶▶目次に戻る

1−7.クレジットカードを再発行する

クレジットカードは消耗品なので、長く使うほど劣化します。

ですが、どのカードにも有効期限が設けられており、切れる1〜2ヵ月前には新しいカードが送られてきます。

特別な手続きは不要。

何もしなくてOKです。

 

ただ、有効期限が切れる前に不具合が起こることも。

…などなど。

 

お手持ちのカードが使えなくなったら、再発行が必要になります。

ネット上のサービス(通販・会員サイトの決済など)は問題なく使えますが…

実店舗での決済・支払いができません。

なので、1日でも早く再発行を申し込んだ方がいいです。

カード会社ごとに申込み方法は異なるものの、ネットもしくは電話で申し込むのが基本。

以下、カード会社ごとの再発行手続きをまとめてあるので、参考にしてみてください。
(青文字になっているカード名をタッチすると、再発行手続きの詳細をチェックできます)

 

▶▶目次に戻る

2.クレジットカードを使う主な場面

この項目では、クレジットカードを使う主な画面をご紹介しています。

目次が次の通りです。

※青文字をタッチすると、その項目にスクロールします。

  1. 普段の買い物
    (スーパー・コンビニ・ガソリンスタンドなど)
  2. 通販
    (楽天市場・Amazon・ヤフオクなど)
  3. スマホ代の支払い
    docomoauSoftbankなど)
  4. 公共料金の支払い
    ガス水道光熱費家賃など)
  5. その他
    (キャッシング・現金化など)

2−1.普段の買い物

クレジットカードに対応しているお店であれば、どこでも利用できます。

スーパー・コンビニ・デパート・百貨店・ガソリンスタンド…などなど。

田舎の小さなスーパーだとカードに対応していないこともあるので、注意が必要。

コンビニやデパート、スタンドなどは基本的に対応しています。

カードを使って買い物(支払い)をしたい時は、

カードって使えますか?

と一言、確認を取ればOK。

すると、店員さんがこのように尋ねてきます。

はい、カードでのお支払いもできますよ♪お支払い方法はどうしますか?

支払い方法の種類として、下記があげられます。

  • 一回払い(一括払い)
  • 分割払い(2回〜36回)
  • リボ払い
  • ボーナス払い
  • ボーナス併用払い

※カード会社によって分割払いの対応回数は異なります。

 

支払いの時は「一括払いでお願いします」と伝えるのがベスト。

あとから分割・あとからリボに変更することもできるので。

ただし、分割の回数が多い・毎月のリボ払い額が少ないと、返済期間が長くなります。

それに伴い、手数料がかさんでしまうので、支払い合計額が高くなります。

なので、あとから分割・あとからリボに変更する前に、シミューレーションを活用した方がいいですよ。

【シミューレーションはこちら】
▶▶分割払いのシミューレーション
▶▶リボ払いのシミューレーション

 

▶▶目次に戻る

2−2.通販

実店舗だけでなく、通販の時もクレカで買い物ができます。

楽天・Amazon・各種会員サービス…などなど。

テレビショッピングなんかも、クレジットカード払いに対応していますね。

銀行振込や代引きの手間が省けるので、とっっっても便利です。

ただし、注意点があります。

カードの繰り替えや再発行でカード番号(16桁)が変わったら、登録してあるカード情報も変更しなきゃいけません。

変更せず放置していると、支払い(決済)が正常に行われないので、注意してください。

 

▶▶目次に戻る

2−3.スマホ代の支払い

スマホ代の料金も、クレジットカードで払えます。

大手キャリア(docomo・au・Softbank)はもちろん、MVNO(格安スマホ)もカード払いに対応しています。

…というより、カード払いしかできないMVNOも多いです。

口座振替に対応しているMVNOは、

など。

とはいえ、できればクレジットカードで払った方がいいです。

残高不足で引き落としができない〜というリスクが少ないですし、ポイントも溜まりますからね♪

 

▶▶目次に戻る

2−4.公共料金の支払い

自治体にもよりますが、公共料金(電気代・ガス代・水道代)をクレジットカードで払うことも可能。

他にも、ネット代(プロバイダ代)・新聞代・NHK受信料・家賃なんかも、カードで払えます。

毎月必ず発生する固定費ですから、クレジットカードで払うことで、地道にこつこつポイントが溜まっていきます。

ただし、カード払いに対応していない自治体もあります。

また、クレジットカードの利用が停止されると、公共料金の支払いも滞る恐れがあります。

こうなると、二重にペナルティが課せられてしまいます。

カードの利用停止公共料金の支払いを滞納しないよう、日々の明細管理を徹底しましょう。

 

▶▶目次に戻る

2−5.その他

その他の使い道として、キャッシングや現金化などがあります。

キャッシングは「お金を借りること」です。

クレジットカードのキャッシング枠を設定すると、限度額の範囲内で繰り返しお金を借りることができます。

ただし、銀行のカードローンに比べると金利が高め。

また、油断してついつい使い過ぎることもあるので、キャッシング枠はあまり使わない方がいいです。

いざという時のみ(数万円だけ足りない時など)、使うようにしましょう。

 

現金化とは「ショッピング枠を活用して現金を手にする方法」です。

例えば…

クレジットカードを使って10万円分の商品券を購入する→すぐに専門業者に販売する(8万円前後が目安)→その場で現金を手にする

このような感じ。

ただし、現金化は絶対にしてはいけません。

換金率が80%くらいにしかなりませんし、現金化という行為そのものが違法なので。
参照▶▶クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いにご注意ください

 

▶▶目次に戻る

3.金融機関(銀行)に関する豆知識

この項目では、金融機関(銀行)の豆知識をまとめています。

目次が次の通りです。

※青文字をタッチすると、その項目にスクロールします。

  1. 引き落とし時間について
  2. キャッシュカードが使えない時の対処法
  3. キャッシュカードを再発行する
  4. 銀行口座を解約する

3−1.引き落とし時間について

引き落とし日はクレジットカード会社に準じます。

ですが、引き落とし時間は銀行に準じます。

また、本支店ごとに引き落とし時間が異なるケースも。

引き落とし前日までに入金すれば、間違いなく引き落としに間に合いますが…

当日入金だと間に合わない可能性があります。

もし当日入金するなら、朝一〜お昼までにするのが理想。

多くの銀行では1日二回引き落としをしているので、お昼までに入金すれば、当日中の引き落としに間に合います。

参考例として、主要銀行の引き落とし時間を調査し、まとめてみました。

都市銀行

銀行名一回目二回目
三菱UFJ銀行0時〜1時ころ夜間
みずほ銀行0時〜順次夜間
三井住友銀行0時〜順次夜間
りそな銀行0時ころ19時までに順次
新生銀行4時〜順次19時〜順次
ゆうちょ銀行9時21時

ネット銀行

銀行名一回目二回目
ソニー銀行0時〜順次夜間
イオン銀行0時〜順次夜間
楽天銀行5時〜順次19時〜順次
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行9時〜順次夜間

大手地銀

銀行名一回目二回目
横浜銀行0時〜順次夜間
福岡銀行0時〜順次夜間
静岡銀行0時〜順次夜間
千葉銀行0時〜順次夜間
北洋銀行0時〜順次夜間

 

当日入金が間に合わない、残高不足を起こしそうな時は、カード会社に連絡しましょう。

残高不足で引き落としができないと、遅延損害金などのペナルティが生じるので、注意してください。

 

▶▶目次に戻る

3−2.キャッシュカードが使えない時の対処法(再発行の方法)

銀行のキャッシュカードは消耗品です。

突然使えなくなることもあります。

考えられる原因として、

  • 磁気不良を起こしている
  • ICチップ(磁気ストライプ)に傷や汚れがついている
  • 割れたり・欠けたりしている(破損)
  • 曲がっている(変形)
  • ATMが非対応(提携外)

などがあげられます。

 

磁気不良や破損などで使えなくなった場合、キャッシュカードの再発行が必要です。

ただ、キャッシュカードの再発行には1週間〜2週間ほど時間がかかります。
(一部の銀行は即時再発行が可能)

新しいキャッシュカードが届くまでは、通帳を使ってお金を下ろす・銀行窓口から直接引き出すなどの方法で対処しましょう。

各銀行のキャッシュカードが使えない時の対処法は、青文字の銀行名をタッチすると確認できます。

みずほ銀行ゆうちょ銀行
三菱UFJ銀行三井住友銀行
りそな銀行横浜銀行
福岡銀行北洋銀行
静岡銀行千葉銀行
埼玉りそな銀行西日本シティ銀行
JAバンク労働金庫(ろうきん)
信用金庫(信金)

 

▶▶目次に戻る

3−3.キャッシュカードを再発行する方法

磁気不良や破損、変形の場合は、キャッシュカードを再発行する必要があります。

通帳を使って引き出す、銀行の窓口から出金することもできますが…

いちいち銀行の店舗に行かなきゃいけないので、手間がかかってしまいます。
(再発行する際も店舗に行く必要がありますが…)

キャッシュカードが使えないと何かと不便なので、1日でも早く再発行を申し込んだ方がいいです。

以下、銀行ごとのキャッシュカード再発行手順をまとめてあるので、参考にしてみてください。

青文字になっている銀行名をタッチすると、詳しい手順を確認できます。

 

▶▶目次に戻る

3−4.銀行口座を解約する

使わなくなった銀行口座は、解約してしまってOK。

放置していても問題ないのですが、放置期間が10年になると「休眠口座」という扱いに。

そして、預け入れ・引き出し・残高照会などの取引ができなくなります。

また、口座の数が4つも5つもあると、管理するのが面倒になります。

どのカードとどの口座を紐づけてたっけ?

どの口座にいくら入れてたっけ?

という状況になることも。

口座を解約することで断捨離もできますから、使っていない口座があったら、解約することも検討してみましょう。

以下、口座の解約方法をまとめています。

青文字になっている銀行名をタッチすると、解約方法の詳細をチェックできます。

 

▶▶目次に戻る

4.電子マネーをお得に使う方法

※現在作成中です

この項目では、電子マネーのお得な使い方をまとめています。

5.コンビニATMの使い方

この項目では、コンビニATMの活用方法についてまとめています。

青文字になっているATM名をタッチすると、各コンビニATMの活用方法をチェックできます。

 

▶▶ページの一番上に戻る

6.お金が足りない、緊急時の対策

 

今月の支払いが重なって、数万円足りない…

という状況になった時、一時的にお金を借りられると非常に助かります。

とはいえ、友人や家族から数万円借りるのは、ちょっと気が引けるところ。

そんな時は、金融機関から借りるのがおすすめ。

特に、クレジットカードの引き落としに遅れそう…という時は、早めに対処した方がいいです。

引き落としに遅れると、その情報が信用情報機関(CIC・JICC)に記録されます。

そして、ローン審査やクレカ発行審査で不利になるなど、不都合が生じます。

こうならないためにも、1日でも早く対処した方がいいです。

金融機関からお金を借りる場合、早ければ申込んだその日に契約→借り入れができます。

詳しくはこちらのページで解説してあるので、参考にしてください。

▶▶数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

 

▶▶ページの一番上に戻る