スポンサーリンク

【JCBカード支払い遅れ】残高不足で引き落としできなかった時の対処法

JCBカードの引き落としは10日に行われますが、残高不足を起こすと遅延として扱われます。

その結果、遅延損害金や利用停止などのペナルティが発生。

また、放置しているとハガキや電話での催促が届きます。

残高不足で支払いに遅れてしまったら、1日でも早い対応が必要です。

どう対応をすればいいのか?どんなペナルティが生じるのか?

詳細をチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 引き落としができなかった時は、すぐ「JCB調査デスク」に連絡
  • 支払い遅れを放置していると、ハガキや電話で催促が届く
  • 残高不足で引き落としができないと、主に下記のペナルティが生じる
    • 遅延損害金(延滞金)
    • JCBカードの利用停止
    • 催促(ハガキ・電話)
    • 信用度の低下
    • JCBカードの社内データに記録
  • 未納分は再引き落としや振込などで支払う
  • 未納が2〜3ヵ月続くと「延滞」扱いになる恐れあり
スポンサーリンク

JCBカードの支払いに遅れた時の対処法|すぐ調査デスクに連絡を

【ここでのポイント】

  • 引き落としできなかった、支払いに遅れた時はJCB調査デスクに電話
  • JCB調査デスクは、入金忘れや支払い方法などの相談にのってくれる
  • 受付時間が平日9時〜17時と限られているので注意

 

JCBカードの引き落とし日は10日ですが、引き落とし時間は金融機関ごとに異なります。

残高不足を起こしてしまい、10日に引き落としができなかった。

うっかり忘れていて、支払いに遅れてしまった。

このような場合は、1日でも早くJCB調査デスクに電話をしてください。

【JCB調査デスク】
TEL:06-6944-2222
受付時間:9時〜17時
(土日祝日・年末年始休み)

電話をする時は、お手元にJCBカードとメモ帳を準備しておきましょう。

また、引き落としが行われる10日前後は回線が混雑するため、つながりにくいです。

なので、時間に余裕を持って電話をしましょう。

 

調査デスクのオペレーターにつながったら、残高不足で引き落としに遅れたことを正直に伝えてください。

すると、オペレーターから支払い方法などの案内があります。

登録してある金融機関ごとに支払い方法が異なるので、注意してください。

残高不足で引き落としができなかった場合、メールでの通知は届かない

【ここでのポイント】

  • 引き落としができなかったことを通知するメールは届かない
  • なので、気付かず放置してしまう恐れがある
  • 引き落としができたか?ちゃんと確認することが必須

 

JCBカードの場合、残高不足で引き落としができなかったことを知らせてくれる「通知メール」が届きません。

なので、気付かず放置してしまう可能性があります。

これを防ぐためには、引き落としがちゃんとできたか?確認することが必須。

金融機関の会員サイト(ネットバンキング)で明細を見る、ATMで記帳するなどして、確認しましょう。

支払い遅れを放置していると、ハガキや電話で催促が届くことがある

【ここでのポイント】

  • 連絡せず放置していると、ハガキや電話で催促が届くことがある
  • ハガキには請求額・振込先・期日などが記載されている
  • 電話は最初スマホに届くけど、場合によっては自宅や勤務先に電話がくる

 

支払い遅れを放置していると、後日JCBカードから催促が届きます。

直接取り立てに来ることはありませんが、ハガキや電話で催促が届きます。

ハガキには請求額や振込先、振込期日などが記載されています。

電話は、まずスマホにかかってきます。

ここですぐ対応すればいいのですが…

この電話番号、誰だ?登録していないから放っておこう。

こうなってしまうと、自宅や勤務先に電話がかかってきます。

この時の電話では、JCBカードという社名は名乗られず、担当者の個人名が名乗られます。

ただ、契約者本人が対応するまで繰り返しかかってくるので、家族や職員から不審に思われる可能性が。

なので、催促の電話は絶対に無視してはいけません。

JCBカードの引き落とし|残高不足でできなかった時の支払い方法

【ここでのポイント】

  • 再引き落とし(一部金融機関のみ)
  • 振込(一般的な支払い方法)
  • コンビニ払い(口座登録が済んでいない方のみ)

 

10日に引き落としができなかった場合、所定の方法で支払う必要があります。

支払い方法が次の3つです。

再引き落とし

一部金融機関のみ再引き落としに対応しています。

例えば、みずほ・UFJ・三井住友・りそな・ゆうちょ銀行など。

地銀であれば、京都銀行や静岡銀行、千葉銀行、横浜銀行などが対象。

再引き落としに対応している金融機関や、スケジュール・時間などは、こちらのページでまとめられています。
▶▶【JCBカード再引き落とし】時間は金融機関ごとに違う!できなかったらどうなる?

振込

再引き落としに対応していない金融機関の場合は、振込で支払います。

契約者ごとに振込先(口座番号)が異なるので、JCB調査デスクに電話で確認してください。

【JCB調査デスク】
TEL:06-6944-2222
受付時間:9時〜17時
(土日祝日・年末年始休み)

コンビニ払い

引き落とし口座の登録が済んでいない場合、JCBカードから「振込用紙」が届きます。

用紙が届き次第、最寄りのコンビニで支払いましょう。

ただし、コンビニ払い手数料が生じるので、了承ください。

  • 1万円未満:60円(税別)
  • 1万円〜5万円未満:100円(税別)
  • 5万円以上:300円(税別)

未納分(滞納分)の分割払いはできない!一括払いが原則

【ここでのポイント】

  • 未納分・滞納分は一括払いが原則
  • 分割払いやリボ払いでの支払いはできない
  • 一括払いができない…という時はJCB調査デスクに相談を

 

残高不足で引き落としができなかった場合、その額は「未納・滞納」として扱われます。

例えば、引き落とし額が3万円なら、これが未納分になります。

 

未納分については、一括払いが原則。

なので、分割払いやリボ払いに変更して返済することはできません。

どうしても分割払いじゃないと厳しい…

という時は、JCB調査デスクにその旨を相談しましょう。

交渉次第では、分割払いに変更してくれる可能性があります。

支払い後、1〜5営業日ほどで停止が解除され利用再開

【ここでのポイント】

  • 残高不足で支払いに遅れると、JCBカードの利用が停止される
  • 停止を解除するには、未納分を支払う必要あり
  • 支払い完了後、1〜5営業日ほどで解除され利用再開となる

 

残高不足で引き落としができないと、ペナルティとしてJCBカードの利用が停止されます。

そして、停止を解除するには未納分を支払う必要があります。

ただし、支払ってすぐに解除されるワケではありません。

金融機関からJCBカード側に通知を送り次第、解除されるからです。

早ければ、支払い翌日には停止が解除され、利用を再開できます。

時間がかかる場合は、2〜5営業日ほどかかることもあります。

残高不足を二回・三回と何回も繰り返すと延滞扱いになるリスクあり

【ここでのポイント】

  • 二回・三回連続で残高不足を起こすと「延滞」扱いになるリスクが
  • また、期間を空けて二回目・三回目の残高不足…という場合も同様
  • 延滞扱いになると、事故情報として信用情報機関に記録されてしまう

 

2ヵ月連続・3ヵ月連続で残高不足を起こすと、延滞という扱いになる危険があります。

というのも、金融業界では61日以上または3ヵ月にわたる滞納を「延滞」と定義しているから。

また、61日未満の返済遅れ(短期間の遅れ)を何回も繰り返した場合も、延滞になる可能性が。

 

延滞は、事故情報として信用情報機関に記録され、最大で5年間残ります。

信用情報機関の情報は他社にも照会・共有されるので、ローン審査やクレカ発行審査などで不利になります。

また、お手持ちのJCBカードの限度額が引き下げられることも。

場合によっては強制解約&利用残高の一括請求が届く可能性もあります。

なので、延滞はなんとしても避けたいところ。

延滞扱いになる前に、絶対に返済しましょう。

残高不足で引き落としできなかった!支払いに遅れた時に生じるペナルティ

【ここでのポイント】

  1. 遅延損害金(延滞金)
  2. JCBカード利用停止
  3. 催促(ハガキや電話)
  4. 信用度の低下
  5. JCBカードの社内データに記録

 

残高不足を起こし、JCBカードの引き落としに遅れてしまった。

引き落とし日を1日でも過ぎると、下記のようなペナルティが生じます。

1.遅延損害金(延滞金)

遅延損害金とは、レンタル品の返却に遅れた時に生じる「延滞金」のようなもの。

遅れれば遅れるほど、額がかさんでいきます。

ちなみに、遅延損害金の計算式が下記の通り。

遅延損害金(円)=利用残高(円)×遅延損害金年率(%)÷365日×遅延日数

ショッピング枠の遅延損害金年率:14.6%
キャッシング枠の遅延損害金年率:20.0%

 

例えば、ショッピング枠の利用残高が10万円で、3日間遅れた場合。

遅延損害金は、10万円×14.6%÷365日×3日=120円です。

微々たる額ですが、金額以上に大きなペナルティが生じるので、安易に考えてはいけません。

2.JCBカード利用停止

残高不足で引き落としができいと、JCBカードの利用が停止になります。

ショッピング・キャッシングのどちらも使えなくなります。

未納分を支払うまで解除されないので、他の支払い(スマホ代・公共料金など)も滞ってしまう恐れが。

3.催促(ハガキ・電話)

残高不足の状態(支払い遅れ)を放置していると、JCBカードから催促が届きます。

厳しい口調で催促されるワケではありません。

ですが、早く対応しないと自宅や勤務先にも電話がかかってきます。

ハガキが届いた・スマホに電話がきた時点で、すぐ対応することが好ましいです。

4.信用度の低下

クレジットカードのクレジット(credit)は、信用という意味。

つまり、お金だけでなく信用の取引もしているんです。

そして、支払いに遅れた=引き落とし日を守らなかった、約束を破ったということ。

当然ながら、JCBカードからの信用度が著しく低下します。

目に見えませんが、JCBカードの利用に不都合が生じてきます。
(増額審査で不利になるなど)

5.JCBカードの社内データに記録

「残高不足で引き落としができなかった」

「支払いに遅れた」

このような情報が、JCBカードの社内データに記録されます。

事故情報としてブラックリストには載らないけど、支払いに遅れた事実は記録される

【ここでのポイント】

  • 短期間の支払い遅れであれば、まだブラックリストには載らない
  • ただ、支払いに遅れた事実が信用情報機関に記録される
  • 信用情報機関には、入金履歴・入金日・入金予定日などが記録されるため

 

数日〜1ヶ月未満の返済遅れであれば、まだブラックリストには載りません。

ですが、支払いに遅れた事実は信用情報機関(CIC・JICC)に記録されます。

CICは「お支払いに関する情報」、JICCは「返済に関する情報」として、下記の情報が記録されます。

CIC■お支払いに関する情報
報告日、残債額、請求額、入金履歴など

 

■その他
遅延の有無、利用日など

JICC■返済に関する情報
入金日入金予定日、残高金額、完済日、延滞など

 

CICの入金履歴とは、何日にいくら入金されたのか?という情報

JICCの入金日とは、実際に入金された日。

引き落とし日までに入金していなかったら、そのことがしっかり記録されるんです。

そして、信用情報機関の情報は他社にも照会・共有されます。

その結果、ローンやクレカ発行審査で不利になってしまいます。

事故情報としてブラックリストに載る条件|2〜3ヵ月滞納が続くと危険

【ここでのポイント】

  • 事故情報=延滞(長期間の滞納)
  • 2〜3ヵ月滞納が続くと、事故情報としてブラックリストに載る可能性あり
  • 延滞扱いになると、強制解約&利用残高の一括請求が届くこともある

 

滞納が2〜3ヵ月続くと「延滞」という扱いになり、信用情報機関に記録されます。

延滞扱いになると、さらに重いペナルティが生じます。

限度額が引き下げられたり、繰り返し催促が届いたり…

最悪の場合、JCBカードが強制解約になり、利用残高の一括請求が届きます。

こうならないために、なんとしても延滞は避けたいところです。

残高不足を起こしそう、支払いに遅れそうな時はJCB調査デスクに連絡を!

【ここでのポイント】

  • 残高不足を起こしそうな時は、すぐJCB調査デスクに電話
  • 支払いに遅れる旨を正直に伝える
  • 事前連絡をすることで心象の悪化を防ぐことができる

 

残高不足を起こしそう、支払いに遅れるかもしれない。

このような時は、早急にJCB調査デスクに電話をしてください。

事前に連絡することで、心象の悪化・信用度の低下を防ぐことができます。

【JCB調査デスク】
TEL:06-6944-2222
受付時間:9時〜17時
(土日祝日・年末年始休み)

JCBカードの支払い遅れに関するQ&A

支払い遅れに関するQ&Aをまとめてみました。

Q:支払い遅れが1週間続くとどうなる?

返済遅れが「1週間」であれば、まだ遅延扱いで済みます。

とはいえ、遅延損害金やJCBカードの利用停止といったペナルティが生じます。

また、JCBカードの社内データにも記録されます。

もし「支払通知書」が自宅に届いたら、記載されている期日までに支払いをしましょう。

どうしても支払えない場合は、JCB調査デスクまでご相談ください。

【JCB 調査デスク】
TEL:06-6944-2222
受付時間:9時〜17時(土日祝、年末年始休)

Q:支払い遅れが1ヶ月続くとどうなる?

遅延期間が1ヶ月も続くと、遅延損害金の額も膨らみます。

また、この頃になるとスマホへの催促の連絡が届きます。

無視していると、事態がどんどん悪化していきます。

Q:支払い遅れが2ヶ月続くとどうなる?

遅延期間が2ヶ月以上になると「延滞扱い」になる恐れがでてきます。

ここまでくると、勤務先や自宅に電話がくるようになります。

また、信用情報機関に情報が記録され、他社のクレカの利用にも悪影響が出てきます。

Q:延滞扱いになると、どんなペナルティが生じるの?

【ここでのポイント】

  • 限度額の引き下げ
  • 信用情報機関への記録
  • 勤務先や自宅への催促
  • 強制解約&残高の一括請求
  • 財産(給与)の差し押さえ

 

JCBカードの返済が「延滞扱い」になると、このようなペナルティが課せられます。

1.限度額の引き下げ

ショッピング枠・キャッシング枠の限度額が引き下げられます。

一度限度額が引き下げられると、元の額に戻すのは非常に大変。

再度実績を作り直し、増額審査に通過する必要があるからです。

 

2.信用情報機関への記録

「延滞した」という実績が、信用情報機関に記録されます。

JCBが加盟している信用情報機関は下記の2社です。

 信用情報機関住所電話番号
CIC(株式会社シー・アイ・シー)
※貸金業法・割賦販売法に基づく指定信用情報機関
〒160-8375
東京都新宿区西新宿1-23-7
新宿ファーストウエスト15階
0120-810-414
JICC(株式会社日本信用情報機構)
※貸金業法に基づく指定信用情報機関
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町41-1
0570-055-955

信用情報機関に記録された情報は、加盟機関同士で照会・共有されます。

そのため、JCBカード以外のクレカの利用にも不都合が生じます。
(増額審査で不利になるなど)

 

3.勤務先や自宅への催促

支払通知書が届いたのに無視した。

スマホ(携帯)に電話がきたのに無視した。

こうなると、勤務先や自宅に電話がくるようになります。

JCBカードという社名は名乗られず、担当者の個人名が名乗られるので、延滞していることがすぐにはバレませんが…

会社や家族から不信感を持たれる可能性が高いです。

 

4.強制解約&残高の一括請求

「支払う意志がない」「返済能力が低い」と判断されると、JCBカードの強制解約措置がとられます。

そして、強制解約になる場合は、利用残高の一括請求が届きます。

交渉次第では分割での返済も可能です。

ただ、分割払いすらできない場合は、財産の差し押さえが行われます。

 

5.財産(給与)の差し押さえ

給与や預金などの「財産」が差し押さえられます。

取り立てがくるわけではありませんが、最大で給与の1/4までが差し押さえられます。

まとめ

  • 引き落としができなかった時は、すぐ「JCB調査デスク」に連絡
  • 支払い遅れを放置していると、ハガキや電話で催促が届く
  • 残高不足で引き落としができないと、主に下記のペナルティが生じる
    • 遅延損害金(延滞金)
    • JCBカードの利用停止
    • 催促(ハガキ・電話)
    • 信用度の低下
    • JCBカードの社内データに記録
  • 未納分は再引き落としや振込などで支払う
  • 未納が2〜3ヵ月続くと「延滞」扱いになる恐れあり