スポンサーリンク

【auの引き落とし/再引き落とし】時間は何時?残高不足だとどうなる?

au(携帯代)の引き落とし時間は、金融機関ごとに異なります。

口座振替・クレカ払い、それぞれ支払日が決まっていますが、何時に引き落とされるのかは、金融機関によりけりです。

そこで、主要銀行の引き落とし時間を詳しくまとめてみました。

また、当日入金でも間に合うのか?残高不足で引き落としができなかったらどうなるのか?

といったことも、あわせてチェックしていきましょう!

まずはこちらの表をご覧ください。

メガバンクの引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
みずほ銀行0時〜〜23時59分
三菱UFJ銀行0時〜1時〜23時59分
三井住友銀行0時〜〜23時59分
都市銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
りそな銀行0時〜〜19時
埼玉りそな銀行0時〜〜19時
ゆうちょ銀行9時21時
ネット銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
ソニー銀行0時〜〜23時59分
イオン銀行0時〜〜23時59分
楽天銀行5時〜19時〜
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行0時〜〜23時59分
大手地銀の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
北洋銀行0時〜午後〜夜間
横浜銀行0時〜午後〜夜間
千葉銀行0時〜午後〜夜間
静岡銀行0時〜午後〜夜間
福岡銀行0時〜午後〜夜間

この表を参考にしながら、続けて本題(このページの本文)に入っていきます!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 引き落とし時間は金融機関(銀行)によって異なる
  • そのため、利用者ごとに引き落とし時間が異なる
  • 引き落とし時間の確認は、金融機関の取引店に直接問い合わせを
  • 残高不足を起こすと引き落としが行われない
  • auは再引き落としに対応していないので、振込などで支払う必要あり
スポンサーリンク

auの締め日は末日、引き落とし日は25日

【ここでのポイント】

  • 締め日:月末(1日〜末日までの利用料金)
  • 締め日は契約内容・支払い方法によって異なる
  • 携帯などを単独で利用している方:25日
  • まとめて請求の方:月末
  • クレカ払いの方:カード会社の振替日

 

au(携帯代)の締め日は月末です。

支払日(引き落とし日)については、契約内容や支払い方法によって異なります。

契約内容・支払い方法による引き落とし日の違いが、下記の通りです。

携帯・インターネット・au電気を単独で利用している毎月25日
KDDIまとめて請求を利用している月末
クレジットカード払いの方各カード会社の振替日

 

口座振替で支払っている方は、25日か月末。

クレカ払いの方は、カード会社が定める振替日に引き落としが行われます。

※カード会社ごとの引き落とし日については、こちらのページで詳細を確認できます。
▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

口座振替の場合、引き落とし日を変更できる

【ここでのポイント】

  • 25日もしくは月末に引き落とし日を変更できる

 

auのサービスを単独で利用している方は、引き落とし日を変更できます。

引き落とし日は25日か月末のいずれか。

引き落とし日を変更したい方は、お客さまセンターにお問い合わせください。

au携帯電話 お客さまセンター157もしくは0077-7-111
固定電話・インターネット お客さまセンター0077-777もしくは0120-22-0077

クレカ払いの場合は、引き落とし日の変更ができない

【ここでのポイント】

  • 引き落としはカード会社ごとに定められている
  • 原則、引き落とし日の変更(延長)はできない
  • 一部のカード会社は変更(延長)も可能

 

クレジットカード払いの場合、引き落とし日は各カード会社ごとに定められています。

そして、原則として引き落とし日を変更(延長)することはできません。

一部のカード会社は変更(延長)できますが、反映までに1〜2ヵ月ほどかかります。

auの携帯代だけでなく、今月は利用額が大きくて支払いが厳しい…

という時は、あとから分割・リボ払いなどで対応しましょう。

※カード会社ごとの引き落とし日をまとめてみました。詳細がこちらです。
▶▶クレジットカードの締め日・引き落とし日|会社別・ブランド別で確認

auの引き落とし時間は金融機関によって異なる

【ここでのポイント】

  • 引き落とし時間は金融機関によって異なる
  • 正確な引き落とし時間は金融機関に電話で確認
  • 多くの金融機関では1日二回、引き落としを行っている

 

「引き落とし日はわかってるけど、何時ころ・いつ引き落としが行われるの?」

auのホームページを見ても、正確な引き落とし時間については記載されていません。

なぜ記載されていないのか?というと、金融機関によって引き落としが行われる時間・回数が異なるからです。

とはいえ、多くの金融機関では1日二回、引き落としを行っています。

一回目は0時〜早朝にかけて、二回目は午後〜夜間にかけて。

ただ、同じ銀行でも、本支店ごとに引き落とし時間が異なるケースがあります。

なので、当日入金をする時は、なるべく早い時間(朝一)に入金することを心がけてください。
(遅くてもお昼までには入金した方がいい)

 

例として、みずほ・三菱UFJ・三井住友・ゆうちょ・地方銀行の引き落とし時間を調査し、まとめてみました。

参考にしたページがこちらです。
▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

みずほ銀行の引き落とし時間|0時〜と夜間

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間0時〜順次夜間(〜23時59分)

みずほ銀行は、一回目の引き落としが0時〜、二回目が夜間(〜23時59分)にかけて行われます。

当日入金でも基本的には引き落としに間に合うので、早めに入金しましょう。
参考▶▶【みずほ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三菱UFJ銀行の引き落とし時間|0時〜1時と夜間

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間0時〜1時夜間(〜19時)

三菱UFJ銀行も、1日二回引き落としが行われます。

一回目は引き落とし日の0時〜1時にかけて。

二回目は午後〜19時にかけて順次行われます。

前日までに入金できなかったとしても、当日中に入金すれば引き落としに間に合います。
参考▶▶【三菱UFJ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三井住友銀行の引き落とし時間|0時〜と夜間

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間0時〜順次夜間(〜23時59分)

三井住友銀行も、一回目の引き落としは0時〜、二回目は夜間(〜23時59分)にかけて行われます。

参考▶▶【三井住友銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

ゆうちょ銀行の引き落とし時間|9時と21時

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間9時21時

ゆうちょ銀行は引き落とし時間・回数が明確になっています。

一回目は9時、二回目は21時に引き落としが行われます。

なので、21時までに入金すれば、当日入金でも引き落としに間に合います。
参考▶▶【ゆうちょ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

地方銀行の引き落とし時間|本支店ごとに異なる

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間本支店ごとに異なる本支店ごとに異なる

地方銀行(第二地方銀行)の引き落とし時間は、本支店・店舗ごとに大きく異なります。

なので、詳しい引き落とし時間については、取引店に電話をして確認する必要があります。

 

※上記で紹介した金融機関も含まれていますが、ネット銀行や大手地銀の引き落としもまとめてみました。

+ボタンをタッチすると、各銀行の引き落とし時間が表示されます。

主要銀行の引き落とし時間まとめ(都市銀・地銀・ネット銀行)


※下記の+ボタンをタッチすると、それぞれの銀行の引き落とし時間を確認できます。
■都市銀→三菱UFJ/みずほ/三井住友/りそな/新生/ゆうちょ■
都市銀行・メガバンクの引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
三菱UFJ銀行0時〜1時ころ夜間
みずほ銀行0時〜順次夜間
三井住友銀行0時〜順次夜間
りそな銀行0時ころ19時までに順次
新生銀行4時〜順次19時〜順次
ゆうちょ銀行9時21時
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■ネット銀行→ソニー/イオン/楽天/ジャパンネット/セブン■
ネット銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
ソニー銀行0時〜順次夜間
イオン銀行0時〜順次夜間
楽天銀行5時〜順次19時〜順次
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行9時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■地方銀行→横浜/福岡/静岡/千葉/北洋■
大手地方銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
本支店によって引き落とし時間が異なることがあります。正確な時間については、本支店(取引店)に電話をしてご確認ください。
銀行名一回目二回目
横浜銀行0時〜順次夜間
福岡銀行0時〜順次夜間
静岡銀行0時〜順次夜間
千葉銀行0時〜順次夜間
北洋銀行0時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
スポンサーリンク

auの引き落としは平日のみ|土日祝日は引き落としが行われない

【ここでのポイント】

  • 引き落としが行われているのは平日のみ
  • 口座振替・クレカ払いいずれも
  • 土日祝日の場合は、翌営業日に引き落とし

 

auの引き落としが行われるのは、平日のみです。

土日祝日は金融機関が休業日なので、引き落とし処理が行われません。

そのため、引き落とし日が土日祝日にぶつかる場合は、翌営業日に引き落とされます。

例えば、25日が土曜日であれば、27日の月曜日に引き落としが行われます。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

当日入金でも引き落としに間に合う!朝一に入金するのがベスト

【ここでのポイント】

  • 当日入金でも間に合うかは金融機関によりけり
  • 朝一に入金すれば基本的に間に合う
  • 入金前に金融機関に電話で確認した方がいい

 

当日入金でも間に合うかどうかは「金融機関」によりけりです。

例えば、一回目の引き落としを9時に行っている金融機関の場合。

9時までに入金できれば引き落としに間に合います。

また、二回目の引き落としを夜間〜深夜に行っている金融機関であれば、それまでに入金できれば当日扱いで引き落としが行われます。

そのため、朝一に入金すれば基本的には間に合いますし、遅くてもお昼までに入金すれば大丈夫です。

ただ、当日入金(朝一以降)をするなら事前に電話確認をした方がいいです。

金融機関に電話をして、今から入金しても引き落としに間に合うか?を確認しましょう。

当日入金の注意点|引き落としができたか必ず確認を

【ここでのポイント】

  • 当日入金した時は、引き落としができたか必ず確認する
  • ネットバンキングで明細を見る、記帳する、金融機関に電話をする
  • このような方法で確認できる

 

朝一(遅くてもお昼ころ)に入金すれば、引き落とし当日の処理に間に合います。

ただ、当日入金した時は、引き落としができているか?必ず確認してください。

確認する方法は、ネットバンキングで明細を見る・銀行ATMで記帳する・銀行の取引店に電話をする、この3つがあります。

一番簡単なのはネットバンキングで明細を見ることです。

入金したのに、午後〜夕方になっても引き落としが反映されていない…

という時は、金融機関の取引店に問い合わせてみましょう。

金融機関がすでに閉店している(営業時間外)場合は、auお客さまセンターに問い合わせてみましょう。

au携帯電話 お客さまセンター157もしくは0077-7-111
固定電話・インターネット お客さまセンター0077-777もしくは0120-22-0077

auは再引き落とし(再振替)を行っていない!

【ここでのポイント】

  • 再引き落とし(再振替)は行われていない
  • 引き落としができなかった時は再引き落とし以外の方法で支払う
  • 振込、インターネット支払いなど

 

auは再引き落としを行っていません。

他のキャリア(docomoなど)は再引き落としを行っているのですが…

auは大手のキャリアながらも、再引き落としに対応していません。

そのため、引き落としができなかった時は再引き落とし以外の方法で支払う必要があります。
(auショップ、振込、インターネット)

スポンサーリンク

残高不足で引き落としができなかった時の対処法と支払い方法

【ここでのポイント】

  • 引き落としができなかった時は、KDDI 料金センターに連絡
  • auショップ・振込・ネットのいずれかで支払う

 

残高不足で引き落としができなかった。

当日入金が間に合わなかった。

このような場合は、すぐに「KDDI/au 料金センター」に連絡してください。

【KDDI/au 料金センター】
電話番号:0120-925-447
利用停止中のau携帯電話から:局番なし「151」
受付時間:9時〜17時(年末年始を除く)

料金センターのオペレーターにつながったら、引き落としができなかった旨を報告・連絡。

そして、1日でも早く所定の方法で支払いを済ませましょう。

再引き落とし(再振替)が行われていないので、auショップ・振込・ネットのいずれかで支払うことになります。

それぞれの詳細が下記の通りです。

<振込用紙での返済>
振込用紙が郵送で届くので、最寄りのauショップやコンビニ、金融機関で支払う。

<インターネットでの支払い>
パソコンやスマートフォンから「クレジットカード」もしくは「Pay-easy(ペイジー)」で支払う
支払手続きはこちらから

引き落としに間に合わない時は、すぐに電話連絡を!

【ここでのポイント】

  • 早急に「KDDI 料金センター」に電話をして相談
  • 引き落とし日の変更・延長は原則できない
  • なんとか早めにお金を工面した方がいい

 

auの引き落としに遅れそう。入金が間に合わず残高不足を起こしそう。

という時は、なんとかしてお金を工面して支払いをする必要があります。

以前は引き落とし日の変更(延長)ができたのですが、2017年11月からは変更・延長手続きができなくなりました。

とはいえ、引き落としに遅れそうな時は「事前に相談」をした方がいいです。

相談先(問い合わせ先)はKDDI 料金センターです。

【KDDI 料金センター】
電話番号:0120-925-447
利用停止中のau携帯電話から:局番なし「151」
受付時間:9時〜17時(年末年始を除く)

料金センターに電話をしたら、引き落としに遅れる理由を正直につたえ、返済について相談しましょう。

引き落とし日を過ぎると遅延扱いになる

【ここでのポイント】

  • 引き落とし日を過ぎると「遅延」として扱われる可能性あり
  • 遅延損害金などのペナルティが生じる
  • 最悪の場合、強制解約になる

 

支払日に引き落としができなかった時は、遅延として扱われる可能性があります。

規約(支払日)を守らなかったわけですから、様々なペナルティが生じます。
(遅延損害金など)

最悪の場合、強制解約になることも。

なので、遅延した時は絶対に放置せず、1日でも早く対処してください。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

遅延扱いになると生じる問題|利用停止から強制解約の流れについて

上述したように、auの引き落としができなかった場合は「遅延扱い」となり、ペナルティが課せられます。

代表的なペナルティが「利用停止」や「強制解約」です。

利用停止までの流れが下記の通り。

翌月の5日ころに催促の連絡が届く
(お支払いのお願い、と記載されたハガキもしくはSMS)

支払期日までに支払いを行わないと、auスマホの利用が停止される

※引き落とし日から約2週間ほどで利用停止になる

さらに遅延(滞納)が長引くと、翌月の25日ころに「契約解除予告」が届きます。

そして、契約解除予告に記載されている期限までに支払いを行わないと、強制解約になります。

 

一連の流れを時系列(表)でまとめてみました。

第一段階 支払期日から約1週間後に催促状が届く
第二段階 催促状の期日までに支払いがないと利用停止
第三段階 滞納期間が2ヶ月になると督促状(最後通告)が届く
最終段階 督促状の期日までに支払いがないと強制解約

※強制解約までの流れを時系列で確認

  • 4月25日:支払い(引き落とし)ができなかった
  • 5月1日ころ:催促状が届く
  • 5月10日ころ:利用停止
  • 5月25日:支払い(引き落とし)ができなかった※2回目
  • 6月1日ころ:督促状(最後通告)が届く
  • 6月10日ころ:強制解約

遅延・滞納した場合の支払い方法

【ここでのポイント】

  • 振込用紙を持っている場合は、コンビニ・auショップなどで支払う
  • 持っていない場合は、本人確認資料を持参しauショップに行く

 

遅延・滞納した場合の支払い方法は、2種類あります。

振込用紙を持っている場合は、全国のコンビニもしくはauショップで支払いができます。

振込用紙を持っていない・紛失した場合は、本人確認資料を持参し最寄りのauショップに行き、窓口で支払いをしてください。

【本人確認資料】
運転免許証/パスポート/マイナンバーカード/健康保険証+公共料金領収書、住民票など

遅延・滞納分の支払いは一括が原則

【ここでのポイント】

  • 遅延・滞納分の支払いは一括が原則
  • クレジットカードで支払うこともできる

 

遅延・滞納分の支払いは、一括払いが原則です。

お金が足りず一括での振込ができない…という時は、クレジットカードで支払うこともできます。
参照▶▶未払い分をクレジットで支払できますか?

一括払いができない場合は電話で相談を

【ここでのポイント】

  • どうしても一括払いができない時は、電話で相談を
  • 相談先は「KDDI 料金センター」

 

事情により、遅延・滞納分を一括で払えない…

という時は、すぐにKDDI 料金センターに電話をし、その旨を相談してください。

【KDDI 料金センター】
電話番号:0120-925-447
利用停止中のau携帯電話から:局番なし「151」
受付時間:9時〜17時(年末年始を除く)

スポンサーリンク

お金を工面する5つの方法

  • クレジットカードで支払う
  • 友人や知人からお金を借りる
  • 日雇いの単発バイトをする
  • 家にある不用品を販売する
  • カードローンを利用する

 

残高不足で引き落としができなかった…。でも、今すぐに支払えるお金がない…。

という時に考えられる対処法は5つあります。

下記の+ボタンをタッチすると、詳細が表示されます。

1.クレジットカードで支払う

引き落としができなかった場合は、振込だけでなく「クレジットカード」で支払うこともできます。

手持ちのお金がない時は、クレカで料金を支払ってその場をしのげます。

ただし、クレカの返済を遅延しないよう注意が必要です。

クレカの返済を遅延すると、遅延損害金やカード利用停止といったペナルティが生じます。

最悪の場合、強制解約や残高の一括請求が届きます。
参考▶▶【クレジットカードの遅延】支払いに遅れた時の対処法|延滞は絶対ダメ!

2.友人や知人からお金を借りる

リスクを伴いますが、友人から知人からお金を借りて支払う方法もあります。

auの利用料金を支払うだけなら、1万円ほど借りれれば何とかなります。

ただ、金の切れ目が縁の切れ目と言います。

auの利用料金を支払うことができても、友人との縁が切れる恐れがあります。

3.日雇いの単発バイトをする

日雇いの単発バイトであれば、日給8,000円〜10,000円ほど稼ぐことができます。

バイトを見つける▶応募するといった手間もありますが、確実にお金を手にできます。

4.家にある不用品を販売する

モノを失うことになりますが、家に不用品を販売することで現金を手にできます。

ただ、リサイクルショップに売ってもそれほど大きな額にはなりません。

即金性は高いけど、まとまった額を準備するのが難しい方法です。

5.カードローンを利用する

生活費すら危うい…という時は「カードローン」を利用するという方法もあります。

審査に通過する必要がありますが、定職についていればまず大丈夫です。

ただし、既にauの利用が停止されている状態だと、審査に通過することが難しいです。

なので、利用が停止される前に審査に申込む必要があります。

利用停止を防ぐためにカードローンを利用する、という形です。

まとめ

  • 引き落とし時間は金融機関によって異なる
  • 正確な引き落とし時間を確認する際は金融機関に電話
  • 引き落としに遅れそうな時は「KDDI 料金センター」に電話
  • 残高不足を起こすと引き落としができない
  • 放置していると利用停止→強制解約になる恐れあり