スポンサーリンク

【楽天モバイル】引き落とし時間はいつ?残高不足でできないとどうなる?

楽天モバイルの引き落とし時間は、金融機関に準じます。
(口座振替・カード払いいずれも)

この時、残高不足で引き落としができないと未払い(料金未納)という扱いになります。

未納が長引くと請求書や督促状が届き、期限までに支払わないと利用停止措置が取られます。

最悪の場合、強制解約になることも。

利用停止や強制解約になるまでの流れと合わせ、楽天モバイルの締め日・引き落とし日、引き落としが行われる時間などをチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 支払日は支払い方法によって異なる
  • 口座振替→26日、カード払い→カード会社に準ずる
  • 残高が1円でも不足していると引き落としができない
  • 引き落とし日から1〜2週間ほど経つと請求書が届く
  • 請求書の支払期限を過ぎても、すぐには利用停止にならない
  • さらに1〜2週間ほど経つと「督促状」が届く
  • 督促状の支払期限を過ぎると、利用停止になる
  • このまま未納が1ヵ月ほど続くと、強制解約になる
  • 利用停止になった場合、支払いを済ませれば解除される

※利用停止〜強制解約までの流れを確認したい方は、こちらをタッチしてください。
▶▶楽天モバイルの利用停止〜強制解約までの流れ

スポンサーリンク

楽天モバイルの支払い方法について

【ここでのポイント】

  • クレジットカード払い
  • デビットカード払い
  • 楽天スーパーポイント
  • 口座振替(銀行引き落とし)

 

楽天モバイルの支払い方法は4つあります。

クレジットカード/デビットカード/楽天スーパーポイント/口座振替。

主流なのはクレジットカード払いです。

ポイントが貯まりますし、普段の買い物もできますからね。

手続きをすれば口座振替でも支払えますが、正直おすすめはできません。

口座振替はおすすめできない理由3つ

【ここでのポイント】

  • 手数料100円(税別)がかかる
  • 対応していない金融機関もある
  • 楽天スーパーポイントでの支払いに対応していない

 

手続きが必要なのはもちろんですが、口座振替の手数料として100円(税別)かかります。

また、一部の金融機関は楽天モバイルの口座振替に対応していません。

このようなデメリットがあるので、口座振替よりもクレジットカードなどで払う方がいいですよ。

楽天モバイルの締め日と引き落とし日

【ここでのポイント】

  • 締め日:月末
  • 引き落とし日:口座振替の場合は27日
  • カード払いの場合は各カード会社に準ずる
  • 土日祝日は引き落としが行われない

 

楽天モバイルの締め日は月末(末日)です。

引き落とし日は、支払い方法によって異なります。

口座振替(銀行引き落とし)で支払っている場合は、翌月27日に引き落とし。

クレジットカードで支払っている場合は、各カード会社が定める支払い日に引き落とされます。

クレジットカードの引き落とし日をまとめてみました。詳細がこちらになります。
▶▶クレジットカードの締め日・引き落とし日|会社別・ブランド別で確認

締め日・引き落とし日は原則変更できない!

【ここでのポイント】

  • 締め日・引き落とし日は原則として変更できない
  • 事情により支払いが厳しい時は電話で相談

 

楽天モバイルの締め日・引き落とし日は、変更することができません。

事情によって支払いが困難な時は、コールセンターに電話をして相談しましょう。

スポンサーリンク

主要クレジットカード会社の締め日と引き落とし日

※カード名をタッチすると、再引き落としの有無・スケジュールなどを確認できます。

カード名締め日引き落とし日
JCBカード15日翌月10日
セゾンカード10日翌月4日
イオンカード10日翌月2日
MUFGカード15日翌月10日
NICOSカードショッピング:5日
キャッシング:月末
翌月27日
三井住友カード15日or月末翌月10日or26日
セディナカードOMC:月末
CF:10日
クオーク:月末
OMC:翌月27日
CF:翌月6日
クオーク:翌月26日
TS CUBIC CARD5日or20日翌月2日or17日
楽天カード月末翌月27日
オリコカード月末翌月27日
ジャックスカード月末翌月27日
dカード15日翌月10日
エポスカード4日or27日翌月4日or27日
DCカード15日翌月10日
セブンカードプラス15日翌月10日
Yahoo!JAPANカード月末翌月27日
エディオンカードショッピング:5日
キャッシング:月末
ショッピング:当月27日
キャッシング:翌月27日
ビューカード月末翌々月4日
UCカード10日翌月5日
JAカード5日当月27日
エムアイカード5日翌月26日or27日
出光カード10日翌月7日
au WALLETクレジットカード15日翌月10日

楽天モバイルの引き落とし時間は金融機関に準ずる

【ここでのポイント】

  • クレカ払い・口座振替のいずれも、引き落とし時間は金融機関に準ずる
  • 引き落とし時間は金融機関ごとに異なる
  • 多くの金融機関では1日二回、引き落としが行われる
  • 一回目は0時〜午前、二回目は午後〜夜間にかけて
  • 朝一〜お昼までに入金すれば当日中の引き落としに間に合う

 

口座引落・クレカ払いで楽天モバイルの利用料金を支払っている。

この場合、引き落とし時間は「金融機関」に準じます。

なので、引き落とし口座に設定している金融機関によって、処理される時間が異なります。

引き落としが行われる時間・タイミングの一例が下記の通り。

一回目二回目
0時〜順次夕方〜夜間
早朝夕方〜夜間
9時21時

多くの金融機関では、基本的に「1日二回」引き落とし処理が行われています。

ただ、中には「1日一回」の金融機関もあるのでお気をつけください。

とはいえ、1日二回引き落としを行っている金融機関の方が多いです。

朝一〜お昼までに入金すれば当日中の引き落としに間に合うので、なるべく早い時間に入金しましょう。

 

例として、みずほ・三菱UFJ・三井住友・ゆうちょ・地方銀行の引き落とし時間を調査し、まとめてみました。

参考にしたページがこちらです。
▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

みずほ銀行の引き落とし時間|0時〜と夜間

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間0時〜順次夜間(〜23時59分)

みずほ銀行は、一回目の引き落としが0時〜、二回目が夜間(〜23時59分)にかけて行われます。

当日入金でも基本的には引き落としに間に合うので、早めに入金しましょう。
参考▶▶【みずほ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三菱UFJ銀行の引き落とし時間|0時〜1時と夜間

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間0時〜1時夜間(〜19時)

三菱UFJ銀行も、1日二回引き落としが行われます。

一回目は引き落とし日の0時〜1時にかけて。

二回目は午後〜19時にかけて順次行われます。

前日までに入金できなかったとしても、当日中に入金すれば引き落としに間に合います。
参考▶▶【三菱UFJ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三井住友銀行の引き落とし時間|0時〜と夜間

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間0時〜順次夜間(〜23時59分)

三井住友銀行も、一回目の引き落としは0時〜、二回目は夜間(〜23時59分)にかけて行われます。

参考▶▶【三井住友銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

ゆうちょ銀行の引き落とし時間|9時と21時

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間9時21時

ゆうちょ銀行は引き落とし時間・回数が明確になっています。

一回目は9時、二回目は21時に引き落としが行われます。

なので、21時までに入金すれば、当日入金でも引き落としに間に合います。
参考▶▶【ゆうちょ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

地方銀行の引き落とし時間|本支店ごとに異なる

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間本支店ごとに異なる本支店ごとに異なる

地方銀行(第二地方銀行)の引き落とし時間は、本支店・店舗ごとに大きく異なります。

なので、詳しい引き落とし時間については、取引店に電話をして確認する必要があります。

 

※上記で紹介した金融機関も含まれていますが、ネット銀行や大手地銀の引き落としもまとめてみました。

+ボタンをタッチすると、各銀行の引き落とし時間が表示されます。

主要銀行の引き落とし時間まとめ(都市銀・地銀・ネット銀行)


※下記の+ボタンをタッチすると、それぞれの銀行の引き落とし時間を確認できます。
■都市銀→三菱UFJ/みずほ/三井住友/りそな/新生/ゆうちょ■
都市銀行・メガバンクの引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
三菱UFJ銀行0時〜1時ころ夜間
みずほ銀行0時〜順次夜間
三井住友銀行0時〜順次夜間
りそな銀行0時ころ19時までに順次
新生銀行4時〜順次19時〜順次
ゆうちょ銀行9時21時
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■ネット銀行→ソニー/イオン/楽天/ジャパンネット/セブン■
ネット銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
ソニー銀行0時〜順次夜間
イオン銀行0時〜順次夜間
楽天銀行5時〜順次19時〜順次
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行9時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■地方銀行→横浜/福岡/静岡/千葉/北洋■
大手地方銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
本支店によって引き落とし時間が異なることがあります。正確な時間については、本支店(取引店)に電話をしてご確認ください。
銀行名一回目二回目
横浜銀行0時〜順次夜間
福岡銀行0時〜順次夜間
静岡銀行0時〜順次夜間
千葉銀行0時〜順次夜間
北洋銀行0時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

朝一〜お昼までに入金すれば当日中の引き落としに間に合う

【ここでのポイント】

  • 多くの金融機関では1日二回、引き落としが行われている
  • 一回目は0時〜午前にかけて
  • 二回目は午後〜夜間にかけて
  • 朝一〜お昼までに入金すれば基本的には間に合う
  • お昼以降に入金する場合は、事前に確認を取った方がいい

 

当日入金でも引き落としに間に合うのか?

これについては「金融機関によりけり」です。

1日二回引き落としをしている金融機関であれば、当日の朝一に入金することで引き落としに間に合います。

ただ、中には1日一回しか引き落としをしていない金融機関もあります。

なので、当日入金をする前は金融機関に電話をして「今から入金しても間に合うか?」確認をした方がいいです。

※当日入金の注意点は、こちらのページを参考にしました。
▶▶当日入金は朝一〜お昼までにすれば、基本的には大丈夫

当日入金する時の注意点丨引き落としができたか?必ず確認を

【ここでのポイント】

  • 当日入金した後は、引き落としができたか?必ず確認すること
  • ネットバンキングで明細を見るのが一番簡単
  • 引き落としができていないと、遅延として扱われる恐れあり

 

クレカ払い・口座振替、いずれの方法で支払っている場合でも、当日入金した後は必ず「引き落としができているか?」確認してください。

ネットバンキングで明細を見る、銀行ATMで記帳するなどの方法で確認できます。

ネットバンキングであればスマホやパソコンから確認できるので、いつでも簡単にチェックできます。

※引き落としができないとどうなるのか?まとめたページがこちら。
▶▶残高不足で引き落としができず遅延扱いに!生じる5つの問題

楽天モバイルの引き落としは平日のみ!土日祝日は引き落とされない

【ここでのポイント】

  • 引き落としが行われるのは平日のみ
  • 土日祝日は金融機関が休業日のため
  • 引き落とし日が土日祝日の場合は翌営業日に引き落とし

 

土日祝日は金融機関が休業日のため、引き落とし処理が行われていません。

引き落とし日が土日祝日にかさなる場合は、翌営業日(平日)に処理されます。

スポンサーリンク

残高不足で引き落としができないと生じる問題

【ここでのポイント】

  • 後日「請求書」が届くので、届いたら早急に支払いをする
  • 支払いをしないと利用停止→強制解約となる

 

残高不足で引き落としができないと、後日楽天モバイルから「請求書」が届きます。

請求書に記載されている期限までに支払いがないと、利用停止措置がとられます。

さらに滞納が長引くと、強制解約措置がとられます。

強制解約になると、日常生活を送るうえで多くの不都合が付きまといます。

ローンを組めなくなる(申込み審査で不利になる)、クレジットカードを発行・更新できなくなる…などなど。

滞納して強制解約になった=収入面・返済能力に問題ありと判断されるからです。

なので、滞納や強制解約は絶対にしてはいけません。

楽天モバイルの利用停止〜強制解約までの流れ

【ここでのポイント】

  • 1〜2週間くらいすると「請求書」が届く
    (請求書には支払額・支払期限が記載されている)
  • 支払期限を過ぎてもすぐには利用停止にならない
  • 滞納が1ヵ月ほど続くと「督促状」が届く
    (督促状には支払額・支払期限が記載されている)
  • 督促状の支払期限を過ぎると、利用停止になる
  • さらに滞納が1ヵ月ほど続くと、強制解約になる

 

残高不足で引き落としができず、料金未納(滞納)の状態が続くと、楽天モバイルの利用が停止されてしまいます。

最悪の場合、強制解約となってしまいます。

おおまかな流れが上記の通り。

 

日付をつけて見ると…

4月27日:初回の引き落とし

1〜2週間後

5月上旬〜中旬:請求書が届く

2〜3週間後

5月下旬〜6月上旬:督促状が届く

支払期限を過ぎると…

5月下旬〜6月上旬:利用停止になる

1ヵ月〜1ヵ月半後

7月上旬〜中旬:強制解約

 

このような感じになります。

利用停止になった場合の解除(復活)方法

【ここでのポイント】

  • 請求書もしくは督促状を持って支払いに行く
  • 支払いの確認が取れ次第、停止が解除される
  • 早ければ当日中〜翌営業日には復活する

 

楽天モバイルの利用が停止された場合、滞納分の支払いをすれば停止が解除されます。

滞納分の支払いについては、請求書もしくは督促状を持って、コンビニや金融機関の窓口に行きましょう。

そして、請求書・督促状を提示し、支払いを済ませればOK。

その後、楽天モバイルモバイル側で確認が行われます。

確認が取れ次第、利用停止が解除されます。

クレジットカードの引き落としに遅れると遅延損害金などの問題が生じる

【ここでのポイント】

  • クレカの引き落としに遅れると「遅延」扱いになる
  • 遅延損害金、カード利用停止、信用度低下などの問題が生じる
  • 電話やハガキによる催促が届くこともある

 

残高不足でクレジットカードの引き落としに遅れると、遅延として扱われます。

そして、遅延損害金(延滞金)やカード利用停止、信用度低下といった問題が生じます。

遅延すると生じる問題については、こちらのページで詳しくまとめられています。
▶▶【クレジットカードの残高不足】引き落とし日に支払いできないとどうなる?

残高不足で引き落としができなかった時の対処法

【ここでのポイント】

  • 早急に「楽天モバイルカスタマーセンター」に電話
  • オペレーターにつながったら支払いについての相談をする
  • 支払日の延長はできないが、相談することで心象を悪くせずに済む

 

支払いに遅れそう。

残高不足を起こしそう。

という時は、早急に「楽天モバイルカスタマーセンター」に電話相談をしてください。

【楽天モバイルカスタマーセンター】
0800-600-0000
受付時間:9時〜18時

オペレーターにつながったら、支払いに遅れそう(引き落としに間に合わない)ことを正直に伝えてください。

誠意ある対応をすれば、オペレーターも親身に相談にのってくれます。

ただし、相談をしても支払日(引き落とし日)を延長することはできません。

事前に電話をすることで、心象の悪化を防ぐことができますが、支払いを放置していると利用停止→強制解約になってしまいます。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

残高不足で引き落としができなかった時の支払い方法

【ここでのポイント】

  • 当日入金が間に合わなかった場合は引き落としができない
  • 引き落としができないと後日「請求書」が届く
  • 請求書が届いたら最寄りのコンビニや金融機関で支払い

 

入金が間に合わず残高不足を起こすと、引き落とし処理が行われません。

この場合、後日楽天モバイルから「請求書」が送られてきます。

請求書が届いたら、それを持って最寄りのコンビニや金融機関に行きましょう。

そして、請求金額を支払えばOKです。

まとめ

  • 支払日は支払い方法によって異なる
  • 口座振替→26日、カード払い→カード会社に準ずる
  • 残高が1円でも不足していると引き落としができない
  • 引き落とし日から1〜2週間ほど経つと請求書が届く
  • 請求書の支払期限を過ぎても、すぐには利用停止にならない
  • さらに1〜2週間ほど経つと「督促状」が届く
  • 督促状の支払期限を過ぎると、利用停止になる
  • このまま未納が1ヵ月ほど続くと、強制解約になる
  • 利用停止になった場合、支払いを済ませれば解除される