スポンサーリンク

【SoftBank】引き落とし/再引き落とし時間いつ?残高不足だとどうなる?

Softbank(ソフトバンク)の引き落とし時間は、金融機関ごとに異なります。

口座振替・クレジットカードなどで支払いができますが、支払日の何時に引き落とされるのかは、一概にいえません。

そこで、主要銀行の引き落とし時間を調査し、まとめてみました。

引き落とし時間とあわせて、当日入金でも間に合うのか?残高不足で引き落としができなかったらどうなるのか?

といったことも、チェックしていきましょう!

まずはこちらの表をご覧ください。

メガバンクの引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
みずほ銀行0時〜〜23時59分
三菱UFJ銀行0時〜1時〜23時59分
三井住友銀行0時〜〜23時59分
都市銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
りそな銀行0時〜〜19時
埼玉りそな銀行0時〜〜19時
ゆうちょ銀行9時21時
ネット銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
ソニー銀行0時〜〜23時59分
イオン銀行0時〜〜23時59分
楽天銀行5時〜19時〜
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行0時〜〜23時59分
大手地銀の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
北洋銀行0時〜午後〜夜間
横浜銀行0時〜午後〜夜間
千葉銀行0時〜午後〜夜間
静岡銀行0時〜午後〜夜間
福岡銀行0時〜午後〜夜間

この表を参考にしながら、続けて本題(このページの本文)に入っていきます!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 引き落とし時間は金融機関(銀行)によって異なる
  • そのため、利用者ごとに引き落とし時間が異なる
  • 引き落とし時間の確認は、金融機関の取引店に直接問い合わせを
  • SoftBankは再引き落としに対応していない
  • そのため、引き落としができなかった時は振込などで支払うことになる
スポンサーリンク

Softbankの締め日と引き落とし日は3種類|10日→翌月6日、20日→翌月16日、月末→翌月26日

【ここでのポイント】

  • 10日締め→翌月6日引き落とし
  • 20日締め→翌月16日引き落とし
  • 月末締め→翌月26日引き落とし

 

ソフトバンクの締め日・支払日(引き落とし日)は3種類あります。

他のキャリアだと1種類のみが基本ですが、SoftBankは下記の3種類になっています。

例)11月〜12月(1ヶ月間)ご利用分の場合

利用期間 締め日引き落とし日
11月1日〜30日月末(30日)12月26日
11月11日〜12月10日10日1月6日
11月21日〜12月20日16日1月16日

 

変則的なので、ちょっとわかりにくいですが…

My SoftBank(会員専用ページ)に登録しておくと、引き落とし前日に請求通知メールが届きます。

メールをチェックしておけば、引き落とし日を忘れることはありません。

 

ただし、クレジットカード払いの場合、引き落とし日がカード会社との契約内容に準じます。

主なクレジットカード会社の引き落とし日は、こちらのページでまとめられているので、気になる方はご確認ください。
▶▶クレジットカードの締め日・引き落とし日|会社別・ブランド別で確認

締め日・引き落としの変更は手続きが必要!延長はできない

【ここでのポイント】

  • 所定の手続きをすれば変更可能
  • 延長は不可能
  • 引き落とし日の変更が反映されるまでには時間がかかる

 

ソフトバンクの支払日(引き落とし日)は、変更手続きのみ可能になっています。

延長することはできません。

引き落とし日までに入金できないから、延長したい…という状況でも、延長は不可能です。

また、引き落とし日の変更手続きをしても、すぐには反映されません。

どれだけ急いでいても、反映されるのは翌月〜翌々月からになります。

支払日(引き落とし日)の変更は、電話もしくはソフトバンクショップで手続きを行います。

詳しい手順は下記の+ボタンをタッチすると確認できます。

電話で引き落とし日を変更する
ソフトバンク携帯電話から一般電話などから
電話番号1570800-919-0157
通話料無料無料

電話をすると音声ガイダンスが流れるので、案内に従い番号を押します。

すぐオペレーターにつなぎたい場合は「#→1→0」をプッシュ。

#→1→0を押すと、4桁の暗証番号の入力を求められます。

ただし、オペレーターの受付時間は9時〜20時まで。

時間帯によってはつながるまでに時間がかかるので、お気をつけください。

ショップ窓口で引き落とし日を変更する

最寄りのソフトバンクショップ窓口に行き、変更手続きができます。

ただし、曜日・時間帯によって窓口が非常に混雑します。

ソフトバンクのホームページで、各店舗の混雑状況を確認できる(一部)ので、店舗に行く前にチェックしておきましょう。
▶▶ソフトバンクショップを検索する

土日祝日は引き落としが行われない!引き落としは平日のみ

【ここでのポイント】

  • 土日祝日はSoftbankの引き落としが行われない
  • 金融機関(銀行)の窓口が休業日のため
  • 土日祝日の場合は翌営業日(平日)に引き落とされる

 

Softbankの引き落としが行われるのは、平日のみです。

土日祝日は金融機関が休業日のため、引き落としが行われないためです。

例えば、6日が土曜日だとしたら、引き落としが行われるのは8日(月曜日)になります。

時間に余裕があるから…と油断せず、引き落としの前日〜前々日までに、必ず入金しておきましょう。

スポンサーリンク

Softbankの引き落とし時間は金融機関ごとに異なる

【ここでのポイント】

  • 引き落とし口座(金融機関)によって異なる
  • そのため、利用者によって引き落とし時間が異なる
  • 詳しい引き落とし時間は金融機関に電話で確認
  • 多くの銀行では1日二回、引き落としが行われる
  • 一回目は0時〜午前、二回目は午後〜夜間

 

ソフトバンクの引き落とし時間は、正確な時間を断言することができません。

というのも、引き落とし口座(金融機関)によって引き落とし時間が異なるからです。

引き落としが行われる時間・タイミングの一例が下記の通り。

一回目二回目
0時〜順次夕方〜夜間
早朝夕方〜夜間
9時21時

基本的には「1日二回」引き落とし処理が行われますが、金融機関によっては「一回」しか処理しません。

なので、引き落とし前日までには入金しておきたいところです。

例として、主要銀行の引き落とし時間をまとめてみました。

参考にしたページがこちら。
▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

みずほ銀行の引き落とし時間|0時〜と夜間

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間0時〜順次夜間(〜23時59分)
スクロールできます
スクロールできます
スクロールできます

みずほ銀行は、一回目の引き落としが0時〜、二回目が夜間(〜23時59分)にかけて行われます。

当日入金でも基本的には引き落としに間に合うので、早めに入金しましょう。
参考▶▶【みずほ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三菱UFJ銀行の引き落とし時間|0時〜1時と夜間

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間0時〜1時夜間(〜19時)
スクロールできます
スクロールできます
スクロールできます

三菱UFJ銀行も、1日二回引き落としが行われます。

一回目は引き落とし日の0時〜1時にかけて。

二回目は午後〜19時にかけて順次行われます。

前日までに入金できなかったとしても、当日中に入金すれば引き落としに間に合います。
参考▶▶【三菱UFJ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三井住友銀行の引き落とし時間|0時〜と夜間

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間0時〜順次夜間(〜23時59分)
スクロールできます
スクロールできます
スクロールできます

三井住友銀行も、一回目の引き落としは0時〜、二回目は夜間(〜23時59分)にかけて行われます。

参考▶▶【三井住友銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

ゆうちょ銀行の引き落とし時間|9時と21時

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間9時21時
スクロールできます
スクロールできます
スクロールできます

ゆうちょ銀行は引き落とし時間・回数が明確になっています。

一回目は9時、二回目は21時に引き落としが行われます。

なので、21時までに入金すれば、当日入金でも引き落としに間に合います。
参考▶▶【ゆうちょ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

地方銀行の引き落とし時間|本支店ごとに異なる

引き落とし回数一回目二回目
引き落とし時間本支店ごとに異なる本支店ごとに異なる
スクロールできます
スクロールできます
スクロールできます

地方銀行(第二地方銀行)の引き落とし時間は、本支店・店舗ごとに大きく異なります。

なので、詳しい引き落とし時間については、取引店に電話をして確認する必要があります。

 

※上記で紹介した金融機関も含まれていますが、ネット銀行や大手地銀の引き落としもまとめてみました。

+ボタンをタッチすると、各銀行の引き落とし時間が表示されます。

主要銀行の引き落とし時間まとめ(都市銀・地銀・ネット銀行)


※下記の+ボタンをタッチすると、それぞれの銀行の引き落とし時間を確認できます。
■都市銀→三菱UFJ/みずほ/三井住友/りそな/新生/ゆうちょ■
都市銀行・メガバンクの引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
三菱UFJ銀行0時〜1時ころ夜間
みずほ銀行0時〜順次夜間
三井住友銀行0時〜順次夜間
りそな銀行0時ころ19時までに順次
新生銀行4時〜順次19時〜順次
ゆうちょ銀行9時21時
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■ネット銀行→ソニー/イオン/楽天/ジャパンネット/セブン■
ネット銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
ソニー銀行0時〜順次夜間
イオン銀行0時〜順次夜間
楽天銀行5時〜順次19時〜順次
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行9時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■地方銀行→横浜/福岡/静岡/千葉/北洋■
大手地方銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
本支店によって引き落とし時間が異なることがあります。正確な時間については、本支店(取引店)に電話をしてご確認ください。
銀行名一回目二回目
横浜銀行0時〜順次夜間
福岡銀行0時〜順次夜間
静岡銀行0時〜順次夜間
千葉銀行0時〜順次夜間
北洋銀行0時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

当日入金は朝一〜昼前までに済ませれば引き落としに間に合う!

【ここでのポイント】

  • 1日二回引き落としを行っている金融機関がほとんど
  • 朝一〜遅くても昼ころに入金すれば、当日中の引き落としに間に合う
  • ただ、金融機関によっては1日一回しか引き落としをしていないケースもある
  • 朝一以降に入金する場合は、取引店に確認してから入金を
  • 今から入金しても間に合うか?何時までに入金すれば間に合うか?確認する

 

多くの銀行では、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜午前にかけて、二回目は午後〜夜間にかけて。

そのため、朝一〜お昼ころに入金すれば、当日中の引き落としに間に合います。

 

ただ、金融機関によっては、1日一回しか処理を行っていません。

その場合、当日の朝一に入金しても引き落としに間に合わない可能性があります。

なので、朝一以降に入金する場合は、事前に取引店に確認した方がいいです。

「今から入金しても間に合うか?」「何時までに入金すれば間に合うか?」

確認をとってから、引き落とし口座に入金しましょう。

※当日入金の注意点は、こちらのページを参考にしました。
▶▶当日入金は朝一〜お昼までにすれば、基本的には大丈夫

 

また、朝一に入金した場合も、あとで「引き落としがちゃんとできているか?」確認をしてください。

詳細を下記の項目で解説していきます。

当日入金する時の注意点|引き落としができたか確認を

【ここでのポイント】

  • 早め早めの入金を心がける
  • 当日入金した後は引き落としができているか確認
  • 記帳、ネットバンク、電話などで確認する

 

当日入金は早め早めを心がけた方がいいです。

というのも、提携ATM(コンビニATM)から入金すると、タイムラグが生じる恐れがあるからです。

タイムラグ=引き落とし口座に反映されるまでに時間がかかる。

また、当日入金した後は必ず「引き落としができているか?」確認してください。

銀行ATMで記帳する、ネットバンク(会員サイト)で明細を見る、取引店に電話をするなどの方法で確認できます。

Softbankは再引き落とし(再振替)を行っていない!

【ここでのポイント】

  • ソフトバンクは再引き落としを行っていない
  • そのため、再引き落とし以外の方法で支払う必要がある
  • 振込用紙・ソフトバンクショップ・My SoftBankなど

 

ソフトバンクは再引き落としに対応していません。

なので、残高不足で引き落としができなかった場合は、再引き落とし以外の方法で支払う必要があります。
(振込用紙、ソフトバンクショップ、My SoftBankなど)

引き落としに遅れそう、入金が間に合わない時は電話連絡を!

ソフトバンクの引き落としに遅れそう。

入金が間に合わず残高不足を起こしそう。

このような場合は早急に「カスタマーサポート」に電話をしてください。

カスタマーサポートのオペレーターとつなぐ手順が下記の通り。

  1. 157に電話
  2. 「#」「1」「0」と押す
  3. 暗証番号を入力する
  4. オペレーターにつながるまで待つ

オペレーターにつながったら、引き落としに遅れそうなことを伝え、支払いについての相談を進めましょう。

スポンサーリンク

電話連絡をした後にやるべきこと

ソフトバンクの利用料金を支払わずにいると、最悪の場合「強制解約」になってしまいます。

なので、カスタマーサポートに電話をした後は、早急にお金を準備する必要があります。

万が一滞納して利用停止や強制解約になると、その情報が「信用情報機関」に記録されます。

信用情報機関に記録されると、ローンを組めない、クレカを発行・更新できないなどの不都合が生じます。

ですから、絶対に避けなければいけません。

残高不足で引き落としができなかった時の対処法と支払い方法

【ここでのポイント】

  • 振込用紙にて支払い
  • 直接支払い
  • My SoftBankで支払い
  • 電話で支払い

 

ソフトバンクは再振替(再引き落とし)を行っていないため、それ以外の方法で支払うことになります。

当日入金が間に合わず引き落としができなかった時は、下記いずれかの方法でお支払ください。

※詳しい方法は+ボタンをタッチすると確認できます。

1.振込用紙にて支払い

後日、ソフトバンクから「振込用紙」が郵送で届きます。

振込用紙が届いたら、お近くのコンビニや金融機関、ソフトバンクショップにてお支払ください。

2.ソフトバンクショップで直接支払い

最寄りのソフトバンクショップに行き、そこで直接支払うこともできます。

3.My SoftBankで支払い

引き落としができなかった請求額は、My SoftBankから支払えます。

クレジットカード・コンビニ・ネットバンキングで支払うための手続きを進めましょう。
参照▶▶支払期限が過ぎた料金はどのような方法で支払いできますか?

4.電話(自動音声案内)で支払い

自動音声案内で支払手続きができます。

支払いはクレジットカードコンビニ・ネットバンキングで可能です。

電話支払いの手順は下記の通り。

  1. ガイダンスに沿って「2」「2」「2」を押す
  2. ガイダンスに沿って希望の支払い方法を選択
  3. 暗証番号を入力

【ソフトバンクカスタマーサポート】
ソフトバンク携帯電話から:157
一般電話から:0800-919-0157
受付時間:24時間
※クレジットカードで支払うための手続きは8時〜22時の間のみ

残高不足で引き落としができなかった時に生じるペナルティ

【ここでのポイント】

  • 滞納が2週間ほど続くと利用停止になる
  • 滞納が2ヶ月ほど続くと強制解約

 

残高不足が原因で引き落としができないと「遅延扱い」になります。

ソフトバンクは再引き落とし(再振替)を行っていないので、放置していると事態がどんどん悪化します。

また、「引き落としができませんでした」という通知も届きません。

なので、残高不足で引き落としができなかったことに気付きにくいです。

もしこの状態を放置しているとどうなるのか?詳しい流れをまとめてみました。

【SoftBankの滞納〜強制解約の流れ】

第一段階
(支払期日から約1週間)
支払請求書が届く
第二段階
(支払期日から約2週間)
支払いをしないと利用停止になる
第三段階
(支払期日から約4週間) 
滞納請求書が届く
第四段階
(支払い期日から約8週間) 
支払いをしないと督促状が届く
最終段階
(支払い期日の約8週間後〜順次)
強制解約になる
※強制解約までの流れを時系列で確認
(月末締め→翌月26日支払いの場合)

  • 4月26日:支払いができなかった
  • 5月3日ころ:支払請求書が届く
  • 5月10日ころ:支払いをしないと利用停止になる
  • 5月26日ころ:滞納請求書が届く
  • 6月26日ころ:督促状が届く
  • 6月26日〜順次:強制解約になる

 

また、滞納して強制解約になると、その情報が「信用情報機関」に記録されます。

一般的には<信用に傷がつく>と言います。

信用に傷がつくと、日常生活を送るうえで不都合が生じます。
(ローンを契約できない、クレカを発行・更新できないなど)

ですから、滞納は絶対にしてはいけません。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

遅延・滞納した時の支払い方法|一括払いが原則

【ここでのポイント】

  • 遅延・滞納した場合は、一括で支払うのが原則
  • 手持ちのお金がない時は、クレジットカードでも支払える

 

 

遅延・滞納した料金は、一括で支払うことが原則です。

手持ちのお金(現金)がない場合は、クレジットカードで支払うこともできます。

一括払いができない時は電話で相談を

【ここでのポイント】

  • 一括払いができない・厳しい時は電話で相談を
  • もしくは、Softbankショップの窓口で相談

 

 

一括払いは厳しい…分割払いにしてもらいたい…

という時は、Softbankカスタマーサポートに電話をして、その旨を相談しましょう。

Softbankの携帯電話から157
一般電話から0800-919-0157

オペレーターの受付時間が9時〜20時なので、この時間内に電話をしてください。

また、自動音声案内が流れたあとに「#→1→0」とプッシュすると、すぐオペレーターにつながります。

Softbankショップの窓口でも相談できるので、面倒臭がらず必ず相談してください。

お金を工面する方法5つ

  • 1.家族や友人からお金を借りる
  • 2.不要なものを売る
  • 3.日払いのバイトをする
  • 4.他のクレカを作成する
  • 5..カードローンを利用する

 

今すぐにお金が必要!

という時は、このような方法でお金を工面・準備できます。

一例として参考にしてみてください。

※下記の+ボタンをタッチすると、各方法のメリット・デメリットなどを確認できます。

1.家族や友人からお金を借りる
  • 所要時間:5分(最短)
  • 手に入る金額:1,000円〜10,000円
  • 難易度:★☆☆☆☆
  • メリット:即金性がバツグン
  • デメリット貸してというのがツラい
2.不要なものを売る
  • 所要時間:1時間(最短)
  • 手に入る金額:1,000円〜10,000円
  • 難易度:★☆☆☆☆
  • メリット:高額買取も狙える
  • デメリット:ハイブランドでないと難しい
3.日雇い・日払いのバイトをする
  • 所要時間:1日
  • 手に入る金額:8,000円〜12,000円
  • 難易度:★★★☆☆
  • メリット:その日のうちにお金が手に入る
  • デメリット:手にできるのは少額、1日は働く必要あり
4.クレカを新規作成する
  • 所要時間:即日(最短)
  • 手に入る金額:10万円〜
  • 難易度:★★★★☆
  • メリット:即日でお金を工面できる
  • デメリット:審査が必要
5.カードローンを利用する
  • 所要時間:即日(最短)
  • 手に入る金額:10万円〜
  • 難易度:★★★★★
  • メリット:即日でお金を工面できる
  • デメリット:審査が必要

まとめ

  • ソフトバンクの引き落とし時間は金融機関によって異なる
  • 詳しい引き落とし時間は金融機関に電話をして確認
  • 当日入金をする前(した後)も電話確認をした方がいい
  • 入金が間に合わない時はカスタマーサポートに電話
  • 電話をしたら早急にお金を用意すること

 

引き落とし時間は金融機関によって異なるので、正確な時間を断言することができません。

引き落としに遅れないためには、前日までに入金しておくことが好ましいです。

残高が1円でも足りないと、引き落としが行われません。

その結果「遅延扱い」となり、遅延期間が長引くと利用停止→強制解約となります。

強制解約になると日常生活を送るうえで不都合が生じます。

ですから、遅延(滞納)は絶対にしないよう気を付けましょう。