スポンサーリンク

【公共料金】引き落とし時間は何時?ガス・電気・水道代など

ガス代・電気代・水道代の引き落とし時間について、情報をまとめました。

公共料金の引き落とし日は会社ごとに決められています。

前日までに入金しておけば、引き落としに遅れることはありません。

ただ、うっかり忘れなどで入金ができず、仕方なく当日入金になることもあります。

では、公共料金の引き落としは何時に行われるのか?当日入金でも引き落としに間に合うのか?

詳細をチェックしていきましょう!

まずはこちらの表をご覧ください。

メガバンクの引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
みずほ銀行0時〜〜23時59分
三菱UFJ銀行0時〜1時〜23時59分
三井住友銀行0時〜〜23時59分
都市銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
りそな銀行0時〜〜19時
埼玉りそな銀行0時〜〜19時
ゆうちょ銀行9時21時
ネット銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
ソニー銀行0時〜〜23時59分
イオン銀行0時〜〜23時59分
楽天銀行5時〜19時〜
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行0時〜〜23時59分
大手地銀の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
北洋銀行0時〜午後〜夜間
横浜銀行0時〜午後〜夜間
千葉銀行0時〜午後〜夜間
静岡銀行0時〜午後〜夜間
福岡銀行0時〜午後〜夜間

この表を参考にしながら、続けて本題(このページの本文)に入っていきます!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると…

  • 公共料金の引き落とし時間は金融機関(銀行)によって異なる
  • 再引き落としの有無は公共機関によって異なる
  • 引き落としができなかった場合は通知書(請求書)が届く
  • 基本的にはコンビニや金融機関窓口で支払い可能
  • 無視を続けると利用停止になるので絶対にダメ
スポンサーリンク

公共料金(ガス・電気・水道代)の引き落とし時間は何時?金融機関ごとに異なる

【ここでのポイント】

  • 引き落とし時間は金融機関(銀行)によって異なる
  • クレジットカード払いにしている場合も同じ
  • 詳しい時間については金融機関に直接問い合わせを

 

公共料金(ガス代・電気代・水道代)の引き落とし時間は、金融機関(銀行)によって異なります。

引き落とし日は利用者全員で固定となっていますが、引き落とし時間は各々で違ってきます。

また、公共料金の支払いはクレジットカードでも行えます。

支払いがスムーズでポイントも貯まるというメリットがあるものの、クレカ払いの場合も引き落とし時間は金融機関(銀行)によりけり。

 

なので、詳しい引き落とし時間を知りたい時は、金融機関の取引店に問い合わせる必要があります。

取引店に電話をして「引き落としの時間は何時ですか?」と尋ねれば、行員が詳細を教えてくれます。

※場合によっては「引き落としの件数によって時間が前後するので、正確な時間は分かりかねます」という案内になります。

 

※主要銀行の引き落とし時間・タイミングについて、下記の項目でまとめてみました。

気になる方はご確認ください。
(都市銀行・大手地方銀行・ネット銀行)

主要銀行の引き落とし時間まとめ(都市銀・地銀・ネット銀行)


※下記の+ボタンをタッチすると、それぞれの銀行の引き落とし時間を確認できます。
■都市銀→三菱UFJ/みずほ/三井住友/りそな/新生/ゆうちょ■
都市銀行・メガバンクの引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
三菱UFJ銀行0時〜1時ころ夜間
みずほ銀行0時〜順次夜間
三井住友銀行0時〜順次夜間
りそな銀行0時ころ19時までに順次
新生銀行4時〜順次19時〜順次
ゆうちょ銀行9時21時
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■ネット銀行→ソニー/イオン/楽天/ジャパンネット/セブン■
ネット銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
ソニー銀行0時〜順次夜間
イオン銀行0時〜順次夜間
楽天銀行5時〜順次19時〜順次
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行9時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■地方銀行→横浜/福岡/静岡/千葉/北洋■
大手地方銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
本支店によって引き落とし時間が異なることがあります。正確な時間については、本支店(取引店)に電話をしてご確認ください。
銀行名一回目二回目
横浜銀行0時〜順次夜間
福岡銀行0時〜順次夜間
静岡銀行0時〜順次夜間
千葉銀行0時〜順次夜間
北洋銀行0時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

当日入金でも引き落としに間に合う?朝一に入金すれば基本的には大丈夫だけど、念のため事前確認を

【ここでのポイント】

  • 当日入金でも間に合うかは「金融機関」によりけり
  • 入金前に電話確認をした方がいい
  • 間に合わない場合は「会社(電気・ガス)や水道局」に電話連絡を

 

引き落とし当日の朝一に入金しても間に合うのか?

これについても「金融機関(銀行)」によりけりです。

多くの金融機関では、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜早朝にかけて、二回目は夕方〜夜間にかけて。

ただ、中には1日一回しか引き落としをしない金融機関もあります。

なので、当日入金をする場合は、事前に必ず「金融機関に電話連絡」をしましょう。

今から入金しても間に合うか?
何時までに入金すれば間に合うか?

これらを確認した後、引き落とし口座に入金しましょう。

もし間に合わない場合は、引き落とし以外の方法で支払いをします。
(再引き落とし、納付書が届き次第支払う、指定口座への振込など)

残高不足で引き落としができないと、遅延扱いになる

【ここでのポイント】

  • 遅延扱いになり、遅延損害金などのペナルティが生じる
  • 会社によっては後日「再引き落とし」を行う
  • 遅延が1週間〜10日ほど続くと「納付書」が届く
  • 納付書が届いても滞納を続けると「利用停止」になる
  • 支払いについての相談は「会社に直接電話を」する

 

口座残高が1円でも不足していると、引き落とし処理が行われません。

例えば、口座残高が1万円で、公共料金の請求額が1万1,000円だったとします。

たった1,000円足りないだけですが、残高不足には変わりありません。

なので、引き落とし日が過ぎても口座残高は1万1,000円のままです。

「あれ?残高が変わってない…」

と疑問に思うかもしれません。

ですが、残高が足りていなかったため、引き落としができなかったせいです。

 

この状態を放置していると、後日「通知書・納付書(未納のお知らせ)」が届きます。

納付書が届いたら、早急に支払いを済ませてください。

最寄りのコンビニや金融機関で支払えます。

納付書が届いても支払いをしないと、ガス・水道・電気が利用停止になってしまいます。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

公共機関(ガス代・電気代・水道代)の再引き落としは行われている?機関・会社によりけり!

【ここでのポイント】

  • ガス代や水道代は、会社によって再引き落としが行われている
  • 電気代は再引き落としが行われないことが多い
  • 再引き落としについては会社に電話をして確認を

 

再引き落としについては料金の種類や公共機関(会社)によりけりです。

ガス代や水道代は、再引き落としが行われていることが多いです。

でも、電気代については再引き落としを行っていない会社も多いです。
(一部の電力会社は再引き落としを行っています。東京電力、東北電力、関西電力など)

通常の引き落としができなかった(残高不足を起こしてしまった)時は、まず公共機関(会社)に電話をしてください。

そして、支払い方法や再引き落としの有無を確認してから、所定の方法で支払いを行いましょう。

引き落とし(再引き落とし)ができなかった時の支払い方法は?

【ここでのポイント】

  • 再引き落としができなかった時は「納付書」が届く
  • 納付書が届いたらコンビニや金融機関窓口で支払いを
  • さらに滞納が続くと、最後通告が届く

 

再引き落としができなかった場合は、後日「納付書」が届きます。

ガス代・電気代・水道代すべて共通しています。

納付書の支払いはコンビニや金融機関窓口で行えます。

もし納付書が届いたら、期日までに必ず支払いを済ませましょう。

ガス代の支払い方法

再引き落としができなかった場合は、後日「納付書」が届きます。

納付書には請求額・支払い方法・支払期日が記載されています。

支払いはコンビニや金融機関などでできます。

この期日までに必ず支払いを済ませましょう。

電気代の支払い方法

引き落とし(再引き落とし)ができなかった場合は、後日「納付書」が届きます。

納付書には請求額・支払い方法・支払期日が記載されています。

支払いはコンビニや金融機関などでできます。

この期日までに必ず支払いを済ませましょう。

水道代の支払い方法

再引き落としができなかった場合は、後日「納付書」が届きます。

バーコードが印刷されている納付書であれば、コンビニや金融機関でも支払いができますが…

引き落としができず滞納した場合は、最寄りの「水道センター窓口」で支払わなければいけないケースもあります。

詳しくは、納付書に記載されている支払い方法をご確認ください。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

引き落としができないと、信用情報機関に記録されるの?

【ここでのポイント】

  • 信用情報機関には記録されない
  • ただし、クレカ払いにしている場合は要注意
  • 信用情報機関、クレカ会社の社内データに記録されるため

 

引き落とし(口座振替)で公共料金の支払いをしているけど、引き落としができなかった。

この場合、信用情報機関には記録されません。

ただし、クレジットカードで公共料金の支払いをしている場合は要注意です。

というのも、クレジットカードの支払いを滞納すると、その情報が信用情報機関に記録されるからです。

また、引き落としができなかったという情報が、カード会社の社内データに記録されます。

こうなると、クレジットカードの利用に悪影響が生じます。

滞納が長期間にわたると、カードの強制解約措置が取られる恐れもあります。

※参考にしたページがこちらです。
▶▶残高不足で引き落としができず遅延扱いに!生じる5つの問題

引き落としができないと、いつから利用停止になるの?

【ここでのポイント】

  • 公共機関(会社)によって利用停止になるタイミングが異なる
  • 例)東京ガスの場合、検針の翌日から50日後に停止
  • 例)電力会社の場合、検針の翌日から51日目〜停止
  • 例)水道局の場合、引き落とし日から最短2ヶ月程度で停止

 

利用停止になるタイミングは、公共料金の種類・会社によって異なります。

ガス・電気・水道が利用停止になるタイミングの一例が以下の通りです。

ガスが利用停止になるタイミング

ガスの供給が止まるタイミングは、ガス会社によって異なります。

例えば、東京ガスの場合は「検針のの翌日から約50日後」に供給が止まります。

大阪ガスの場合は、供給を停止する前に「予告書」が届きます。

予告書に記載されている期日までに支払いがないと、ガスの供給が停止されます。

電気が利用停止になるタイミング

電気の送電が止まるタイミングは、電力会社によって異なります。

多くの電力会社では、検針日の翌日から51日目〜順次「送電を停止」しています。

ただ、送電停止になる前に「送電停止通知(最後通告)」が届きます。

通知書に記載されている期日までに支払えば、送電停止にはなりません。

ですが、期日になっても支払いがないと、順次送電停止になります。

水道が利用停止になるタイミング

水道代が払えないと、最短2ヶ月の滞納で給水が停止になります。

引き落とし日(通常の支払日)から約2ヶ月が経過すると、給水停止予告書(最後通告)が届きます。

これに記載されている期日までに支払いがないと、順次給水停止になります。

スポンサーリンク

残高不足を起こさないために!前日までに必ず入金を

残高不足を起こさないためには、引き落とし前日〜前々日までに入金しておきたいところ。

ただ、諸事情によって入金が間に合わない、支払いが遅れることもあります。

その場合は、1分1秒でも早く「公共機関に電話連絡」をしてください。

連絡せず放置していても、事態が悪化するだけです。

公共機関に電話をして「入金が間に合わない、支払いが遅れること」を正直に伝え、相談しましょう。

誠意ある対応をすれば、公共機関のスタッフも親身になって対応してくれます。

放置や無視は絶対にしてはいけません。

まとめ

  • 公共料金の引き落とし時間は金融機関(銀行)によって異なる
  • 再引き落としの有無は公共機関によって異なる
  • 引き落としができなかった場合は通知書(請求書)が届く
  • 基本的にはコンビニや金融機関窓口で支払い可能
  • 無視を続けると利用停止になるので絶対にダメ