スポンサーリンク

【クレジットカード】再引き落とし日や時間はいつ?会社ごとにまとめてみました

クレジットカード会社ごとの再引き落としスケジュールをまとめたページです。

会社ごと(ブランド)によって、再引き落としのある・なしがわかれます。

すべてのクレジットカードが、再引き落としに対応しているわけではありません。

お使いのクレジットカードは再引き落としに対応しているのか?

また、再引き落としは何時に行われるのか?

詳細をチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 再引き落としの有無はカード会社ごとに異なる
  • 再引き落としの前日までに必ず入金すること
  • 間に合わない時はカード会社に電話で相談
  • 再引き落としができないと、さらに重いペナルティが課せられる
  • 場合によっては限度額が引き下げられることも
スポンサーリンク

再引き落としの有無・スケジュールは会社ごとに異なる

【ここでのポイント】

  • クレジットカードによって再引き落としのある・なしが異なる
  • 再引き落としのスケジュールも会社ごとに異なる
  • 詳しくはカード会社に電話で問い合わせ

 

多くのクレジットカードでは「引き落とし(口座振替)」で支払いを行います。

当月◯日締め→翌月△日引き落としというもの。

ただし、入金忘れなどで残高不足を起こすと、引き落とし処理が行われません。

そうなると、引き落とし以外の方法(再引き落とし・振込・ATMなど)で支払うことになります

ただ…

再引き落としについては、カード会社によってある・なし、スケジュールが異なります。

すべてのカード会社が再引き落としを行っているわけではありません。

下記の項目にて、主要クレジットカード会社(ブランド)の再引き落としの有無についてまとめてみました。

気になる方はご確認ください。

【ブランド別】クレジットカード会社ごとの再引き落としの有無まとめ

主なクレジットカード会社(ブランド)と、引き落とし日・再引き落としの有無についてまとめました。

カード会社名(ブランド名)をタッチすると、各カード会社の引き落とし日・再引き落としの有無について、詳細を確認できます。

※スマートフォンでご覧の方は、表を横にスクロールしてご確認ください。

カードブランド引き落とし日再引き落としの有無
三井住友カード10日もしくは26日 ◯(一部金融機関)
JCBカード10日 ◯(一部金融機関)
楽天カード27日 ◯(一部金融機関)
セゾンカード4日
イオンカード2日◯(イオン銀行のみ)
セディナカードカードの種類によって異なる
TS CUBIC CARD2日もしくは17日 ◯(一部金融機関)
オリコカード27日 ◯(一部金融機関)
ジャックスカード27日
MUFGカード10日 ◯(一部金融機関)
NICOSカード27日 ◯(一部金融機関)
dカード10日 ◯(一部金融機関)
エポスカード4日or27日
アメックスカード利用者ごとに異なる ◯(一部金融機関)
リクルートカード10日 ◯(一部金融機関)
VIASOカード27日 ◯(一部金融機関)
ヤフーカード27日
REXカード27日
ライフカード3日or27日
DCカード10日◯(一部金融機関)
JALカード4日or10日△(発行会社による)
ANAカード発行元によって異なる◯(一部金融機関)
セブンカード10日◯(一部金融機関)
JAカード27日◯(一部金融機関)
ルミネカード4日
ビューカード4日
エディオンカード27日 △(オリコブランドのみ対応)
エネオスカード2日◯(一部金融機関)
エムアイカード26もしくは27日
UCカード5日
ダイナースクラブカード10日 △(金融機関による)

カード会社ごとの再引き落としスケジュールまとめ

次に、再引き落としが行われているカード会社について、スケジュールをまとめてみました。

下記の+ボタンをタッチすると、再引き落としのスケジュールを確認できます。

三井住友カードの再引き落としスケジュール

お支払い日が毎月10日の方

■月末まで毎営業日に再引き落としを行う金融機関
三井住友銀行/みずほ銀行

■特定の日に再引き落としを行う金融機関
りそな銀行/ゆうちょ銀行/三菱UFJ銀行/ジャパンネット銀行/セブン銀行など
詳細はこちら▶▶お支払い日い間に合わなかった場合は

お支払い日が10日で、再引き落としの対象外の金融機関を利用している

→信用管理部に電話

お支払い日が毎月6日・8日の方

→信用管理部に電話

【信用管理部】
東京:03-6738-7130
大阪:06-6223-6511
受付時間:9時〜17時
(土日祝日、年末年始は休業)

JCBカードの再引き落としスケジュール

カード発行会社や金融機関によって異なるため、カード裏面の連絡先へ電話をして確認する必要あり。

※発行枚数が「株式会社ジェイシービー」の方は、>こちら<から再引き落としのスケジュールを確認できます。

楽天カードの再引き落としスケジュール

金融機関によってスケジュールが異なります。

楽天銀行やみずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行などは「4営業日」の間、再引き落としが行われます。

ゆうちょ銀行の場合は、翌営業日に再引き落としが行われます。

※詳しい引き落としスケジュールは>こちら<から確認できます。

イオンカードの再引き落としスケジュール

引き落とし口座が「イオン銀行」であれば、平日のみ3日〜5日に再引き落としが行われます。

3日〜5日が土日祝日の場合は、再引き落としが行われません。

後日、イオン銀行またはイオンクレジットサービスから連絡が届くので、それを待ちましょう。

「イオン銀行以外」の金融機関は、再引き落としが行われていません。

イオン銀行・イオンクレジットサービスから連絡が届くのを待つか、テレホンアンサーに電話をして振込先を確認しましょう。

TS CUBIC CARDの再引き落としスケジュール

引き落としができなかった場合は、再引き落としの案内が届きます。

案内の発送日と再引き落とし日が下記の通りです。

 支払日 発送日 再引き落とし日
 2日 10日前後 17日
 10日 25日前後 2日

参照▶▶再引き落としのご案内・振込用紙の発送日等を教えてください。/TS CUBIC CARD

オリコカードの再引き落としスケジュール

再引き落としに対応している金融機関の場合「12日」に再引き落としを行います。

その際、遅延損害金・催告手数料が発生します。

ご利用の金融機関が再引き落としに対応しているか?

確認する場合は「オリコサービスセンター」にお問い合わせください。

MUFGカードの再引き落としスケジュール

引き落とし口座が次の金融機関の方は、引き落とし日の翌営業日から請求月末日まで、毎営業日引き落としを行っています。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・横浜銀行・京都中央信用金庫・みずほ銀行

また、じぶん銀行も再引き落としに対応しています。

上記以外の金融機関は再引き落としに対応していないため、振込で支払うことになります。
参照▶▶お支払日翌日以降のご入金のお手続きについて-MUFGカード(UFJカード含む)-

NICOSカードの再引き落としスケジュール

引き落とし口座が次の金融機関の方は、引き落とし日の翌日から翌月15日まで、毎営業日引き落としを行っています。

か行

熊本銀行

さ行

埼玉りそな銀行、滋賀銀行、常陽銀行、親和銀行

た行

千葉銀行

な行

南都銀行

は行

八十二銀行、百五銀行、肥後銀行、広島銀行、福岡銀行、北海道銀行、北洋銀行

ま行

みずほ銀行(※)、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、武蔵野銀行

や行

横浜銀行

ら行

りそな銀行

※支払い金額が2,000円未満の場合などは、再引き落としの対象にならないケースもあります。

なので、記帳するなどして必ずご確認ください。

再引き落としに対応していない金融機関の場合、振込で支払うことになります。

dカードの再引き落としスケジュール
口座引落しのご設定金融機関お支払方法
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
横浜銀行
月末まで毎営業日、引き落としを行っています。
ゆうちょ銀行20日に再引き落としが行われます。
その他金融機関指定口座にお振り込みください。
お振り込み口座はお客様により異なりますので、詳しくはお支払い日以降にお届けするご通知文にてご確認ください。

参照▶▶お支払い日に間に合わなかった場合は/dカード

アメックスカードの再引き落としスケジュール

ご利用の金融機関によって異なるので、カード裏面に記載してある電話番号にお問い合わせください。

リクルートカードの再引き落としスケジュール

発行会社・ブランドによって再引き落としスケジュールが異なります。

VISA/MasterCardは「三菱UFJニコス」と提携しているため、MUFGカードの再引き落としスケジュールと同じです。

下記の金融機関は月末まで、毎営業日再引き落とし。
→三菱UFJ銀行・三井住友銀行・横浜銀行・京都中央信用金庫・みずほ銀行

また、じぶん銀行も再引き落としに対応しています。

上記以外の金融機関を利用している場合、振込で支払いをします。

JCBは「JCBカード」の再引き落としスケジュールと同じです。

金融機関によって再引き落としスケジュールが異なるので、こちらのページでご確認ください。
参照▶▶再度のお支払日について/JCBカード

VIASOカードの再引き落としスケジュール

VIASOカードの再引き落としスケジュールは「ニコスカード」と同じです。

引き落とし口座が次の金融機関の方は、引き落とし日の翌日から翌月15日まで、毎営業日引き落としを行っています。

か行

熊本銀行

さ行

埼玉りそな銀行、滋賀銀行、常陽銀行、親和銀行

た行

千葉銀行

な行

南都銀行

は行

八十二銀行、百五銀行、肥後銀行、広島銀行、福岡銀行、北海道銀行、北洋銀行

ま行

みずほ銀行(※)、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、武蔵野銀行

や行

横浜銀行

ら行

りそな銀行

※支払い金額が2,000円未満の場合などは、再引き落としの対象にならないケースもあります。

なので、記帳するなどして必ずご確認ください。

再引き落としに対応していない金融機関の場合、振込で支払うことになります。

DCカードの再引き落としスケジュール

引き落とし口座が次の金融機関の方は、引き落とし日以降でも毎営業日引き落としを行っています。

ただし、金融機関によって引き落とし期間が異なるので、以下のページよりご確認ください。
▶▶各金融機関での毎営業日口座引落しの期間について

あ行

青森銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、岩手銀行

か行

紀陽銀行

さ行

埼玉りそな銀行、滋賀銀行、親和銀行

た行

富山第一銀行

な行

南都銀行

は行

八十二銀行、百十四銀行、広島銀行、福井銀行、北洋銀行

ま行

みずほ銀行(※)、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みなと銀行

や行

山形銀行、山口銀行、山梨中央銀行、横浜銀行

ら行

りそな銀行

上記以外の金融機関をご利用の方は、振込で支払うことになります。

JALカードの再引き落としスケジュール

発行会社・ブランドによって再引き落としの有無が異なるので、下記の連絡先までお問い合わせください。

●JAL・JCBカード◆JCBインフォメーションセンター
Tel:0422-76-1700 / 06-6941-1700
(9:00~17:00/年中無休)
●JAL・Visaカード
●JAL・Mastercard
●JALカード
TOKYU POINT ClubQ
◆DCカードコールセンター
Tel:03-3770-1177 / 06-6533-6633
(9:00~17:00/年末年始は休み)
●JAL
ダイナースカード
◆ダイナースクラブ コールセンター
Tel:0120-074-024
(24時間/年中無休)
●JALカードSuica◆ビューカードセンター
Tel:03-6685-7000
(9:00~17:30)
●JALカード
OPクレジット
◆小田急カード専用デスク
Tel:0422-72-0030
(9:00~21:00/年末年始は休み)
●JAL アメリカン・
エキスプレス・カード
◆MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードデスク
Tel:0570-001-103 / 03-5489-6182
(9:00~17:00/年末年始は休み)
ANAカードの再引き落としスケジュール

ANAカードの再引き落としスケジュールは、発行会社に準じます。

VISA/MasterCardの場合は「三井住友カード」の再引き落としスケジュールと同じです。

お支払い日が毎月10日の方

■月末まで毎営業日に再引き落としを行う金融機関
三井住友銀行/みずほ銀行

■特定の日に再引き落としを行う金融機関
りそな銀行/ゆうちょ銀行/三菱UFJ銀行/ジャパンネット銀行/セブン銀行など
詳細はこちら▶▶お支払い日い間に合わなかった場合は

お支払い日が10日で、再引き落としの対象外の金融機関を利用している

→信用管理部に電話

お支払い日が毎月6日・8日の方

→信用管理部に電話

【信用管理部】
東京:03-6738-7130
大阪:06-6223-6511
受付時間:9時〜17時
(土日祝日、年末年始は休業)

JCBは「JCBカード」の再引き落としスケジュールと同じです。

金融機関によって再引き落としスケジュールが異なるので、こちらのページでご確認ください。
参照▶▶再度のお支払日について/JCBカード

セブンカードの再引き落としスケジュール

再引き落としスケジュールは「ご利用の金融機関によって異なり」ます。

詳しくはコールセンターまでお問い合わせください。

【セブンカード コールセンター】
東京:0422-41-7110
大阪:06-6949-0763
札幌:011-222-5465
営業時間:9時〜20時
(年中無休)

JAカードの再引き落としスケジュール

JAカードの再引き落としスケジュールは「ニコスカード」と同じです。

引き落とし口座が次の金融機関の方は、引き落とし日の翌日から翌月15日まで、毎営業日引き落としを行っています。

か行

熊本銀行

さ行

埼玉りそな銀行、滋賀銀行、常陽銀行、親和銀行

た行

千葉銀行

な行

南都銀行

は行

八十二銀行、百五銀行、肥後銀行、広島銀行、福岡銀行、北海道銀行、北洋銀行

ま行

みずほ銀行(※)、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、武蔵野銀行

や行

横浜銀行

ら行

りそな銀行

※支払い金額が2,000円未満の場合などは、再引き落としの対象にならないケースもあります。

なので、記帳するなどして必ずご確認ください。

再引き落としに対応していない金融機関の場合、振込で支払うことになります。

エディオンカードの再引き落としスケジュール

エディオンカードは「オリコ発行」の場合のみ再引き落としを行っています。

再引き落としに対応している金融機関の場合「12日」に再引き落としを行います。

その際、遅延損害金・催告手数料が発生します。

ご利用の金融機関が再引き落としに対応しているか?

確認する場合は「オリコサービスセンター」にお問い合わせください。

エネオスカードの再引き落としスケジュール

再引き落としに対応している金融機関をご利用の方は、再引き落としの案内が郵送で届きます。

発送日は10日前後、再引き落とし日は「17日」です。
参照▶▶再引き落としのご案内・振込用紙の発送日等をお支払いください。/ENEOSカード

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

再引き落としが行われる時間は何時?

【ここでのポイント】

  • 金融機関(銀行)によって異なる
  • 詳しい引き落とし時間は金融機関に電話で確認

 

クレジットカード会社によって、再引き落としが行われる日にちが異なります。

では、再引き落とし日の何時に処理が行われるのか?というと…

引き落とし時間は金融機関(銀行)によって異なります。

基本的には1日二回引き落としが行われていますが、中には1日一回しか引き落としをしない金融機関もあります。

なので、再引き落としが行われる前日までに必ず入金をしてください。

もし間に合わない、遅れそうな時は「カード会社」に電話をして、その旨を相談してください。

※下記の項目で、主要銀行(都市銀・地銀・ネット銀行)の引き落とし時間をまとめています。

主要銀行の引き落とし時間まとめ(都市銀・地銀・ネット銀行)


※下記の+ボタンをタッチすると、それぞれの銀行の引き落とし時間を確認できます。
■都市銀→三菱UFJ/みずほ/三井住友/りそな/新生/ゆうちょ■
都市銀行・メガバンクの引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
三菱UFJ銀行0時〜1時ころ夜間
みずほ銀行0時〜順次夜間
三井住友銀行0時〜順次夜間
りそな銀行0時ころ19時までに順次
新生銀行4時〜順次19時〜順次
ゆうちょ銀行9時21時
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■ネット銀行→ソニー/イオン/楽天/ジャパンネット/セブン■
ネット銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
ソニー銀行0時〜順次夜間
イオン銀行0時〜順次夜間
楽天銀行5時〜順次19時〜順次
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行9時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■地方銀行→横浜/福岡/静岡/千葉/北洋■
大手地方銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
本支店によって引き落とし時間が異なることがあります。正確な時間については、本支店(取引店)に電話をしてご確認ください。
銀行名一回目二回目
横浜銀行0時〜順次夜間
福岡銀行0時〜順次夜間
静岡銀行0時〜順次夜間
千葉銀行0時〜順次夜間
北洋銀行0時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

再引き落としに間に合わないとどうなるの?

【ここでのポイント】

  • 通知の案内や催促の電話が届く
  • 信用度が著しく低下する
  • カード会社の社内データに記録される

 

通常の引き落とし(約定返済日に行われる引き落とし)ができなかった時点で、遅延扱いになります。

そして、遅延扱いになると「遅延損害金、カード利用停止、信用度低下」などの問題が生じます。
参照▶▶残高不足で引き落としができなかった時に生じる問題

ただ…

再引き落としに間に合わない、遅れてしまうと、より重いペナルティが課せられます。
(一発で強制解約になることはありませんが…)

具体的にはどんなペナルティが課せられるのか?というと、例が次の通り。

  • スマホ(携帯)に催促の電話がくる
    →再引き落としができていませんが…という内容
  • 通知書(振込の案内)が郵送で届く
    →◯日までに△円をお支払いください、という内容
  • カード会社の社内データに記録される
    →信用情報機関には記録されないものの、カードを利用するうえで不利な条件がつきまとう

※カード会社によってペナルティの内容(対応の内容)は異なります。

また、遅延の期間が長引くと、自宅や勤務先にも電話がくるようになります。

返済能力が低いと判断され、限度額が引き下げられることもあります。
参照▶▶【クレジットカードの遅延】支払いに遅れた時の対処法|延滞は絶対ダメ!

再引き落としができないと信用情報機関に記録されるの?

【ここでのポイント】

  • 基本的には記録されない
  • 引き落とし(再引き落とし)ができない時は遅延扱いになる
  • 信用情報機関に記録されるのは「延滞扱い」になったら

 

再引き落としができなかったとしても、基本的には信用情報機関に記録されません。

ですが、カード会社の社内データには記録されます。

「引き落とし・再引き落としができなかった」と記録されると、信用度が著しく低下し、増額審査の時なども不利になります。

信用情報機関に記録されるのはどんな時?

引き落としができなかった…ということが何回も続く場合は、信用情報機関に記録される恐れがあります。

また、遅延期間が長引き「延滞扱い」になった時は、信用情報機関に情報が記録されます。

【遅延と延滞の違い】

  • 遅延・・・延滞に該当しない短期の返済遅れ
  • 延滞・・・61日以上または3ヶ月以上にわたる返済遅れ

延滞の方が重いペナルティが課せられます。
(限度額引き下げ、信用情報機関への記録、強制解約など)

参照▶▶【クレジットカードの延滞】滞納すると生じる問題と回避するための方法

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

再引き落としできたはずなのにクレジットカードが使えない理由とは?

【ここでのポイント】

  • 金融機関からカード会社に反映の結果がすぐには届かないから
  • 2〜4営業日ほどかかることもある
  • 詳細はカード会社に電話で問い合わせ

 

前日までに入金して、再引き落としも間違いなくできている。

けど、なぜかクレジットカードが使えない…という現象が起こり得ます。

再引き落としができているのであれば、まずは問題ありません。

では、なぜクレジットカードが使えないのか?というと、タイムラグが発生しているためです。

金融機関からカード会社に「引き落としの結果」が送られるのですが、この処理に2〜4営業日ほどかかります。

なので、再引き落としが行われてすぐには利用が再開できないんです。

詳細については、カード会社に電話をしてお問い合わせください。

再引き落とし後、利用が再開されるのはいつから?

【ここでのポイント】

  • 再引き落とし日から2〜4営業日ほど経ったら再開される
  • 金融機関からカード会社に結果が送られるまでに時間がかかるため
  • 再引き落としがちゃんとできていれば、間違いなく再開される

 

先ほどの項目(見出し)でも紹介しているように、再引き落とし〜利用再開までに時間がかかるケースがあります。

早ければ再引き落とし後すぐに再開されますが、場合によっては2〜4営業日ほどかかります。

なので、再引き落としができているのに利用が再開されない〜という時は、カード会社に電話をして問い合わせてみましょう。

まとめ

  • 再引き落としの有無はカード会社ごとに異なる
  • 再引き落としの前日までに必ず入金すること
  • 間に合わない時はカード会社に電話で相談
  • 再引き落としができないと、さらに重いペナルティが課せられる
  • 場合によっては限度額が引き下げられることも