スポンサーリンク

【クレジットカード】支払い遅れで使えない!いつから再開、使えるの?

クレジットカードの支払いに遅れると、ペナルティとして利用停止になります。

限度額に達していない状態でも使えなくなるので、注意が必要です。

また、利用停止の他にも、遅延損害金や信用度低下などのペナルティが生じます。

もし支払いに遅れると、いつから利用停止になるのか?

停止を解除して利用を再開するにはどうすればいいのか?

詳細をチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 利用停止になるタイミングはカード会社によって異なる
  • 早いと引き落とし日の翌営業日に利用停止に
  • 停止を解除するには支払いを済ませる必要あり
  • 再引き落とし・振込・ATMなどで支払う
  • 支払い当日〜4営業日以内には停止が解除され、利用を再開できる

クレジットカードの支払いに遅れると利用停止になる

【ここでのポイント】

  • 支払い遅れ=引き落としができなかった
  • 返済日を守らなかった=遅延扱いになる
  • 遅延損害金やカード利用停止などのペナルティが生じる

 

クレジットカードは会社ごとに締め日・支払日(引き落とし日)が設定されています。

ですが、引き落とし処理が行われる時に口座残高が不足していると、正常に処理が行われません。

その結果、遅延扱いになります。

例えば、引き落とし額が3万円で、口座残高が28,000円だったとします。

「あとたった2,000円…」という状況ですが、1円も引き落としは行われません。

そのため、引き落とし日以降も口座残高は28,000円のままです。

引き落とし日が変わったのかな?と勘違いしそうですが…そうではありません。

引き落としができず遅延扱いになっているため、クレジットカードの利用が停止されている状態です。

また、遅延損害金も発生し、カード会社の社内データにも記録されています。

「あれ?クレジットカードが使えない…。利用可能額には達していないはずなのに」

という時は、遅延による利用停止を疑ってください。
参照▶▶【クレジットカード】引き落とし日に残高不足を起こすとどうなるのか?

支払い遅れで利用停止になるタイミングはいつ?

【ここでのポイント】

  • カード会社によって利用停止になるタイミングは異なる
  • 利用停止になるタイミングは主に3つある
  • 詳細はカード会社に問い合わせを

 

引き落としができなかったら、即時利用停止になるわけではありません。

また、引き落とし日のうちに入金(支払い)をすれば、当日扱いでの返済になり、何のペナルティも受けない可能性があります。
参照▶▶当日入金でも引き落としに間に合う?何時までに入金すればいいの?

では、入金が間に合わず引き落としができなかったら、いつ・どんなタイミングで利用停止になるのか?

タイミングは会社ごとに異なりますが、主に3つあります。

1.約定返済日の翌営業日(再引き落としなし)

再引き落としを行っていないカード会社の場合、基本的には約定返済日(引き落とし日)の翌営業日に利用停止になります。

2.約定返済日の翌営業日(再引き落としあり)

再引き落としを行っているけど、その前に利用停止になるケースもあります。

利用停止になるタイミングは、約定返済日(通常の引き落とし日)の翌営業日です。

3.再引き落とし日の翌営業日

再引き落としを行っており、再引き落としが問題なくできれば利用が再開されます。

ですが、またしても残高不足で再引き落としができないと、翌営業日には利用停止になります。

支払い遅れ以外にも原因がある!使えなくなる主な原因

【ここでのポイント】

  1. 利用限度額に達した、オーバーした
  2. クレカそのものの不具合・破損
  3. 規約違反を犯した

 

引き落としができず「遅延扱い」になる他にも、このようなことが原因で利用停止になることがあります。

1.利用限度額に達した、オーバーした

クレジットカードには利用者ごとに「利用限度額」が設定されています。

利用限度額はショッピング枠・キャッシング枠の2つがあります。

それぞれ限度額の上限に達すると、機能が使えなくなります。

ペナルティというわけではありませんが、繰り上げ返済などをして余裕を作らないと、ショッピング枠・キャッシング枠を利用することができません。

2.クレカそのものの不具合・破損

クレジットカードは消耗品・劣化品です。

なので、長期間使っていると不具合や破損が生じます。

また、圧迫が原因で変形し使えなくなることも。

クレジットカードの破損については、下記のページでまとめられているので、参考にしてみてください。

3.規約違反を犯した

クレジットカードには規約があります。

そして、規約違反を犯したことがバレると利用停止になる恐れが。
(最悪、強制解約もありえます)

代表的な強制解約の例が、現金化や人に貸す行為です。

現金化とは、家電製品や宝飾品をクレカで購入し、それを売る行為。

「今すぐ現金が必要!」という人がやりやすい行為です。

現金化も人に貸す行為もバレなそうなイメージがありますが…

怪しい使い方をすると、フラグが立つ仕組みになっています。

スポンサーリンク

いつから使えるようになる、再開するの?

【ここでのポイント】

  • 再引き落としや振込などで支払いをしないと再開されない
  • 金融機関からカード会社に支払いの結果が届き次第、再開される
  • 支払いをした当日〜4営業日以内には再開される

 

遅延によって使えなくなった(利用停止になった)場合は、支払いをして停止を解除する必要があります。

支払い方法は「再引き落とし」や「指定口座への振込」があります。
参照▶▶支払いに遅れた(引き落としができなかった)時の支払い方法について

ただ、注意点があります。

支払い方法などによって、利用が再開されるタイミングが異なります。

なぜタイミングが異なるのか?というと、金融機関からカード会社に支払いの結果が届くまでにタイムラグが生じるからです。

早ければ支払った当日に再開されますが、2〜4営業日ほどかかることもあります。

利用が再開されるタイミングについては、カード会社に電話をして確認しましょう。

※連絡先はお持ちのカード裏面に記載してあります。