スポンサーリンク

【みずほ銀行】ATMが使えない日や時間はいつ?システム移行作業中は要注意!

みずほ銀行ATMが使えない日時をまとめました。

2018年6月〜19年2月上旬にかけて、みずほ銀行・みずほ信託銀行はシステム移行作業を行います。

それに伴い、ほぼ毎月「利用停止日・臨時休止日」が設けられます。

利用停止日はみずほ銀行ATMやオンラインサービス、提携ATM(銀行・コンビニ)の利用ができなくなります。

なので、事前に現金を引き出しておかないと、利用停止期間中はお金がない!使えない!という状況になる恐れがあります。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 18年〜19年にかけてシステム移行作業が行われる
  • それに伴い、みずほ銀行ATMが使えない日が増える
  • 8月を除き、毎月「臨時休止日」が設けられる
  • スケジュールはみずほ銀行のホームページで確認
  • 事前に現金をおろしておく必要あり
  • 提携ATM(銀行・コンビニ)も利用不可
  • 利用停止期間中は引き出し・預け入れが一切できない

【要確認】期間中はすべてのATMでみずほ銀行キャッシュカードが使えません

必須確認事項です。

利用停止(臨時休止)期間中は、すべてのATMでみずほ銀行キャッシュカードが使えません。

みずほ銀行ATMはもちろんのこと、提携ATM(銀行ATM・コンビニATM)でキャッシュカードが使えなくなります。

みずほ銀行が提携している金融機関が下記の通りです。

【銀行ATM】
イオン銀行/ゆうちょ銀行/スルガ銀行

【コンビニATM】
セブン銀行ATM/ローソンATM/イーネットATM

【その他】
VIEW ALTTE(ビューアルッテ)/Patsat(ステーションATM)

 

みずほ銀行を含み、上記すべてのATMでキャッシュカードが使えないので、くれぐれも注意してください。

利用停止(臨時休止)期間を迎える前にやっておくこと

【ここでのポイント】

  • スケジュールの確認
  • お金の確保(事前に引き出しておく)

 

システム移行作業に伴う利用停止日(臨時休止日)は、18年6月〜19年2月上旬にかけて、ほぼ毎月設けられます。

みずほ銀行のホームページでも確認できますが、こちらにも記載しておきます。

  • 6月9日(土)22時〜11日(月)8時
  • 7月14日(土)0時〜17日(火)8時
  • 9月8日(土)0時〜10日(月)8時
  • 10月6日(土)0時〜9日(火)8時
  • 11月10日(土)9時〜12日(月)8時
  • 12月15日(土)0時〜17日(月)8時
  • 19年1月12日(土)0時〜15日(火)8時
  • 2月9日(土)0時〜12日(火)8時

利用停止(臨時休止)期間中は、すべてのATMでみずほ銀行キャッシュカードが使えません。

なので、必ず事前に現金を引き出しておきましょう。

予備口座がある場合は大丈夫ですが、みずほ銀行しか利用していない…という方は、特に注意が必要です。

利用停止のことを知らないと「所持金が500円しかない!」とか「ATMが使えないとヤバイ!」という状況になり、お金が本当にないという危機に陥ります。

事実、2013年にはこのようなトラブルが起きています。
参考▶▶みずほ銀行ATM停止で阿鼻叫喚 「油断した」「所持金200円しかない」

このようなことにならないよう「スケジュールの確認」と「お金の確保(事前の現金を引き出しておく)」ことを徹底しましょう。

2018年〜19年はみずほ銀行ATMが使えない日が増える

みずほ銀行とみずほ信託銀行は、2018年〜19年にかけて大規模なシステム移行をします。

それに伴い、19年2月上旬までの週末や連休に「計28日間」の利用停止日(臨時休止日)が設けられます。

また、19年上半期にも数日間の利用停止日が設けられる予定です。

利用停止日(臨時休止日)のスケジュールは、みずほ銀行のホームページに記載されるので、必ず確認してください。
▶▶オンラインサービスの臨時休止について

利用が停止されるサービス・機能

  • みずほ銀行のATM/CD・通帳繰越機の利用
  • みずほ銀行・カードローンによるすべてのATMの利用
    (みずほ銀行以外の提携金融機関、コンビニATMを含む)
  • みずほダイレクト などなど

参照▶▶オンラインサービスの臨時休止について

 

利用停止日(臨時休止日)は、みずほ銀行のATMやEBサービス、みずほダイレクトなど、すべてのオンラインサービスが使えなくなります。

なので、利用停止日があることを把握していないと「あれ?なんで使えないの!?」という状況になってしまいます。

事前に利用停止日を確認することはもちろんですが、必要に応じて前もって現金を引き出しておくこともお忘れなく。

2018年〜19年にかけて、みずほ銀行ATMが使えない日を確認

※画像をタッチすると拡大表示されます。

画像引用元▶▶オンラインサービスの臨時休止について

  • 6月9日(土)22時〜11日(月)8時
  • 7月14日(土)0時〜17日(火)8時
  • 9月8日(土)0時〜10日(月)8時
  • 10月6日(土)0時〜9日(火)8時
  • 11月10日(土)9時〜12日(月)8時
  • 12月15日(土)0時〜17日(月)8時
  • 19年1月12日(土)0時〜15日(火)8時
  • 2月9日(土)0時〜12日(火)8時

システム移行作業に伴う利用停止日(臨時休止日)が、上記の通りです。

8月を除き毎月、利用停止日が設けられます。

利用停止日の間は、みずほ銀行ATMやオンラインサービスなど、すべての機能を利用することができません。

事前に現金を引き出しておく、もしくは提携ATMを利用するなどの工夫が必要になります。

まとめ

  • 18年〜19年にかけて「28日間」の利用停止日が設けられる
  • みずほ銀行ATMやオンラインサービスなど、すべての機能が使えなくなる
  • 提携ATM(銀行・コンビニ)も利用不可
  • 事前に現金を引き出しておく必要あり
  • 利用停止日(臨時休止日)のスケジュールは必ずチェック!