スポンサーリンク

【みずほ銀行】キャッシュカードを再発行する方法や手数料、所要日数について

みずほ銀行のキャッシュカードを紛失した。

磁気不良やICのチップの破損、割れたり折れたりしたことが原因で、みずほ銀行のキャッシュカードが使えなくなった。

このような場合は、所定の方法で「再発行」が必要です。

再発行の方法とあわせて、必要なものや手数料、所要日数などをチェックしていきましょう!

【確認必須】

18年6月〜19年2月にかけて、みずほ銀行ATMが使えない日時(臨時休止日)がでてきます。

みずほ銀行ATMだけでなく、提携ATM(銀行・コンビニ)も一時的に使えなくなるので、必ずスケジュールを確認してください。
▶▶【みずほ銀行】ATMが使えない日や時間はいつ?システム移行期間中は要注意!
■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 再発行手続きの方法は3つ
    ・店舗で手続き→所要日数は約10日
    ・インターネットで手続き→所要日数は1〜2週間
    ・電話で手続き→所要日数は約10日
  • 店舗で手続きする場合は必要な持ち物がある
    (印鑑・本人確認書類など)
  • 手数料は1,000円(税別)
スポンサーリンク

みずほ銀行のキャッシュカードを再発行する方法|店舗・ネット・電話

【ここでのポイント】

  • みずほ銀行の店舗で手続き
    →所要日数は約10日
  • インターネットで手続き
    →所要日数は1〜2週間
  • 電話で手続き
    →所要日数は約10日

 

みずほ銀行のキャッシュカードを紛失した、破損した。

この場合、3つの方法で再発行手続きができます。

インターネットからも再発行手続きができますが、手順を確認しながら・疑問点を相談しながら手続きするなら、店舗もしくは電話がおすすめ。

みずほ銀行のスタッフさんと直接会話をしながら手続きができるので、安心感もあります。

以下、それぞれの方法の詳細になります。

店舗で手続き

最寄りのみずほ銀行店舗で再発行手続きを行います。

取引店でなくても大丈夫。

自宅や会社の近くにある店舗、外出先で見かけた店舗など、どこの店舗でも再発行手続きができます。

ただ、紛失したのか?破損したのか?によって、必要な持ち物が異なります。

 

【紛失したキャッシュカードを再発行する】

必要な持ち物
  • 取引印鑑
  • 本人確認書類
    (運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カードなど)
  • 手数料税別1,000円

【破損したキャッシュカードを再発行する】

必要な持ち物
  • 破損・き損したキャッシュカード
  • 手数料税別1,000円

※暗証番号を失念している場合などは、本人確認書類が必要

 

必要な持ち物を準備したら、最寄りのみずほ銀行の本支店に行きましょう。

ただ、曜日や時間帯によっては大変混雑しています。

また、住んでいる地域によっては本支店に行くのも一苦労です。

待つのが面倒、行くのが面倒な方は、インターネットや電話で再発行手続きを行いましょう。

インターネットで手続き

みずほダイレクト(インターネットバンキング)からも、キャッシュカードの再発行手続きが可能です。

 

  1. みずほダイレクトにログイン
  2. 「各種手続き」メニューを選択
  3. 「通帳・カードの再発行」から手続きを進める

 

こちらも税別1,000円の手数料が必要です。
(後日、口座振替で支払う)

また、再発行手続きが完了すると、翌営業日には古いキャッシュカードが使えなくなります。

新しいキャッシュカードが届くまで、カードでの取引が利用できないので注意が必要です。

※申込み後1〜2週間ほどで新しいキャッシュカードが郵送(簡易書留)で届きます。

電話で手続き

電話でも再発行手続きが可能です。

ただ、紛失したのか?破損したのか?によって、申込先などが異なります。

 

【紛失したキャッシュカードを再発行する】

  • 連絡できる時間帯が平日9時〜18時の場合
    →取引店に電話をする
  • 連絡できる時間帯が上記以外(土日祝日)の場合
    →みずほ銀行喪失受付センターに電話をする
    (0120-415-415)

※後日、再発行手数料(税別1,000円)が口座から引き落とされます

 

【破損したキャッシュカードを再発行する】

→IC不良・磁気不良再発行専用フリーダイヤルに電話をする
→(0120-415-881)

※後日、再発行手数料(税別1,000円)が口座から引き落とされます。

再発行申込みは原則本人のみ!委任状があれば代理人でも大丈夫

【ここでのポイント】

  • 原則、持ち主本人が手続きをする必要あり
  • 委任状があれば代理人の手続きを受け付けてくれる

 

みずほ銀行のキャッシュカードを再発行する時は、原則として所有者本人が手続きをする必要があります。

ですが、場合によっては本人が手続きできないこともあります。

その時はみずほ銀行に電話をして相談してみましょう。

委任状があれば本人以外(代理人)の再発行手続きを受け付けてくれる可能性があります。

キャッシュカードを再発行する時に必要なもの

【ここでのポイント】

  • 届出印
  • 本人確認資料
  • 手数料(税別1,000円)
  • 破損・き損したキャッシュカード
    (破損したカードを再発行する場合のみ)

 

みずほ銀行の店舗で手続きをする場合は、必要な持ち物があります。

また、再発行する理由(紛失・破損)によって異なります。

 

【紛失したキャッシュカードを再発行する】

必要な持ち物
  • 取引印鑑
  • 本人確認書類
    (運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カードなど)
  • 手数料税別1,000円

【破損したキャッシュカードを再発行する】

必要な持ち物
  • 破損・き損したキャッシュカード
  • 手数料税別1,000円

※暗証番号を失念している場合などは、本人確認書類が必要

スポンサーリンク

キャッシュカードの再発行は即日でできない!

【ここでのポイント】

  • できない
  • 最短でも1週間ほどかかる

 

みずほ銀行のキャッシュカードは、即日再発行することができません。

一部の銀行であれば、即日再発行に対応しているのですが...
(三井住友、新生など)

みずほ銀行は即日再発行に対応していません。

最短でも1週間はかかります。

キャッシュカードの再発行にかかる日数は1〜2週間くらい

【ここでのポイント】

  • 店舗・電話手続き→約10日
  • インターネット(みずほダイレクト)手続き→1〜2週間

 

キャッシュカードの再発行にかかる日数は、申込み方法によって異なります。

最短日数はインターネット手続きの1週間。

ですが、手続きの状況によっては最長で2週間ほどかかります。

店舗・電話で手続きのした場合も10日ほどかかります。

申込み方法によって前後するものの、1日でも早く再発行するのであれば「インターネット(みずほダイレクト)」から手続きをするのがベストです。

キャッシュカードの再発行にかかる手数料は1,000円(税別)

【ここでのポイント】

  • 手数料は税別1,000円かかる
  • ただし、条件を満たせば無料で再発行できる

 

みずほ銀行のキャッシュカードの再発行手数料は「1,000円(税別)」です。

店舗手続きの場合は窓口で支払い、インターネット・電話手続きの場合は「口座振替(引き落とし)」で支払います。

 

ただ、一定の条件を満たしていれば、手数料無料で再発行してくれます。
(みずほマイレージクラブのうれしい特典に該当している場合など)

こちらの詳細はみずほ銀行の店舗もしくは電話でご確認ください。

みずほ銀行のキャッシュカードの再発行が必要になる3つの場面

【ここでのポイント】

  • 磁気不良
  • 破損(割れた・欠けた)
  • 紛失

 

みずほ銀行のキャッシュカードが必要になる場面は、主に3つあります。

磁気不良

みずほ銀行のキャッシュカードは消耗品なので、長く使うほど劣化します。

ATMに挿入しても読み取ってくれない場合などは、磁気不良を起こしている可能性があります。

破損(割れた・欠けた)

他のカード類と一緒に保管していると、圧迫により変形することもあります。

また、床に落とした衝撃で割れたり欠けたりすることも、

紛失

財布の中に入れていたから、キャッシュカードや免許証などをすべて紛失…ということもあります。

焦って気が動転しますが、紛失した時は落ち着いて手続きをすることが大切です。

キャッシュカードを再発行したら古いカードはどうすればいい?

【ここでのポイント】

  • みずほ銀行に処分してもらう
  • もしくは自力で処分する

 

みずほ銀行のキャッシュカードを再発行すると、古いカードは不要になります。

なので、処分してしまって大丈夫です。

みずほ銀行の窓口でも処分してもらえますし、自力で処分してもOKです。

自力で処分する時は、できるだけ細かく裁断してゴミとして捨てましょう。

まとめ

  • 再発行手続きの方法は3つ
    ・店舗で手続き→所要日数は約10日
    ・インターネットで手続き→所要日数は1〜2週間
    ・電話で手続き→所要日数は約10日
  • 店舗で手続きする場合は必要な持ち物がある
    (印鑑・本人確認書類など)
  • 手数料は1,000円(税別)