スポンサーリンク

【みずほ銀行】ATMからお金を下ろせない5つの原因と対処法

みずほ銀行ATMや提携ATMからお金を下ろせない!

残高は十分にあるのに下ろせない。キャッシュカードを挿入してもエラーが表示される。

この場合に考えられる5つの原因と対処法をまとめました。

原因がわからない、どうすればいいのかわからない時は、ぜひ参考にしてください!

【確認必須】

18年6月〜19年2月にかけて、みずほ銀行ATMが使えない日時(臨時休止日)がでてきます。

みずほ銀行ATMだけでなく、提携ATM(銀行・コンビニ)も一時的に使えなくなるので、必ずスケジュールを確認してください。
▶▶【みずほ銀行】ATMが使えない日や時間はいつ?システム移行期間中は要注意!
■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • キャッシュカードの不具合や暗証番号間違えなどが考えられる
  • 原因がわからない時は、すぐみずほ銀行の取引店に電話
  • システム移行作業中はすべての機能が使えないので要注意!

みずほ銀行ATM(提携ATM含む)からお金を下ろせない原因と対処法

【ここでのポイント】

  1. ATMが営業時間外
  2. キャッシュカードの不具合・破損
  3. 暗証番号を間違っている
  4. 一日の利用限度額に達している
  5. システム移行中(メンテナンス中)

 

残高は十分にあるはずなのに、なぜかお金を下ろせない(引き出せない)

という時に考えられる原因がこの5つです。

原因の詳細とあわせて、それぞれの対処法も見ていきましょう。

1.ATMが営業時間外

みずほ銀行のキャッシュカードは、みずほ銀行ATMの他に提携ATMでも利用できます。

イオン銀行/ゆうちょ銀行/スルガ銀行/セブン銀行/ローソンATM/イーネットATM/VIEW ALTTE/Patsat

大手コンビニチェーンであれば、どこでも利用できます。

銀行は一部のみですが、イオン銀行ATMは平日8時45分〜18時まで手数料が無料です。

ただ、それぞれのATMで営業時間(稼働時間)が異なります。

24時間利用できるATMもありますが、深夜〜早朝にかけて営業を停止しているATMもあります。

ATMの営業時間については、こちらで確認できます。
▶▶みずほ銀行のキャッシュカードが使える提携ATM

対処法

「営業時間内」に利用するのが唯一の対処法です。

手数料無料で利用したいなら、平日8時45分〜18時までにイオン銀行を利用しましょう。

また、コンビニATM(セブン銀行・ローソンATM・イーネットATM)であれば、24時間いつでも利用できます。

ただ、100円(税別)〜200円(税別)の手数料がかかるのがネック。

急な出費がある(深夜や早朝に)時の緊急手段として利用するのがベストです。

2.キャッシュカードの不具合・破損

みずほ銀行のキャッシュカードは消耗品(劣化品)です。

他のカード類と擦れて、その摩擦で傷がつく。

圧迫されて変形する(折れる・割れる)こともあります。

多少の傷であれば問題なく使えますが…

変形している状態でATMに入れると、ATMからキャッシュカードが出てこない、ATMが使えなくなるというトラブルが生じることも。

折れている・割れている時は要注意です。

また、ATMに挿入してもエラーで戻ってくる場合は、キャッシュカードに磁気不良が生じている可能性があります。
関連記事▶▶【クレジットカードの磁気不良】緊急時の復活方法と原因まとめ

対処法

不具合(磁気不良・破損)が生じた場合は、再発行が必要です。

みずほ銀行のキャッシュカードは、店頭窓口・インターネット・電話で再発行手続きが可能。

ただし、手続きしてすぐに再発行されません。

申込み方法によって所要日数は異なりますが、最短でも1週間ほど〜長引くと2週間ほどかかります。

また、再発行手数料として1,080円かかります。

再発行手続きについては、こちらのページで詳細を確認できます。
▶▶【みずほ銀行】キャッシュカードを再発行する3つ方法

3.暗証番号を間違っている

タッチパネルやダイヤルを押し間違えると、暗証番号エラーで取引できません。

2回目〜3回目で接続できれば問題ありませんが、何度も暗証番号を間違えると「ロック」がかかります。

ロックがかかると「このカードは取り扱いができません」というメッセージが表示されます。

対処法

ロックがかけられると、みずほ銀行の本支店に行き「解除手続き」が必要になります。

この時、必要な持ち物が下記の通り。

  • 通帳
  • キャッシュカード
  • 取引印鑑
  • 本人確認書類

手続きが完了すれば、すぐにロックが解除され利用を再開できます。

また、暗証番号を忘れた時もみずほ銀行の本支店で確認手続きができます。

本支店まで行くのは面倒ですが、ロック解除・暗証番号確認をするにはこの方法しかありません。

4.一日の利用限度額に達している

みずほ銀行のキャッシュカードには「利用限度額」が設定されています。

引出し・振込み・振替え限度額については、こちらで詳細を確認できます。
▶▶みずほ銀行キャッシュカードの利用限度額について

※キャッシュカードの種類や利用するATMによって限度額が異なります
(引出し限度額は50万円〜100万円、振込み限度額は100万円〜200万円)

対処法

一日の利用限度額は「変更」が可能です。

みずほ銀行の本支店窓口や、みずほダイレクト(テレホンバンキング)などで変更ができます。

100万円単位で取引する機会がある方は、所定の方法で限度額を変更しましょう。

5.システム移行中(メンテナンス中)

みずほ銀行は18年6月〜19年2月上旬にかけて、システム移行を行います。

システム移行作業中は、みずほ銀行のサービス利用が一時的に停止されます。

みずほ銀行ATMだけでなく、提携ATM(銀行・コンビニ)も利用できなくなり、お金を下ろすことができなくなります。

※システム移行のスケジュールに関しては、こちらのページで確認できます。
▶▶【みずほ銀行】ATMが使えない日や時間はいつ?システム移行作業中は要注意!

対処法

システム移行作業に関しては、利用者側でできる対処法がありません。

どんな事情があるにせよ、作業期間中はみずほ銀行のサービス(ATM・みずほダイレクトなど)を利用することができません。

なので、事前にお金を下ろしておきましょう。

スケジュールの確認も怠らずに。

お金を下ろせない時はすぐみずほ銀行の取引店に電話を!

ATMが使えない。キャッシュカードが使えない。お金が下ろせない。

このような状況になったら、まずはみずほ銀行の本支店に電話をしましょう。

取引店に電話をしたら「お金が下ろせない状態」ということを伝えます。

すると、担当者から詳細を尋ねられるので、今の状態や行った操作を説明してください。

やり取りをするうちに原因がわかり、それにあった対処法を案内してくれます。

どうしてもお金を下ろしたい時はみずほ銀行の窓口で出金を!

みずほ銀行の窓口に行けば、出金手続きができます。

本人が出金するのであれば、みずほ銀行の通帳と届出印、本人確認書類があればOKです。

本人以外(代理人)に出金を依頼する場合は、通帳の他に出金伝票(もしくは委任状)が必要になります。

キャッシュカードが使えない(磁気不良や破損など)時は、出金手続きをするのと同時に、再発行手続きもしておきましょう。
参考▶▶【みずほ銀行】キャッシュカードを再発行する方法や手数料、所要日数について

まとめ

  • ATMの営業時間を確認し、営業時間内に利用する
  • キャッシュカードに不具合がある場合は再発行
  • 暗証番号を忘れたら確認手続き
  • ロックがかかったら解除手続き
  • 大きい額を取引する時は限度額を変更する
  • システム移行作業中は一切の取引ができない
  • お金が下ろせない時は、みずほ銀行の取引店に電話