スポンサーリンク

【銀行キャッシュカード】再発行にかかる時間と料金はいくら?

銀行のキャッシュカードを紛失した。

破損や変形、磁気不良などで使えなくなった。

という時は「再発行」が必要になります。

店頭窓口や電話で手続きできますが、すぐには再発行されません。

では、再発行にはどれくらの日数がかかるのか?

手数料はいくらかかるのか?

詳しく見ていきましょう。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 再発行にかかる時間は最短で1週間ほど
  • 長引くと2〜3週間ほどかかる
  • 銀行によっては即日再発行が可能(一部銀行のみ)
  • 大手で対応しているのは三井住友・りそな・新生銀行のみ
  • 再発行手数料は1,000円ほど

キャッシュカードを再発行する前にやること

キャッシュカードの再発行をする場面は2つあります。

  1. 紛失・盗難
  2. 破損・変形・不具合など

それぞれの場面によって、再発行手続きをする前にやることがあります。

まずはそれを見ていきましょう。

紛失した時にやること

【ここでのポイント】

  • 利用停止手続きをする
  • 遺失届・被害届を提出する

 

キャッシュカードを紛失した、または盗難にあった。

この場合、すぐに銀行に電話をして「利用停止手続き」をしてください。

利用停止手続きを怠ると、不正利用の被害におそれがあります。

また、手続きをしないと「補填対象外」になってしまいます。

なので、必ず銀行に電話をして手続きをしてください。

<大手銀行の連絡先一覧>

みずほ銀行
  • 平日9時〜17時:各取引店
  • 営業時間外:0120-415-415
三菱UFJ銀行
  • 平日、土日祝日問わず:0120-544-565
    (24時間受付)
三井住友銀行
  • 平日9時〜17時:0120-956-999
  • 営業時間外:各取引店
りそな銀行
  • 平日8時40分〜17時:各取引店
  • 営業時間外:0120-30-1343
ゆうちょ銀行
  • 平日、土日祝日問わず:0120-794-889
    (24時間受付)

<主要ネット銀行の連絡先一覧>

ソニー銀行0120-365-723
(24時間受付)
イオン銀行03-6832-1234
(24時間受付)
楽天銀行0120-86-6910
(24時間受付)
ジャパンネット銀行0120-444-964
(24時間受付)
住信SBIネット銀行0120-974-242
(24時間受付)

※上記にない金融機関の場合は、ネットで「銀行名+キャッシュカード+紛失」もしくは「銀行名+キャッシュカード+問い合わせ先」と検索すると、連絡先を確認できます。

※緊急連絡先は休日および営業時間外も受付けていることが多いです。

破損した時にやること

【ここでのポイント】

  • ATMに挿入しない
  • お金が必要な時は通帳で取引する

 

銀行のキャッシュカードは消耗品ですから、長く使うほど劣化します。

また、保管方法や使い方が雑だと欠けたり・割れたりすることも。
(磁気不良を起こすこともあります)

破損したキャッシュカードは、絶対にATMに挿入してはいけません。

ATMから出てこなくなる、ATMが不具合を起こして使えなくおそれがあるからです。

どうしてもお金が必要(現金取引が必要)な時は、通帳を利用して取引をしましょう。

ただ、コンビニATMなどは通帳に対応していないため、銀行の本支店に行く必要があります。

ちょっと面倒ではありますが、緊急時は通帳で引出し・預入れをしましょう。

銀行のキャッシュカードを再発行する方法

【ここでのポイント】

  • 店頭窓口で手続き
  • インターネットで手続き
  • 電話で手続き

 

銀行のキャッシュカードを再発行するためには、店頭窓口やインターネット、電話で手続きする必要があります。

銀行によっては即日中に再発行してくれますが、基本的には1〜2週間ほど時間がかかります。

また、手続きが店頭窓口のみ、電話のみという銀行もあるので、事前に必ず確認してください、

再発行手続きの詳細が下記の通りです。

店頭窓口

一番確実な方法が「店頭窓口」での手続きです。

その場で行員とやり取りをしながら手続きができるので、確認漏れなどの心配がありません。

ただし、曜日や時間帯によっては窓口が混雑しているため、案内されるまでに時間がかかります。

また、必要な持ち物があるため、忘れずに持っていきましょう。

【必要な持ち物】
通帳/取引印鑑/本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)/手数料(1,000円ほど)

インターネット

インターネットバンキング(ダイレクトバンキング)に対応している銀行であれば、ネットで手続きができます。

【例】みずほ銀行/三井住友銀行など

スマホやパソコンから、その場ですぐに手続きができます。

こちらも手数料がかかりますが、後日口座から引き落とされます。

電話

窓口に行くのは面倒だけど、銀行員に相談しながら手続きをしたい…

という時は、電話で手続きをしましょう。

本人確認や口座番号の確認を行うため、手元に通帳を準備してから電話をしてください。

また、インターネットの時と同じく、手数料は後日引き落としという形で支払います。

再発行する時に必要な持ち物は?

【ここでのポイント】

  • 通帳
  • 取引印鑑(届出印)
  • 本人確認書類
    (運転免許証/健康保険証/マイナンバーカードなど)
  • 再発行手数(1,000円ほど)

 

銀行の店頭窓口で手続きをする場合、必要な持ち物があります。

どれか一つでも忘れると、手続きを受付けてくれません。

取引印鑑(届出印)がどれか分からない…という時は、思い当たる印鑑をすべて持っていきましょう。

再発行する時の注意点|手続き後は古いカードが使えなくなる

再発行手続きが受理されると、原則としてその時点で「古いカードが使えなく」なります。

なので、手続き後に「見つかった!」という時は、新しいカードが届くまで待つ必要があります。

ただ、窓口で手続きをすることで、古いカードの利用を再開できるケースもあります。

利用を再開できるかどうか?については、銀行の取引店に電話をして確認してください。

再発行にかかる時間(日数)はどれくらい?

銀行や手続き方法によりますが、最短でも1週間ほどかかります。

長引くと2〜3週間ほどかかることも。

この期間内はキャッシュカードを使って取引することができません。

なので、通帳を使っての取引になります。

ただ、コンビニATMなどは通帳に対応していないので、銀行の本支店まで行く必要があります。

即日再発行することはできないの?

できません。

ですが、一部の銀行に限り即日再発行が可能です。

【即日再発行が可能な銀行の例】
・三井住友銀行
・りそな銀行
・新生銀行
・福岡銀行
・広島銀行
・京葉銀行
・七十七銀行
・親和銀行
・熊本ファミリー銀行

 

大手の銀行で即日再発行ができるのは、三井住友/りそな/新生の3行のみです。

再発行する時の手数料はいくら?

銀行によって若干異なりますが、およそ1,000円ほどです。

窓口で手続きする場合はその場で支払い。

インターネットや電話で手続きする場合は、引き落としで支払うことになります。

再発行すると口座番号は変わるの?

再発行しても口座番号は変わりません。

これまでと同じ口座番号で利用できます。

本人以外(代理人)でも再発行できる?

原則として、再発行手続きができるのは「本人のみ」です。

事情により本人が手続きできず、代理人に任せる必要がある…

という時は、取引店に電話をして相談をしてみましょう。

場合によっては代理人でも手続きできる可能性があります。

ゆうちょ銀行は代理人でも手続き可能

大手銀行の中では「ゆうちょ銀行」が代理人手続きに対応しています。

ただし、代理人が手続きする場合は「委任状」が必要です。

まとめ

  • 再発行は店頭窓口・インターネット・電話で手続き
  • 銀行によって方法が限られるので事前に必ず確認を
  • 再発行は1週間〜3週間ほどかかる
  • 銀行によっては即日再発行が可能
  • 手数料は1,000円ほど