【体験談】確定申告の所得税をクレジットカード払いで納税してみた!

税金・公共料金

平成元年生まれの個人事業主が、クレジットカードで納税をしてみた時の体験談です。

毎年3月にやってくる確定申告。

何回やってもこの時期は胃がキリキリします。

所得税や予定納税、住民税、事業税はいくらになるんだろう?と考えっぱなしになるので、

しかも、まとまったお金が飛んでいくので、お財布へのダメージもめちゃくちゃ大きいです。

そんな時に頼りになるのが「クレジットカード」です。

今ではクレジットカードを使って納税もできるので、かなり助かっています。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

【はじめに】内容をざっくりまとめると・・・

  • 国税クレジットカードお支払サイトから手続きを進める
  • 分割払いで支払う、あとからリボ払いで支払うこともできる
  • 消費税などもクレカで支払える

確定申告の所得税をクレジットカードで払う方法

ここでは「所得税」をクレジットカードで払った時の流れをまとめていきます。

所得税だけでなく、法人税や所得税もクレジットカードで払うことができます。

流れもほとんど同じなので、ぜひ参考にしてみてください。

1.まずは「国税クレジットカードお支払サイト」にアクセス。
URL▶▶https://kokuzei.noufu.jp/

2.ご利用にあたっての注意事項を確認。

3.「上記の注意事項を確認しました」にチェックを入れ…

4.画面最下部の「同意ボタン」をクリック

5.すると、利用者情報の入力フォームが表示されます。誤字脱字のないよう、正しく入力していきましょう。

6.次は「納付内容」の入力です。納付税目の中から納める税金の種類を選択します。
(ここでは申告所得税及復興特別所得税を選択しています)

7.続けて、必要事項を入力していきます。課税期間・申告区分・合計額が必須項目になっています。

8.次に「クレジットカード情報の入力」を行います。カード番号や有効期限、支払い方法、セキュリティコードを入力しましょう。

この時、納付手続き完了メールのところにメールアドレスを入力しておくことをおすすめします。

そうすれば、手続き完了後に確認メールが届くからです。

9.最後に「手続き内容」の確認です。すべて正しく入力されているか確認し、手続きを完了させましょう。

10.手続きが完了すると、先ほど記入したアドレス宛てにこのようなメールが届きます。

【アドレス】
payend@kokuzei.noufu.jp

【件名】
国税のクレジットカード納付手続き完了のお知らせ

このメールが届いたら、納付手続きは完了です。

お疲れ様でした。

対応しているクレジットカード一覧

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • TS CUBIC CARD

 

主要ブランドであれば問題なく使えますね。

TS CUBIC CARDだけ「ん?」と思ってしまいますが…

国税クレジットカードお支払サイトは「トヨタファイナンス」が運営するサイトです。

そのため、TS CUBIC CARDも記載されているわけですね。