スポンサーリンク

【楽天Edy】オートチャージされない!できない原因と対処法まとめ

楽天Edyはオートチャージが設定できます。

一定の額を下回ると、自動的にチャージされるという機能です。

非常に便利な機能ですが、ちょっとしたことが原因でオートチャージができない時もあります。

主な原因は5つあります。

その原因の詳細と、原因ごとの対処法をチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 設定未完了や金額が設定額を下回っていないなどの可能性あり
  • オートチャージは便利だけど、設定がちょっと面倒
  • 原因がわからない・解消されない時は「Edyカスタマーデスク」に電話を
スポンサーリンク

楽天Edyにオートチャージされない!できない時は電話確認するのが一番カンタン

前回までは問題なくオートチャージできていたのに、突然オートチャージされなく(できなく)なった。

いろいろ調べて試してみたけど、よくわからないし改善されなかった…。

今すぐにでもオートチャージしたいのに!どうすればいいの?

…という時は「楽天Edyカスタマーデスク」に電話をしてみましょう。

【楽天Edyカスタマーデスク】
電話番号:0570-081-999
受付時間:平日9時30分〜19時/土日祝日10時〜18時
休業日:元旦

→オペレーターにつなぐには「8→#」と押せばOKです。

 

使っている楽天Edyの種類(Edy機能付き楽天カード、楽天Edyアプリ、おサイフケータイアプリなど)を伝え、現在の状況をオペレーターに伝えましょう。

そうすれば、的確な対処法をアドバイスしてくれるはずです。

楽天Edyのオートチャージができない原因と対処法

【ここでのポイント】

  1. オートチャージの設定手続きが未完了
    →設定手続きを完了させる
  2. オートチャージの設定金額を下回っていない
    →オートチャージの設定金額を見直す
  3. オートチャージの限度額に達している(越えている)
    →オートチャージの限度額を見直す
  4. スマホの設定ができていない
    →スマホの設定を見直す
  5. 登録したクレジットカードが使えない状態
    →クレカの利用状況を確認する

 

楽天Edyのオートチャージができない原因は、この5つが考えられます。

それぞれの原因と対処法の詳細が次の通りです。

1.オートチャージの設定手続きが未完了

うっかりミスの代表例ですね。

最後まで設定したつもりだったけど、実は確認ボタンを押さずに画面を閉じていた…とか。

楽天e-NAVIや楽天Edyアプリ、おサイフケータイアプリでちゃんと設定を完了させないと、オートチャージが利用できません。

対処法.設定手続きが完了されていることを確認する

まずは「オートチャージの設定手続きが完了しているか?」を確認しましょう。

Edyのオートチャージを設定する方法は、こちらのページで詳しく解説されています。
▶▶いろいろ選べる楽天Edyのオートチャージ

ポイントとしては「設定完了には所定の手続きが必要」ということですね。

  • Famiポート(ファミマ)で設定完了させる
  • パソコン+パソリで設定完了させる
  • Edyオートチャージ対象店舗でEdyを利用する

この手順をふまないと、オートチャージの設定が最後まで完了しません。

未完了のまま2週間が経過すると、申込み申請が解除されてしまうので、お気をつけ下さい。

2.オートチャージの設定金額を下回っていない

楽天Edyのオートチャージは「設定金額を下回ったら、自動的に行われる」という仕組みになっています。

例えば、Edyの残高が1,000円を下回ったら、3,000円オートチャージするなど。

でも、ここでもうっかりミスというか、勘違いが起こりやすいです。

「自分では”残高が3,000円を下回ったら”オートチャージにしていたつもりだった。けど、実は設定が”1,000円を下回ったら”になっていた」

という形です。

対処法.オートチャージの設定金額を見直す

「残高がいくらを下回ったらオートチャージが行われるのか?」

その設定金額を見直しましょう。

利用頻度や1回あたりの平均利用額によりますが…

1,000円〜2,000円を下回ったらオートチャージという設定にしておくのが、個人的には一番使いやすいと思っています。

3.オートチャージの限度額に達している(越えている)

楽天Edyのオートチャージを設定する時は「1日のオートチャージ限度額」も設定できます。

この時に設定した限度額に達した場合、その日はそれ以上オートチャージができなくなります。

ちなみに、楽天Edyの残高は「50,000円」が上限となっています。

既に50,000円の残高がある場合も、それ以上チャージすることができません。

対処法.オートチャージの限度額を見直す

1日のオートチャージ限度額を設定している場合は、そちらの見直しも行いましょう。

オートチャージの額を変更する手順は以下の通りです。

【楽天e-NAV】
変更ではなく「新規申込み」をして希望を設定し直す

【楽天Edyアプリ】
設定▶チャージ▶オートチャージ設定▶オートチャージの設定・変更▶希望額を入力

4.スマホの設定ができていない

  • おサイフケータイアプリにロックがかかっている。
  • スマホのFeliCaロックを設定している。
  • スマホの設定で「省エネ」や「節電」などの設定をしている。

 

このような場合は、オートチャージができないことがあります。

また、他の電子マネーアプリ(モバイルSuica、nanacoモバイルなど)を起動している場合も、オートチャージができないことがあります。
参考ページ▶▶おサイフケータイでオートチャージがされません/楽天Edy

対処法.スマホの設定を見直す

  • おサイフケータイアプリにロックはかかっていないか?
  • スマホのFeliCaロックは解除されているか?
  • 省エネ・節電の設定をしていないか

 

といったことをご確認ください。

また、他のアプリ(省エネアプリ、電子マネーアプリ)の干渉によって、オートチャージができなくなっている可能性もあります。

思い当たるアプリがある場合は、一旦アンイストールしてみましょう。

5.登録したクレジットカードが使えない状態

クレジットカードを登録してオートチャージを利用している場合は、クレジットカードが使えない状態になっている可能性があります。

クレカが使えない状態になる原因としては…

  • クレカの有効期限切れ
  • クレカのショッピング枠が限度額に達している
  • 利用制限がかかってクレカの利用が停止されている

 

などがあげられます。

この場合は、今すぐクレカの利用状況をご確認ください。

また、クレカ会社に電話をして相談もしてみましょう。
(連絡先はカード裏面に記載してあります)

対処法.クレジットカードの利用状況を確認する

クレジットカードを登録している場合は、そのクレカの利用状況をご確認ください。

  • ショッピング枠は限度額に達していないか?
  • 遅延や延滞によって利用停止になっていないか?
  • 有効期限が切れていないか?

などなど。

手っ取り早く確認するなら、クレジットカード会社に電話をして聞くのが一番です。

連絡先はカード裏面に記載してある電話番号です。

営業時間内に電話をすれば、オペレーターに尋ねることもできますしね。

スポンサーリンク

楽天Edyにオートチャージされるタイミングっていつ?

【ここでのポイント】

  • 設定されている残高を下回ったら
  • 買い物(決済)が完了した時点でオートチャージされる

 

楽天Edyにオートチャージされるタイミングは、「設定されている残高を下回った時」です。

例えば、オートチャージされる設定金額が1,000円だとして、現在のEdy残高が1,500円だとします。

この状態で600円の買い物をすると、Edy残高は900円になります。

この時、設定金額である1,000円を下回るので、買い物が完了した時点でオートチャージされます。

現在の残高を把握しておかないと、うっかりオートチャージされてしまいそうですね。

なので、こまめにEdyの残高を確認する習慣をつくっておくといいでしょう。

オートチャージされるタイミングを変更したい!設定金額を変更すればOK

【ここでのポイント】

  • 設定金額を変更すれば、オートチャージのタイミングも変更できる
  • 楽天e-NAVIもしくは楽天Edyアプリから変更可能

 

オートチャージされるタイミングは「買い物が完了した時、設定金額を下回っていたら」です。

お店側の設定(レジの設定)は変更できませんから、こちら側の設定金額を変更する必要があります。

設定金額を変更する手順が下記の通りです。

【楽天e-NAV】
変更ではなく「新規申込み」をして希望を設定し直す

【楽天Edyアプリ】
設定▶チャージ▶オートチャージ設定▶オートチャージの設定・変更▶希望額を入力

スポンサーリンク

オートチャージした分はいつ引き落とされる?引き落とし日について

【ここでのポイント】

  • カード会社の引き落とし日に引き落とされる
  • カード会社ごとに締め日・引き落とし日が異なる

 

オートチャージした分の金額は「クレジットカードの引き落とし日」に準じて、引き落としが行われます。

引き落とし日が土日祝日の場合は、翌営業日に引き落としが行われます。

引き落としが行われる際、残高が1円でも不足していると正常に処理が行われません。

その結果「遅延扱い」になる可能性があります。

遅延すると、遅延損害金やカード利用停止などの問題が生じます。

場合によっては催促の連絡が届いたり、カードの限度額が引き下げられることもあります。

なので、絶対に遅延してはいけません。

もし遅延しそう(入金が間に合わない)時は、クレジットカード会社に電話をしてください。
参考▶▶【クレジットカードの遅延】支払いに遅れた時の対処法|延滞は絶対ダメ!

オートチャージは楽天カードしか設定できないの?

「Edy機能付き楽天カード」を利用している場合は、楽天カードでしかオートチャージができません。

クレジットカード一体型なので、管理しやすい・使いやすいというメリットがあるのですが…

オートチャージ方法の制限があるのがデメリットです。

スポンサーリンク

楽天カード以外でオートチャージを設定するには、おサイフケータイを利用する必要あり

おサイフケータイアプリの「楽天Edy」を使えば、楽天カード以外のクレジットカードでもオートチャージができます。

対応しているクレジットカードの例を挙げると…

  • JCBカード
  • 三井住友カード
  • アメリカン・エキスプレス
  • DCカード/NICOSカード/UFJカード
    (三菱東京UFJニコス)
  • エポスカード
  • オリエントコーポレーション
  • ジャックスカード
  • セディナ

などがあります。

中でもポイント還元率が高いのが「リクルートカード」です。

リクルートカードは年会費無料で発行できるクレジットカードで、還元率は1.2%です。

楽天カードのオートチャージ時の還元率が0.5%なので、その差は2倍以上です。

ただし、注意点があります。

リクルートカードはVISA/JCB/MasterCardの3ブランドから選べますが…

オートチャージに対応しているのは「VISA」と「MasterCard」です。
(2018年3月時点で)

JCBだと楽天Edyのオートチャージができないので、お気をつけ下さい。

まとめ

楽天Edyのオートチャージができない原因は、主に5つ考えられます。

  • オートチャージの設定手続きが未完了
  • オートチャージの設定金額を下回っていない
  • オートチャージの限度額に達している(越えている)
  • スマホの設定ができていない
  • 登録したクレジットカードが使えない状態

また、色々対処法を試したけど、改善されなかった…という時は、楽天Edyカスタマーデスクに電話をして相談してみましょう。