スポンサーリンク

【ゆうちょ銀行の口座の解約方法】必要なものや所要時間、手数料について

ゆうちょ銀行の普通預金口座を解約する方法法をまとめたページです。

ゆうちょ銀行の口座を使わなくなったから解約したい。

けど、どうやって解約すればいいのか?方法がわからない。

という方は、ぜひチェックしてください♪

解約方法や必要な持ち物、所要時間、手数料などを詳しくまとめてみました。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 最寄りのゆうちょ銀行窓口(郵便局)に行って手続きをする
  • 電話やネットバンキングでの解約手続きはできない
  • 必要な持ちものは、届出印・通帳・キャッシュカード・本人確認資料
  • 手続きが完了すれば、すぐに口座解約になる
  • 手数料はかからない
スポンサーリンク

ゆうちょ銀行の口座を解約する方法

【ここでのポイント】

  • 最寄りの支店(店舗)窓口で解約する
  • 電話やネットバンキングでは解約手続きができない

 

ゆうちょ銀行の口座を解約するためには、最寄りの郵便局窓口に行く必要があります。

電話やネットバンキングからは、解約手続きができません。

 

この電話で解約できませんか?
お手数ですが、最寄りの郵便局に来ていただく必要があります。

 

郵便局に電話をしても、このような対応になります。

面倒ではありますが、時間がある時に郵便局まで足を運び、口座の解約手続きを進めましょう。

ゆうちょ銀行の口座を解約する時に必要なもの

【ここでのポイント】

  • 届出印
  • 通帳
  • キャッシュカード
  • 本人確認資料(免許証、保険証、マイナンバーカードなど)

 

ゆうちょ銀行の口座を解約する時は、必ず上記のものを持って、郵便局に行ってください。

特に、届出印と本人確認資料はめちゃくちゃ重要です。

どれか一つでも忘れていくと、解約手続きを行ってくれません。

なので、郵便局に行く前は必ず持ちものチェックをした方がいいです。

 

とはいえ…

届出印を紛失したり、どれかわからなくなったり、

通帳を紛失・破損することも稀にあります。

では、通帳や印鑑なしでも解約はできるのでしょうか?

通帳なし・印鑑なしで解約することはできないの?

【ここでのポイント】

  • 通帳なしでの解約はできない
  • 紛失・破損した場合は、通帳の再発行手続きをしてから解約になる
  • 印鑑なしでの解約もできない
  • 届出印の変更手続きを行ってから解約になる

 

原則、通帳・印鑑なしでの解約手続きはできません。

もし紛失した場合は、解約する前に一旦「通帳の再発行」や「届出印の変更」を行います。

 

通帳を再発行する場合は、届出印と本人確認資料があればOK。

届出印を変更する場合は、通帳と本人確認資料があればOKです。

再発行・変更手続きが完了すれば、ゆうちょ銀行の口座の解約手続きを進めることができます。

ゆうちょ銀行の口座を解約する時の手数料はいくら?

【ここでのポイント】

  • 支店での解約手続きは手数料無料
  • 通帳を再発行した時などは再発行手数料がかかる

 

郵便局で解約手続きをする場合は、手数料がかかりません。無料です。

ただし、通帳を再発行した時などは、再発行手数料が1,030円かかります。

ゆうちょ銀行の口座解約にかかる時間はどれくらい?

【ここでのポイント】

  • 窓口で手続きするだけなので、当日中に解約される
  • 窓口の混雑具合によって所要時間が前後する
  • 支店が空いている時間帯に行くのがベスト

 

郵便局の窓口で解約手続きをするのであれば、当日中に解約されます。

窓口の混雑具合にもよりますが、短ければ10分〜15分ほどで解約手続きが終わります。

スムーズに解約手続きを進めたい場合は、郵便局窓口が空いている時間帯に行くのがベスト。

ちなみに、窓口が混む時間帯としては主に3パターンあります。

 

  • 11時前後(家事が一段落した時間)
  • 13時〜13時30分(お昼休み明け)
  • 16時前(貯金窓口の閉店前)

 

また、給料日も混むことが多いです。

狙い目としては、10時前後や14時前後がおすすめです。

ゆうちょ銀行の口座解約は郵送でもできる?

【ここでのポイント】

  • 原則、郵送での解約はできない
  • 事情によっては対応してくれる可能性あり
  • 支店(取引店)に電話をして要確認

 

郵送での解約手続きは、原則としてできません。

口座を解約する時は、最寄りの郵便局に足を運ぶ必要があります。

どうしても郵便局に行けない…という時は、電話をして相談してみましょう。

 

とはいえ、ゆうちょ銀行の口座は窓口で解約するのが原則。

 

窓口以外での解約手続きはできませんので、最寄りの郵便局まで足を運んでください。

 

と案内される可能性が高いです。

面倒ではありますが、時間をつくって郵便局の窓口に行くのが、一番確実な方法です。

ゆうちょ銀行の口座を解約する時の注意点

【ここでのポイント】

  • 事前に引き落とし口座の変更手続きをしておく
  • 事前に振込先口座の変更手続きをしておく

 

ゆうちょ銀行の口座の解約手続きを進めるまでに、必ずやっておくことがあります。

それがこの2つです。

事前に引き落とし口座の変更手続きをしておく

引き落とし口座を「ゆうちょ銀行」にしている場合は、事前に引き落とし口座の変更手続きをしてください。

変更しないまま口座を解約すると、引き落としが行われずに様々なペナルティが生じる恐れがあるからです。

遅延損害金(延滞金)が生じる、クレカやローンの利用が停止される…などなど。

ですから、事前に必ず引き落とし口座の変更手続きをしましょう。

事前に振込先口座の変更手続きをしておく

給与の振込口座を「ゆうちょ銀行」にしている場合も、変更手続きをしておきましょう。

振込口座の変更手続きは、会社の経理・総務担当に依頼すればOK。

 

振込口座を変更したいので、手続きをお願いします。

 

と伝えましょう。

理由を尋ねられるかもしれませんが、ゆうちょ銀行の口座を解約したので〜と正直に伝えても問題ありません。

まとめ

  • 最寄りのゆうちょ銀行窓口に行って手続きをする
  • 電話やネットバンキングでの解約手続きはできない
  • 必要な持ちものは、届出印・通帳・キャッシュカード・本人確認資料
  • 手続きが完了すれば、すぐに口座解約になる
  • 手数料はかからない