スポンサーリンク

【ジャパンネット銀行の口座の解約方法】必要なものや所要時間、手数料について

ジャパンネット銀行の普通預金口座を解約する方法法をまとめたページです。

ジャパンネット銀行の口座を使わなくなったから解約したい。

けど、どうやって解約すればいいのか?方法がわからない。

という方は、ぜひチェックしてください♪

解約方法や必要な物、所要時間、手数料などを詳しくまとめてみました。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 解約手続きはスマホ・パソコン(インターネット)で簡単にできる
  • カスタマーセンターに電話して解約することもできる
  • ログインできない、トークンを紛失した場合は書面での手続きになる
  • 手続きが完了次第、即時解約となる
  • 解約後も再開設できるが、審査の結果次第

ジャパンネット銀行の口座を解約する方法

【ここでのポイント】

  • スマホや電話で簡単に解約できる
  • ただし、条件によっては書面での解約手続きになる

 

ジャパンネット銀行は実店舗を持たないため、スマホや電話で解約手続きを進めます。

ただし、下記に該当する場合は書面(郵送)での解約手続きになります。

  • ログインできない
  • トークンを紛失した
  • IDカードからトークンへの切り替えが済んでいない
  • 解約代わり金が1,000万円を超える
  • 解約代わり金が1日の振込限度額を超える
解約代わりとは?詳細の確認はここをタッチ

円普通預金口座や円定期預金を解約した時の口座残高(税引後利息を含む)のこと。

次に、解約方法について手順を詳しく見ていきます。

スマホ(インターネット)で解約する方法

【ここでのポイント】

  • ジャパンネット銀行の会員ページにログイン
  • 各種手続(登録・変更)>口座解約と進む
  • 現在のお取引状況がすべて「なし」になっていることを確認
  • 解約代わり金(口座残高)がある場合は、受取口座を入力
  • 内容を確認し、ワンタイムパスワードを入力し「解約」をタッチ

 

スマホやパソコン(インターネット)で解約する手順がこちらです。

まず、会員ページにログインしたら、各種手続>口座解約と進みます。

 

ページが表示されたら、現在の取引状況がすべて「なし」になっていることをチェックします。

 

続けて、解約代わり金(口座残高)がある場合は、受取口座の情報を入力。

 

内容を確認し、ワンタイムパスワードを入力し「解約」をタッチすると、手続きは完了。

解約後も1ヶ月間はログインできますが、口座を利用することはできません。

電話で解約する方法

【ここでのポイント】

  • カスタマーセンター(0120-007-410)に電話
  • オペレーターに解約したい旨を伝える
  • 契約内容などを確認した後、解約手続きとなる

 

電話で解約する場合は、カスタマーセンター(0120-007-410)に電話をします。

 

【カスタマーセンターの営業時間など】
営業時間:9時〜17時
休業日:12月31日〜1月3日、5月3日〜5月5日

 

事前予約をしておけば、指定の時間にジャパンネット銀行から電話をもらうこともできます。

▶▶各種手続き 折り返し電話予約受付

電話をしてオペレーターにつながったら、口座を解約したい旨を伝えます。

その後、本人確認や契約内容の確認が行われます。

確認が取れ次第、口座解約となります。

書面・郵送で解約する方法

【ここでのポイント】

  • カスタマーセンター(0120-007-410)に電話
  • 書面で解約したい旨を伝える
  • オペレーターの案内に従い手続きを進める

 

ログインできない、トークンを紛失した場合などは、書面での解約手続きになります。

連絡先はカスタマーセンター(0120-007-410)です。

オペレーターにつながったら、書面で解約したい旨を伝え、案内に従い手続きを進めましょう、

ジャパンネット銀行の口座を解約する時に必要なもの

【ここでのポイント】

  • キャッシュカード(口座番号などの確認に必要)
  • ログインパスワード(ログインするために必要)
  • トークン(ワンタイムパスワードを入力する際に必要)

 

ジャパンネット銀行の口座を解約する時、必要になるものがこの3つです。

スマホ・パソコン(インターネット)で解約する時、キャッシュカードが手元になくても手続きは進められます。

でも、念のため手元に準備しておきましょう。

電話で手続きする時は、口座番号の確認を求められるので、必ず準備しておきましょう。

 

会員ページにログインする時は、ログインパスワードや暗証番号が必要です。

また、ワンタイムパスワードの入力を求められるので、トークンも必要。

手元にトークンがない、紛失した場合は、電話で解約手続きを進めましょう。

ジャパンネット銀行の口座を解約する時の手数料はいくら?

【ここでのポイント】

  • 手数料は無料
  • 解約代わり金も、振込手数料は無料

 

ジャパンネット銀行の口座を解約するにあたり、手数料は一切かかりません。

解約代わり金(口座残高)を受け取る場合も、振込手数料はかかりません。

解約手続きは無料で進めることができます。

ジャパンネット銀行の口座解約にかかる時間はどれくらい?

【ここでのポイント】

  • 手続き完了後、即解約になる(即日解約)
  • 解約代わり金がある場合は、翌営業日以降の解約になる

 

スマホやパソコン、電話で手続きした場合は、手続き完了後するに解約となります。

解約代わり金(口座残高)がある場合は、翌営業日以降の解約になります。

インターネットで手続きした場合
最短で翌営業日
書面(解約申込書)で手続きした場合
郵送期間含め2週間ほど
翌営業日(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)に、解約代わり金をお客さまの指定口座へお振り込みします。

【明細摘要欄表示】にはお客さまのお名前がカタカナで入ります。
JNB カイヤクカワリキン ○○○○○

当社での手続完了後、翌営業日(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)に、解約代わり金をお客さまの指定口座へお振り込みします。

【明細摘要欄表示】にはお客さまのお名前がカタカナで入ります。
○○○○○

キャッシュカードはどうすればいい?処理方法は?

【ここでのポイント】

  • 自己処理する
  • 磁気部分・数字部分を細かく切り刻む

 

ジャパンネット銀行のキャッシュカードは、自己処理になります。

名前や口座番号などが記載されていますから、処分する時は磁気部分・数字部分を細かく切り刻みましょう。

トークンはどうすればいい?処理方法は?

【ここでのポイント】

  • 自治体の指示に従って破棄(処分)する
  • 基本的には不燃ごみとして処分

 

キャッシュカードと同じく、トークンも磁気部分になります。

カード型のトークンにはシリアル番号が記載されているので、この部分も細かく切り刻み処分を。

旧型のトークンはその形のまま処分して大丈夫です。

自治体の指示に従う必要があるものの、基本的には不燃ごみとして処分します。

ジャパンネット銀行の口座を解約する時の注意点

【ここでのポイント】

  • 事前に引き落とし口座の変更手続きをしておく
  • 事前に振込先口座の変更手続きをしておく

 

ジャパンネット銀行の口座を解約する前に、必ずやっておく手続きがあります。

それがこの2つです。

事前に引き落とし口座の変更手続きをしておく

引き落とし口座に登録していた場合は、必ず変更手続きをしてください。

クレジットカード、各種ローン、スマホ料金など。

変更手続きをしないまま解約すると、引き落とし処理が正常に行われず、遅延扱いになる恐れがあります。

遅延扱いになると、遅延損害金(延滞金)や利用停止などのペナルティが生じるので、注意してください。

事前に振込先口座の変更手続きをしておく

振込先口座に登録している場合も、同じく変更手続きをしておきましょう。

給与の振込先口座にしている場合は、会社の経理・総務に依頼すれば変更手続きができます。

解約後に再開設することはできる?

【ここでのポイント】

  • 審査の結果次第
  • 再開設するなら、6ヶ月〜1年は期間を空けた方がいい
  • 再開設の時は審査が厳しいので要注意

 

ジャパンネット銀行の口座を解約した後、希望すれば再開設もできます。

ただし、審査に通過しないと開設することができません。

また、再開設を申込むなら6ヶ月〜1年ほど期間を空けた方がいいです。

とはいえ、審査の結果次第では口座を解約できないこともあります。

なので、よほどの事情がない限りは、解約せずにおく方がいいでしょう。

まとめ

  • 解約手続きはスマホ・パソコン(インターネット)で簡単にできる
  • カスタマーセンターに電話して解約することもできる
  • ログインできない、トークンを紛失した場合は書面での手続きになる
  • 手続きが完了次第、即時解約となる
  • 解約後も再開設できるが、審査の結果次第