スポンサーリンク

【横浜銀行の口座の解約方法】必要なものや所要時間、手数料について

横浜銀行の普通預金口座を解約する方法をまとめたページです。

横浜銀行の口座を使わなくなったから解約したい。

けど、どうやって解約すればいいのか?方法がわからない。

という方は、ぜひチェックしてください♪

解約方法や必要な持ち物、所要時間、手数料などを詳しくまとめてみました。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 最寄りの横浜銀行窓口に行って手続きをする
  • 電話やネットバンキングでの解約手続きはできない
  • 必要な持ちものは、届出印・通帳・キャッシュカード・本人確認資料
  • 手続きが完了すれば、すぐに口座解約になる
  • 手数料はかからない
スポンサーリンク

横浜銀行の口座を解約する方法

【ここでのポイント】

  • 最寄りの支店(店舗)窓口で解約する
  • 電話やネットバンキングでは解約手続きができない

 

横浜銀行の口座を解約するには、最寄りの支店(店舗)に行く必要があります。

電話やネットバンキング(マイダイレクト)、ATMからの解約手続きはできません。

多少面倒ではありますが、店舗に行かないと解約手続きができません。

ちなみに、店舗はどこでも大丈夫です。

取引店でなく、会社や外出先の近くにある店舗など、どこの店舗でも解約手続きができます。

横浜銀行の口座を解約する時に必要なもの

【ここでのポイント】

  • 届出印
  • 通帳
  • 本人確認資料(免許証、保険証、マイナンバーカードなど)

 

横浜銀行の口座を解約する時は、これらの持ちものが必要です。

キャッシュカードはなくても大丈夫ですが、届出印・通帳・本人確認資料の3つがないと、解約手続きを受け付けてくれません。

もし、届出印や通帳を紛失した場合は、所定の手続きを行ってから、口座を解約しましょう。詳細は下記で解説しています。

通帳なし・印鑑なしで解約することはできないの?

【ここでのポイント】

  • 通帳なしでの解約はできない
  • 紛失・破損した場合は、通帳の紛失届を出してから解約になる
  • 印鑑なしでの解約もできない
  • 届出印の変更手続きを行ってから解約になる

 

通帳なし・印鑑(届出印)なしで、横浜銀行の口座を解約することはできません。

通帳を紛失した場合は、紛失届を出しましょう。

ただし、紛失届が受理されるまでに1週間〜10日ほどかかることもあります。

届出印の変更については、通帳と本人確認資料があれば手続きできます。

横浜銀行の口座を解約する時の手数料はいくら?

【ここでのポイント】

  • 支店での解約手続きは手数料無料
  • 代金取立(預金取立)を依頼する場合は1,000円ほどかかる

 

横浜銀行の口座を解約するにあたり、手数料はかかりません。

無料で解約できます。

ただ、他行に解約手続きを依頼した場合は、代金取立(預金取立)手数料として1,000円ほどかかります。

横浜銀行の口座解約にかかる時間はどれくらい?

【ここでのポイント】

  • 窓口で手続きするだけなので、当日中に解約される
  • 窓口の混雑具合によって所要時間が前後する
  • 支店が空いている時間帯に行くのがベスト

 

窓口で手続きをするだけなので、その日のうちに口座が解約されます。

ただ、窓口の混雑状況によって所要時間が異なります。

空いていれば10分ほどで完了しますが、混んでいると20分〜30分ほどかかることも。

なので、なるべく空いている時間を狙っていきましょう。

狙い目の時間帯は、10時〜10時30分ころ/14時〜14時30分ころです。

※店舗によって空いている時間帯が異なるので、目安として参考にしてみてください。

横浜銀行の口座解約はATMでもできる?

【ここでのポイント】

  • ATMでの口座解約手続きはできない
  • 定期預金の解約手続きはATMからもできる

 

横浜銀行ATMから、口座解約をすることはできません。

ATMでできる解約手続きは「定期預金」です。

定期預金の預入期間の変更、解約の予約などがATMでできます。

横浜銀行の口座解約は郵送でもできる?

【ここでのポイント】

  • 原則、郵送での解約はできない
  • 事情によっては対応してくれる可能性あり
  • 支店(取引店)に電話をして要確認

 

郵送での解約手続きも、原則としてできません。

事情により店舗に行けない場合は、その旨を電話で相談してみましょう。

また、どうしても行けないという時は、代理人に依頼する・他の銀行に解約手続き(代金取立・預金取立)を依頼するなどの方法があります。

横浜銀行の支店に行けない時は他の銀行に手続きを依頼

【ここでのポイント】

  • 転勤、引っ越しなどで横浜銀行に行けない場合もある
  • その場合は、他の銀行に手続き(代金取立・預金取立)を依頼できる
  • ただし、手数料が1,000円ほどかかる

 

転勤や引っ越しなどで住む場所が変わると、近くに横浜銀行の店舗がない…という環境になることも。

そんな時は、最寄りの銀行に解約手続きを依頼できます。

これは「代金取立・預金取立」というサービスです。

他の銀行が代わりに解約手続きをしてくれます。

ただし、手数料として1,000円ほどかかります。

横浜銀行の口座を解約する時の注意点

【ここでのポイント】

  • 事前に引き落とし口座の変更手続きをしておく
  • 事前に振込先口座の変更手続きをしておく

 

横浜銀行の口座を解約する前に、必ずやっておく手続きがあります。

その手続きがこの2つです。

事前に引き落とし口座の変更手続きをしておく

まずやるおとは「引き落とし口座の変更手続き」です。

クレカやローン、携帯料金などの引き落とし口座を横浜銀行にしていた。

変更手続きをせずに解約すると、引き落としが正常に行われず、遅延扱いになる恐れがあります。

遅延すると、遅延損害金(延滞金)などのペナルティが生じるので、注意してください。

事前に振込先口座の変更手続きをしておく

給与の振込先を横浜銀行にしている。

この場合も、振込先の変更手続きをしておきましょう。

振込先の変更は、会社の経理・総務に依頼すればOKです。

まとめ

  • 最寄りの横浜銀行窓口に行って手続きをする
  • 電話やネットバンキングでの解約手続きはできない
  • 必要な持ちものは、届出印・通帳・キャッシュカード・本人確認資料
  • 手続きが完了すれば、すぐに口座解約になる
  • 手数料はかからない