スポンサーリンク

【横浜銀行】キャッシュカードを再発行する方法や手数料、所要日数について

横浜銀行(はまぎん)のキャッシュカードを紛失した。

磁気不良やICのチップの破損、割れたり折れたりしたことが原因で、横浜銀行のキャッシュカードが使えなくなった。

このような場合は、所定の方法で「再発行」が必要です。

再発行の方法とあわせて、必要なものや手数料、所要日数などをチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • キャッシュカードの再発行は店舗窓口や電話で申込み
  • 届出印・通帳・本人確認資料などが必要
  • 再発行手数料として1,000円(税別)かかる
  • 再発行には1週間ほどかかる
  • 古いカードは処分してOK
スポンサーリンク

横浜銀行(はまぎん)のキャッシュカード再発行は、店舗か電話で申込み

【ここでのポイント】

  • 横浜銀行の店舗で手続き
  • 電話で手続き

 

横浜銀行のキャッシュカードは、店舗窓口や電話で再発行手続きができます。

破損や磁気不良を起こした場合は、横浜銀行の店舗窓口で手続きを。

紛失した・盗難にあった場合は、電話で手続きをします。

それぞれの詳しい流れが次の通りです。

横浜銀行の店舗で手続き

横浜銀行の店舗窓口で再発行する場合は、下記の持ち物が必要です。

  • 破損したキャッシュカード
  • 通帳
  • 届出印
  • 本人確認書類

持ち物を忘れてしまうと、手続きを受け付けてくれない可能性があるので注意してください。

また、キャッシュカードの再発行手続きはどこの店舗でも受け付けてくれます。

取引店でなくても大丈夫で、勤務先や外出先の近くにある店舗でも手続き可能です。

ただし、手続きが終わってもすぐに再発行されません。

1週間ほど時間がかかります。

電話で手続き

紛失した・盗難にあった場合は、早急に自動機サービスセンター(0120-225-102)に電話をしてください。

サービスセンターは24時間365日受け付けているので、早朝や深夜でも電話に対応してくれます。

サービスセンターへの電話が完了すると、後日横浜銀行から「お届け内容のご確認のお願い」という書類が届きます。

この書類が届いたら、必要なもの(通帳・届出印など)を持って最寄りの横浜銀行に足を運び、再発行手続きを進めてください。

再発行申込みは原則本人のみ!委任状があれば代理人でも大丈夫

【ここでのポイント】

  • 原則、持ち主本人が手続きをする必要あり
  • 委任状があれば代理人の手続きを受け付けてくれる

 

キャッシュカードの再発行は、原則として本人が手続きを行う必要があります。

事情によりどうしても手続きに行けない…という時は、横浜銀行に電話をしてその旨を相談してみましょう。

事情・理由によっては代理人による手続きを受け付けてくれる可能性があります。

この場合は「委任状」が必要になるので、案内に従い準備し手続きを進めてもらいましょう。

キャッシュカードを再発行する時に必要なもの

【ここでのポイント】

  • 届出印(取引印鑑)
  • 通帳
  • 本人確認資料
  • 手数料1,000円(税別)
  • 破損・き損したキャッシュカード
    (破損したカードを再発行する場合)

 

横浜銀行のキャッシュカードを再発行するためには、これらの持ち物が必要です。

破損や磁気不良による再発行の場合は、破損した(使えなくなった)キャッシュカードが必要です。

また、届出印や通帳、本人確認資料も必要です。

届出印を紛失してしまった、どれかわからなくなった…という場合は、思い当たる印鑑をすべて持っていきましょう。

どれも該当しなかった場合は、届出印の変更手続きをしてから、キャッシュカードの再発行を行いましょう。

スポンサーリンク

キャッシュカードの再発行は即日でできない!短くても1週間くらいかかる

【ここでのポイント】

  • 即日再発行はできない
  • 短くても1週間ほどかかる

 

横浜銀行のキャッシュカードは即日再発行に対応していません。

短くても1週間ほど時間がかかります。

一部の地銀は即日(即時)再発行に対応しているんですから、横浜銀行も対応してくれるといいんですけどね。

キャッシュカードの再発行にかかる日数は1週間くらいが目安

【ここでのポイント】

  • 1週間ほどかかる
  • 1週間以上かかっても届かない時は問い合わせ

 

キャッシュカードの再発行には1週間ほどかかります。

手続きしてから1週間経っても新しいカードが届かない…という時は、手続きを依頼した店舗に問い合わせてみましょう。

キャッシュカードの再発行にかかる手数料は1,000円(税別)

【ここでのポイント】

  • 手数料は1,000円(税別)かかる
  • 口座引き落としなどで支払う

 

横浜銀行のキャッシュカード再発行は、1,000円(税別)の手数料がかかります。

この手数料は後日、引き落としなどで支払います。

引き落としの場合、残高が不足していると処理が行われないので注意してください。

横浜銀行のキャッシュカードの再発行が必要になる3つの場面

【ここでのポイント】

  • 磁気不良
  • 破損(割れた・欠けた)
  • 紛失

 

キャッシュカードの再発行が必要になる場面として、主に3つあげられます。

磁気不良

横浜銀行のキャッシュカードには有効期限がありません。

クレジットカードのように自動更新が行われないため、半永久的に使用する形になっています。

ただ、キャッシュカードは消耗品ですから、長く使うほど劣化します。

そして、磁気が弱くなったり、磁気不良を起こすことも。

ATMにいれても読み取れない…という時は、磁気不良を起こしている可能性が高いです。

破損(割れた・欠けた)

キャッシュカードは案外脆いです。

硬い床に落とした衝撃で割れたり欠けたりすることもありますし、圧迫が原因で変形することも。

破損・変形したキャッシュカードは絶対に使ってはいけません。

ATMから出てこない、ATMの不具合を起こしてしまうなど、お店側に迷惑をかける恐れがあるからです。

紛失

キャッシュカードを紛失したら、再発行をする前に利用停止手続きの必要があります。

また、財布に保管していると、キャッシュカードだけでなくクレジットカードや免許証なども、同時に紛失してしまいます。

気が動転するし手続きをするのが面倒ですが、不正利用を防ぐためにも早急に利用停止手続きを進めましょう。

キャッシュカードを再発行したら古いカードはどうすればいい?

【ここでのポイント】

  • 横浜銀行に処分してもらう
  • もしくは自力で処分する

 

キャッシュカードの再発行をしたら、古いカードは不要になります。

古いカードは処分してしまってOKです。

横浜銀行も店舗に依頼してもいいですし、自力で処分しても大丈夫です。

自力で処分する場合は、念のためハサミで細かく裁断してからゴミ箱に捨てましょう、

まとめ

  • キャッシュカードの再発行は店舗窓口や電話で申込み
  • 届出印・通帳・本人確認資料などが必要
  • 再発行手数料として1,000円(税別)かかる
  • 再発行には1週間ほどかかる
  • 古いカードは処分してOK