スポンサーリンク

【横浜銀行】キャッシュカードが使えない|5つの原因と対処法

横浜銀行のキャッシュカードが使えない時の原因と対処法をまとめました。

磁気不良や破損などが原因で、キャッシュカードが使えなくなることがあります。

ATMに挿入しても読み取れない、エラーが表示される時は、キャッシュカードの不具合である可能性が高いです。

それ以外にも、暗証番号間違いといった単純ミス、ATMがメンテナンス中で使えないこともあります。

このような原因と対処法を、より詳しくチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • キャッシュカードに不具合が生じている可能性あり
  • 暗証番号間違いの可能性もある
  • まずは横浜銀行に電話をして問い合わせ
  • 通帳を使って引き出す、窓口で出金することもできる
  • いずれの場合も横浜銀行の店舗に行く必要あり

 

※キャッシュカードが使えない時は、すぐに再発行手続きをした方がいいです。詳しい流れは下記のページでチェックできます。
▶▶【横浜銀行】キャッシュカードを再発行する方法や手数料、所要日数について

スポンサーリンク

横浜銀行のキャッシュカードが使えない原因と対処法

【ここでのポイント】

  1. キャッシュカードの不具合
  2. 暗証番号の入力間違い
  3. ロックがかかっている
  4. 一日あたりの利用限度額に達している
  5. システムメンテナンス中

 

横浜銀行キャッシュカードが使えない…ATMでの取引ができない…

という時に考えられる原因は5つあります。

最も多い原因はキャッシュカードの不具合ですが、暗証番号間違えなどの単純ミスも考えられます。

ここからは、各原因の詳細と対処法をチェックしていきます。

1.キャッシュカードの不具合

横浜銀行キャッシュカードが使えなくなる最も多い原因です。

不具合といっても種類は様々ですが、代表的なのは磁気不良や破損です。

キャッシュカードは消耗品なので、長く使うほど経年劣化していきます。

そして、磁気が弱くなり読み取れないことがあります。

他のカード類との摩擦で磁気不良を起こすことも。

 

また、圧迫されて変形することもありますし、地面に落とした時に欠ける・割れることもあります。

破損したキャッシュカードは、絶対に使ってはいけません。

対処法

不具合を起こして使えなくなった場合は、すぐに再発行を行いましょう。

横浜銀行キャッシュカードの再発行は、店舗もしくは電話で手続きを行います。

はじめに電話した場合でも窓口に行く必要があるので、最初から窓口に行く方が手間を省けます。

キャッシュカード(もしくは通帳)・届出印・本人確認書類が必要なので、忘れず持参してください。

再発行については、下記のページで詳しくまとめられているので、参考にしてみてください。
▶▶【横浜銀行】キャッシュカードを再発行する方法や手数料、所要日数について

2.暗証番号の入力間違い

暗証番号を間違えると、ATMでの取引ができません。

また面倒なことに、暗証番号を忘れた場合は、最寄りの横浜銀行に足を運ばなければいけません。

ATMでは暗証番号の照会・変更ができず、窓口でキャッシュカードの差替発行(再発行)をする必要があるからです。
参照▶▶キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまいましたが、どうすればいいですか?

対処法

上述したように、暗証番号を忘れた場合はキャッシュカードの差替発行(再発行)が必要になります。

窓口での照会は行っていないので、再発行するしかありません。

横浜銀行の窓口は、営業時間が9時〜15時に限られているので、この時間内に窓口に行きましょう。

3.ロックがかかっている

暗証番号の入力を一定回数間違えると、カードにロックがかかります。

ロックがかかるとATMからカードが戻されます。

対処法

ロックがかかると、そのキャッシュカードは使えなくなります。

そのため、最寄りの横浜銀行窓口でキャッシュカードの再発行が必要になります。
参照▶▶暗証番号を何回か間違えたら、カードがATMから戻されてしまいましたが、どうすればいいですか?

4.一日あたりの利用限度額に達している

横浜銀行キャッシュカードには、1日あたりの利用限度額が設定されています。

キャッシュカードの種類によりますが、引き出し限度額は50万円〜100万円で設定されます。
参照▶▶カードによる1日あたりのご利用限度額について

対処法

キャッシュカードの利用限度額は変更が可能です。

ただ、引き上げを申し込む時は横浜銀行の窓口に行く必要があります。

営業時間内(平日9時〜15時)の間に、キャッシュカード・届出印・本人確認書類を持参し、最寄りの店舗に足を運びましょう。

5.システムメンテナンス中

横浜銀行ATM・提携ATMはメンテナンスが行われることがあります。

メンテナンス中はATMを利用することができません。

対処法

メンテナンスが完了するまで待機しましょう。

また、メンテナンスは深夜〜早朝に行われることが多いので、日中であればほぼ問題なく利用できます。

横浜銀行のキャッシュカードが使えない時は再発行を!

横浜銀行キャッシュカードが使えない時は、なるべく早めに再発行した方がいいです。

通帳を使ってお金を下ろす、はまぎんマイダイレクトから他の口座に振込、その口座からお金を引き出す。

このような使い方もできますが、面倒だし手間もかかります。

なので、1日でも早く再発行手続きをしましょう。

再発行の手続きは、こちらのページで詳しくまとめられているので、参考にしてみてください。
▶▶【横浜銀行】キャッシュカードを再発行する方法や手数料、所要日数について

キャッシュカードが使えないけどお金が必要な時の対処法

【ここでのポイント】

  1. 通帳を使って引き出す
  2. 横浜銀行の窓口で出金する
  3. 一時的にお金を借りる

 

横浜銀行キャッシュカードが使えないけど、どうしてもお金を下ろしたい…という時の対処法は3つあります。

それぞれの対処法が下記の通りです。

1.通帳を使って引き出す

通帳を使ってお金を引き出すこともできます。

ただし、提携ATM・コンビニATMは通帳に対応していないので、横浜銀行の店舗に設置してあるATMを使う必要があります。

2.横浜銀行の窓口で出金する

横浜銀行の窓口で出金することもできます。

窓口で出金する時は、キャッシュカード(もしくは通帳)・届出印・本人確認書類が必要なので、忘れず持参してください。

3.一時的にお金を借りる

まとまったお金が必要な時は、一時的に借りるのも対処法の一つです。

金融機関の中には、即日融資(土日含む)に対応しているカードローンを提供しているところもあります。

まとめ

  • キャッシュカードに不具合が生じている可能性あり
  • 暗証番号間違いの可能性もある
  • まずは横浜銀行に電話をして問い合わせ
  • 通帳を使って引き出す、窓口で出金することもできる
  • いずれの場合も横浜銀行の店舗に行く必要あり