スポンサーリンク

【エポスカード再発行】手数料や日数、ポイントの扱いについて

エポスカードの再発行について詳細をまとめました。

磁気不良や破損などを起こすと、エポスカードの再発行が必要になります。

ただ、申込んでもすぐには届きません。

ある程度の時間がかかります。

再発行の申込み方法とあわせて、所要時間(日数)や手数料、ポイントの取り扱いについて詳しく見ていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • ネット(エポスNet)もしくはエポスカードセンターで申込み
  • エポスカードセンターに行けば即日再発行ができる
  • ネットで申込んだ場合は1週間ほどかかる
  • 再発行手数料はかからない
  • 新しいカードが届いたら登録情報の変更手続きを
スポンサーリンク

エポスカードの再発行はネットかマルイ店舗で申込み

【ここでのポイント】

  • ネット(エポスNet)かエポスカードセンターで申込む
  • 近くにマルイがあるなら、そこで即日再発行ができる
  • ネットであれば1週間ほどで再発行できる

 

エポスカードの再発行は、ネットもしくはエポスカードセンターで申込みます。

それぞれの詳しい手順が次の通り。

ネット(エポスNet)で再発行

  1. エポスNetにログイン
  2. 再発行申込みのページに進む
  3. 必要事項を入力
  4. 内容を確認し送信
  5. 再発行手続き完了

これでネットからの再発行手続きが完了となります。

手続き後、1週間ほどで新しいエポスカードが自宅に届きます。

エポスカードセンター(マルイ)で即日再発行

  1. 最寄りのマルイに行く
    (本人確認書類必須)
  2. エポスカードセンター窓口に行く
  3. 再発行の旨を伝える
  4. 本人確認などを行う
  5. 手続きが完了次第、新しいカードが発行される

最寄りのマルイ(エポスカードセンター)に行けば、窓口で即日再発行してくれます。

窓口での再発行には「本人確認書類」が必須なので、運転免許証やマイナンバーカードなどを持参してください。

また、すべてのエポスカードが即日再発行に対応しているわけではありません。

即日再発行ができるエポスカードが下記の通りです。

エポスカードVisa(シルバー・赤)、エポスゴールドカード、エポスプラチナカード

エポスカードの紛失・盗難にあったら専用ダイヤルに電話

【ここでのポイント】

  • 利用停止手続きを最優先
  • 専用ダイヤルは24時間365日対応してくれる
  • 手続き後は最寄りの警察署に届け出を

 

紛失・盗難にあった場合、すぐにエポスカード紛失受付センターに連絡してください。

連絡次第、ただちにエポスカードが無効化(利用停止)されます。

【エポスカード紛失受付センター】
TEL:03-5340-3333
受付時間:24時間年中無休

連絡した後は、最寄りの警察署(交番)へも届け出てください。

 

ただ、紛失受付センターに連絡しても、無効化(利用停止)しか受付けてくれません。

再発行については、エポスNetもしくはエポスカードセンター(マルイ)で手続きをする必要があります。

エポスカードの再発行に必要なものについて

【ここでのポイント】

  • ネットでの再発行の場合、書類などは不要
  • エポスカードセンターで再発行の場合、本人確認書類が必要

 

エポスNetで再発行する場合、本人確認書類などの提出は不要です。

ただ、新しいカードは郵送で送られてくるのですが、受取時に本人確認を求められることがあります。

また、エポスカードセンター(マルイ)で即日再発行をする場合、本人確認書類が必須です。

本人確認を求められた場合や、エポスカードセンターで再発行する場合は、運転免許証やマイナンバーカードを提示(持参)しましょう。

エポスカードの再発行手数料は無料!

【ここでのポイント】

  • 再発行手数料は無料

 

エポスカードを再発行するにあたり、手数料はかかりません。

無料で再発行できます。

ちなみに他のクレカだと、1,000円ほどの手数料がかかることもあります。

その点、エポスカードは無料で再発行できるのが特徴の一つです。

エポスカードの再発行にかかる日数は最短即日!ネットの場合1週間ほど

【ここでのポイント】

  • ネットの場合は1週間ほど
  • エポスカードセンター(マルイ)であれば即日

 

再発行までにかかる時間は、申込み方法によって異なります。

ネット(エポスNet)で申込んだ場合は、1週間ほどかかります。

手続きや配送に時間がかかると、10日〜2週間ほどかかることも。

2週間以上たってもカードが届かない時は、エポスカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

【エポスカスタマーセンター】
東京:03-3383-0101
大阪:06-6630-0101
オペレーター受付時間:9時30分〜18時(1月1日休)

 

エポスカードセンター(マルイ)に行けば、その場で再発行してくれます。

つまり、即日再発行ができるということ。

ただ、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)が必須なので、忘れると受付けてくれません。

なので、マルイに行く前に必ずチェックしてください。

また、エポスカードセンターの混雑状況によって、所要時間が異なります。

スムーズに進めば15分〜20分ほどで完了しますが、混んでいると30分以上かかることもあります。

念のため、時間に余裕を持って窓口に行きましょう。
▶▶マルイの店舗一覧はこちらから確認

エポスカードを再発行すると16桁のカード番号が変わる!

【ここでのポイント】

  • 16桁のカード番号は新しいものに変わる
  • なので、登録してあるカード情報を変更する必要あり
  • 4桁の暗証番号は引き継がれる

 

エポスカードを再発行すると、16桁のカード番号が変わります。

なので、登録してあるカード情報をすべて変更しなければなりません。
(スマホ料金、公共料金など)

変更せず放置していると、支払い・決済処理が正常に行われません。

その結果、遅延として扱われ各種ペナルティが生じる恐れがあります。

面倒ですが、新しいカードを受け取ったら、すぐに変更手続きをしましょう。

※関連ページ※

エポスカードを再発行してもポイントは引き継がれる

【ここでのポイント】

  • ポイントはそのまま引き継がれる

 

エポスカードを再発行しても、今まで貯めたポイントはそのまま引き継がれます。

もしポイントが引き継がれていなかったら、エポスカスタマーセンターに電話をして、その旨を問い合わせてみましょう。

古いエポスカードの処分方法について

【ここでのポイント】

  • 古いエポスカードは自分で処分する
  • ハサミで細かく切ってからゴミ箱に捨てる
  • 念のため、できるだけ細かく切るのがベスト

 

新しいカードを受け取ったら、古いエポスカードは処分してOKです。

処分方法はとても簡単。

ハサミで細かく裁断して、ゴミ箱に捨てるだけです。

念のため、ICチップ(磁気ストライプ)部分は、できるだけ細かく裁断しましょう。

【補足】エポスカードの再発行が必要になる場面

【ここでのポイント】

  • エポスカードを紛失した・落とした
  • 磁気不良になり(磁気が弱くなり)読み取りができない
  • カード本体やICチップ部分が破損した

 

エポスカードの再発行が必要になる場面の例が、この3つです。

エポスカードそのものを紛失してしまった。

磁気不良や破損が原因で、エポスカードが使えなくなってしまった…などなど。

 

紛失・盗難にあった場合は、再発行する前に利用停止の手続きをしましょう。

紛失・盗難受付デスクは24時間対応しているので、土日祝や早朝・深夜でも手続きを受け付けてくれます。

 

磁気不良や破損によってエポスカードが使えなくなった場合は、コールセンターの営業時間内に電話をして、再発行手続きを進めましょう。

まとめ

  • ネット(エポスNet)もしくはエポスカードセンターで申込み
  • エポスカードセンターに行けば即日再発行ができる
  • ネットで申込んだ場合は1週間ほどかかる
  • 再発行手数料はかからない
  • 新しいカードが届いたら登録情報の変更手続きを