スポンサーリンク

【ANAカード再発行】手数料や日数、ポイントの扱いについて

ANAカードの再発行について詳細をまとめました。

磁気不良や破損などを起こすと、ANAカードの再発行が必要になります。

ただ、申込んでもすぐには届きません。

ある程度の時間がかかります。

再発行の申込み方法とあわせて、所要時間(日数)や手数料、ポイントの取り扱いについて詳しく見ていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 再発行は発行会社に電話で申込む
  • 発行会社ごとに連絡先が異なる
  • カードの種類によって手数料が異なる
  • 再発行には1週間〜10日ほどかかる
  • カードが届いたら、すぐに登録情報の変更を
スポンサーリンク

ANAカードの再発行は発行会社に電話で申込む

【ここでのポイント】

  • 再発行は電話で申込む
  • 申込先は「カード発行会社」
  • 発行会社ごとに電話番号が異なる

 

ANAカードの再発行は、電話で申込みます。

ただ、申込先はANAではなく「ANAカードの発行会社」です。

発行会社名と電話番号は、お手持ちのANAカード裏面に記載されているので、そちらをチェックしてください。

 

参考として、発行会社と電話番号を一覧形式でまとめてみました。

カードの種類発行会社電話番号受付時間
ANA VISA/MASTER三井住友カード0570-004-9809時〜17時
(12/30〜1/3を除く)
ANA JCBJCB
  • 東京:0422-76-1700
  • 大阪:06-6941-1700
  • 福岡:092-712-4450
  • 札幌:011-271-1411
9時〜17時
ANA アメックスアメリカン・エキスプレス0120-010120 または 03-3220-61009時〜17時
(土日祝休み)
ANA ダイナースダイナースクラブ0120-074-024 24時間/年中無休

 

オペレーターにつながったら、再発行したい旨を伝えましょう。

また、カード番号(16桁)の入力を求められるので、お手元にANAカードを準備しておきましょう。

ANAカードの紛失・盗難にあったら専用ダイヤルに電話

【ここでのポイント】

  • 利用停止手続きを最優先
  • 専用ダイヤルは24時間365日対応してくれる
  • 手続き後は最寄りの警察署に届け出を

 

ANAカードの紛失・盗難にあったら、すぐに専用ダイヤルに電話をして、利用停止(無効化)の手続きをしてください。

発行会社ごとの専用ダイヤルが下記の通りです。

カードの種類発行会社電話番号受付時間
ANA VISA/MASTER三井住友カード0120-91945624時間/年中無休
ANA JCBJCB0120-794-08224時間/年中無休
ANA アメックスアメリカン・エキスプレス0120-01012024時間/年中無休
ANA ダイナースダイナースクラブ0120-074-024 24時間/年中無休

 

利用停止(無効化)の手続きが完了すると、その時点でANAカードの利用ができなくなります。

なので、ANAカードを見つけたとしても利用することができません。

また、手続きをしたら最寄りの警察署(交番)に行き、紛失・盗難を届け出ましょう。

ANAカードの再発行に必要なものについて

【ここでのポイント】

  • 再発行を申込む時、必要な書類はない
  • カード受取時に本人確認を求められることがある
  • カードの種類によっては再発行手数料がかかる

 

ANAカードを再発行する際、必要な書類はありません。

なので、本人確認書類などを提出しなくても再発行できます。

ただ、新しいカードは郵送で届くのですが、受取時に本人確認を求められることがあります。

もし求められたら、運転免許証やマイナンバーカードなどを提示してください。

ANAカードの再発行手数料はいくら?1,000円ほどが目安

【ここでのポイント】

  • カードの種類によって異なる
  • かかったとしても手数料は1,000円(税別)
  • 手数料は口座から引き落とされる

 

カードの種類によって異なりますが、再発行手数料はかかったとしても1,000円(税別)です。

また、手数料は口座から引き落とされる形で支払います。

残高不足だと引き落としが行われないので、気をつけてください。
参考▶▶【ANAカード】引き落とし/再引き落とし時間いつ?残高不足だとどうなる?

ANAカードの再発行にかかる日数は1週間〜10日くらい

【ここでのポイント】

  • 1週間〜10日ほど
  • 時期によっては2〜3週間かかる
  • カードが届かない時は発行会社に問い合わせ

 

ANAカードの再発行には、1週間〜10日ほど時間がかかります。

ゴールデンウィークや年末年始などの連休と重なると、2〜3週間かかることも。

再発行を申込んだのに、なかなかカードが届かない・・・という時は、発行会社に電話をして問い合わせてみましょう。

ANAカードを再発行すると16桁のカード番号が変わる!

【ここでのポイント】

  • 16桁のカード番号は新しいものに変わる
  • AMC(ANAマイレージクラブ)番号も変わる
  • 4桁の暗証番号は引き継がれる

 

ANAカードを再発行すると、カード番号とAMC(ANAマイレージクラブ番号)が変わります。

※磁気不良による再発行の場合、AMC番号は変わらず引き継がれます。

カード番号が変わる=登録してあるカード情報を変更する必要があります。

変更せずそのままにしていると、支払い・決済処理が正常に行われません。

その結果、未納として扱われ、遅延損害金などのペナルティが生じる恐れがあります。

なので、新しいANAカードが届いたら、すぐに登録情報を変更しましょう。

 

※関連ページ※

ANAカードを再発行してもマイルは引き継がれる

【ここでのポイント】

  • マイルはそのまま引き継がれる
  • 予約の取扱いについてはANAのお問い合わせ窓口に問い合わせ

 

ANAカードを再発行しても、これまで貯めたマイルはそのまま引き継がれます。

再発行したからといって、マイルがリセットされることはありません。

ただ、予約の取扱いには注意が必要。

AMC番号が変わると、予約の確認・変更ができないからです。

詳しくはANAのお問い合わせ窓口に問い合わせてください。
▶▶お問い合わせ窓口はこちら

古いANAカードの処分方法について

【ここでのポイント】

  • 古いANAカードは自分で処分する
  • ハサミで細かく切ってからゴミ箱に捨てる
  • 念のため、できるだけ細かく切るのがベスト

 

新しいカードが届いたら、古いANAカードは処分してOKです。

ただし、そのまま捨てるのはNG。

なので、ハサミで細く裁断してからゴミ箱に捨てましょう。

特にICチップ(磁気ストライプ)部分は、細かく裁断しましょう。

【補足】ANAカードの再発行が必要になる場面

【ここでのポイント】

  • ANAカードを紛失した・落とした
  • 磁気不良になり(磁気が弱くなり)読み取りができない
  • カード本体やICチップ部分が破損した

 

ANAカードの再発行が必要になる場面の例が、この3つです。

ANAカードそのものを紛失してしまった。

磁気不良や破損が原因で、ANAカードが使えなくなってしまった…などなど。

 

紛失・盗難にあった場合は、再発行する前に利用停止の手続きをしましょう。

紛失・盗難受付デスクは24時間対応しているので、土日祝や早朝・深夜でも手続きを受け付けてくれます。

 

磁気不良や破損によってANAカードが使えなくなった場合は、コールセンターの営業時間内に電話をして、再発行手続きを進めましょう。

まとめ

  • 再発行は発行会社に電話で申込む
  • 発行会社ごとに連絡先が異なる
  • カードの種類によって手数料が異なる
  • 再発行には1週間〜10日ほどかかる
  • カードが届いたら、すぐに登録情報の変更を