スポンサーリンク

【NifMo支払い遅れ】引き落とし日に残高不足を起こすと生じる問題

NifMo(ニフモ)の支払いに遅れると、さまざまな問題が生じます。

すぐには強制解約になりませんが、未納の状態が1〜2ヵ月ほど続くと、NifMoの利用が停止されてしまいます。

そして、利用停止になった場合、未納分を支払わないと停止が解除されません。

残高不足で引き落としができなかった時の対処法や、NifMoの締め日・支払日、引き落としが行われる時間などについて、詳しくチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 締め日は月末、請求日は翌月5日〜7日
  • 引き落とし日はカード会社ごとに異なる
  • 残高不足で引き落としができないと遅延扱いになる
  • 遅延が続くと、NifMoの支払いが滞る恐れあり
スポンサーリンク

NifMoの支払い方法について

【ここでのポイント】

  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 対応ブランドはVISA・MasterCard・JCB・American Express・Diners Club

 

NifMo(ニフモ)の支払い方法は、原則クレジットカードのみです。

そして、対応しているブランドが5つ。

VISA・MasterCard・JCB・American Express・Diners Club

口座振替(銀行引き落とし)には対応していないので、お気をつけください。

NifMoの締め日・引き落とし日について

【ここでのポイント】

  • 締め日:月末
  • 請求日:翌月5日〜7日
  • 引き落とし日:カード会社ごとに異なる
  • 土日祝日は引き落としが行われない

 

NifMo(ニフモ)の締め日は月末で、翌月5日〜7日にかけてカード会社に請求が送られます。

また、引き落とし日はカード会社ごとに異なります。

お使いのカードによって引き落とし日が違うので、ホームページなどで確認してください。

ちなみに、土日祝日は金融機関が休業日なので、引き落としが行われません。

引き落とし日が土日祝日にかさなる場合は、翌営業日に引き落としが行われます。

締め日・請求日は変更することができない!

【ここでのポイント】

  • 締め日・請求日の変更はできない
  • 支払いが困難な時はコールセンター(サポートセンター)に電話

 

NifMo(ニフモ)の締め日・請求日は変更することができません。

事情によって支払いが困難な時は、@niftyカスタマーサービスデスクに電話をして相談しましょう。

【@niftyカスタマーサービスデスク】
TEL:0570-03-2210
受付時間:10時〜19時
(年中無休)

スポンサーリンク

NifMoの引き落とし時間は金融機関に準ずる

【ここでのポイント】

  • 引き落とし時間は金融機関ごとに異なる
  • 基本的には1日二回、引き落としが行われる
  • 一回目は0時〜午前にかけて
  • 二回目は午後〜夕方(夜間)にかけて
  • 朝一〜お昼までに入金すれば引き落としに間に合う

 

NifMoの支払い(クレジットカード払い)について、引き落とし時間は金融機関ごとに異なります。

なので、詳しい引き落とし時間を知りたい時は、金融機関の取引店に問い合わせる必要があります。

 

ちなみに…

多くの金融機関では1日二回、引き落としが行われています。

一回目は0時〜午前にかけて、二回目は午後〜夜間にかけて。

そのため、朝一〜お昼までに入金すれば、当日入金でも引き落としに間に合います。

※主要金融機関の引き落とし時間は、こちらのページでまとめてあるので、参考にしてください。
▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

朝一〜お昼までに入金すれば当日中の引き落としに間に合う

【ここでのポイント】

  • 多くの銀行では1日二回、引き落としが行われる
  • そのため、朝一〜お昼までに入金すれば引き落としに間に合う
  • 引き落とし日を過ぎると「遅延」として扱われる
  • 遅延損害金、カード利用停止などのペナルティが生じる
  • NifMoの料金未納が続くと、NifMoの利用停止→強制解約になる恐れが

 

多くの金融機関では1日二回、引き落としが行われています。

なので、朝一〜お昼までに入金しておけば、当日中の引き落としに間に合います。

ただ、入金が間に合わず引き落としができないと「遅延」扱いになります。

クレジットカードの支払いを遅延すると、遅延損害金やカード停止などのペナルティが生じます。

そして、カード停止が続くとNifMoの支払いも処理されないので、NifMoすら利用停止になる恐れもあります。

当日入金する時の注意点|引き落としができたか?必ず確認

【ここでのポイント】

  • 当日入金した後は必ず「引き落としができたか?」必ず確認すること
  • ネットバンキングで明細を見る、銀行ATMで記帳するなどして確認
  • ネットバンキングで明細を見るのが一番簡単

 

当日入金した後は必ず「引き落としがちゃんとできているか?」確認してください。

ネットバンキングで明細を見る、銀行ATMで記帳する、取引店に電話で問い合わせる。

この3つの方法で確認できます。

一番簡単なのは、ネットバンキングで明細を見ることです。

ネットバンキングは24時間利用できるので、いつでも・どこからでも明細を確認できます。

スマホやパソコンからネットバンキングにログインして、明細を確認しましょう。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

NifMoの引き落としは平日のみ|土日祝日は引き落とされない

【ここでのポイント】

  • NifMo(クレジットカード払い)の引き落としは平日しか行われない
  • 土日祝日は金融機関が休業日のため
  • 引き落とし日が土日祝日にかさなる場合は、翌営業日に引き落とし

 

金融機関の営業日は平日のみで、土日祝日は休業日です。

そのため、土日祝日は引き落とし処理が行われていません。

クレジットカードの引き落とし日が土日祝日にかさなる場合は、翌営業日(平日)に処理されます。

残高不足で引き落としができなかった時に生じる問題

【ここでのポイント】

  • クレカの引き落としができないと、遅延損害金・カード利用停止などの問題が生じる
  • NifMoの料金が未納になると、催促が届くことがある
  • 支払い期限までに支払わないと利用停止になる恐れあり

 

まず、クレジットカードの引き落としができないと「遅延」扱いになります。

遅延すると、遅延損害金やカード停止などの問題が生じます。

そして、カード停止になるとNifMoの支払い(決済)が正常に処理されません。

その結果、料金未納になってしまいます。

未納になると、後日催促が届くこともありますし、支払期限までに支払わないと、NifMoの利用も停止になる恐れが。

最悪の場合、強制解約になることもあるので、未納(滞納)しないように注意する必要があります。

利用停止日はいつ?利用停止になるタイミングについて

【ここでのポイント】

  • 請求日から1ヵ月半〜2ヵ月ほどで利用停止になる
  • あくまでも目安なので、前後することもある

 

利用停止になるタイミングについて、正確な日にちを断言することはできません。

目安としては、請求日から1ヵ月半〜2ヵ月ほどで利用停止になると思っておきましょう。

スポンサーリンク

利用停止を解除するには未納分を支払う必要がある

【ここでのポイント】

  • 利用停止になった場合、未納分を支払う必要あり
  • 支払い方法はNifMoのサービスデスクに問い合わせ

 

NifMoの利用が停止になった場合、未納分を支払わないと解除されません。

支払い方法などについては、@niftyカスタマーサービスデスクにお問い合わせください。

【@niftyカスタマーサービスデスク】
TEL:0570-03-2210
受付時間:10時〜19時
(年中無休)

まとめ

  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 締め日は月末、請求日は翌月5日〜7日
  • 引き落とし日はカード会社ごとに異なる
  • 残高不足で引き落としができないと遅延扱いになる
  • 遅延が続くと、NifMoの支払いが滞る恐れあり