スポンサーリンク

【クレジットカードの利用限度額】勝手に引き上がる/自動で増額される理由3つ

あれ?なんで限度額がこんなに増えてるの?

会員サイトなどで明細を見てみたら、いつの間にか限度額が増額されていた。

こんな状況になることがあります。

誰かが勝手に申込んだ?不正利用!?と心配になりますが…大丈夫です。

限度額が勝手に引き上がるのは、ちゃんとした理由があります。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 増額案内が届く理由は「実績が評価された」から
  • 限度額=カード会社からの信用度と捉えてOK
  • 希望に応じて限度額を下げることができる
  • 利用状況によっては増額案内が届くこともある
  • すぐに応じず、必要性を検討した方がいい

返済を延滞することなくクレカを利用していくと、徐々に利用実績が評価されていきます。

そして、クレカ会社が「この利用者は問題なく使っているな」と判断すると、自動的に限度額が増額されるんです。

事前に一言、言ってくれればいいんですけどね…。

みんなの声|限度額が勝手に上がっている、増えているのですが

  • 勝手に増額されている利用者は非常に多い
  • Yahoo!知恵袋にも数々の質問が投稿されている

 

Yahoo!知恵袋などを見てみると、やはり勝手に増額されていることに対し不安を感じている人は多いようです。

下記の+ボタンをタッチすると、Yahoo!知恵袋に投稿されている声をチェックできます。

勝手に20万増えていた

クレジットの利用可能額が勝手に20万増えていたのですが、なぜなのでしょうか

可能額が増えていたことはあり得る?

JCBカードのご利用可能額が増えていたということはあり得るんでしょうか?

もしかしたら設定金額を超えてしまったと思い、利用状況の明細を確認したところ、元々の可能額は少し超えていたのですが、同時に利用可能額も増えていました。
こういうことはあり得るのかどうか、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。

利用可能額が勝手に70万円に

カードの利用可能額が勝手に上がってるのですが…

本日、クレジットカードのサイトを見たところ、利用可能額が70万円に上がってました。
確か7年前に作ったとき可能額が20万円くらいだったのに…。

限度額が20万円ほど増えていました

クレジットカードの上限額が勝手にあがるってことありますか?
先ほどセディナのクレジットカードの残高をネットでみようとしたら、限度額が20万ほど増えていました。

そんな申請した記憶はなく、またお知らせなどの手紙も届いていません。

怖くなりました。

事前に告知をするとか、電話をするとか…

それくらいの対応をしてくれるとありがたいんですけどね。

ちなみに…

クレジットカードの利用規約に、限度額の見直しについて記載されていることもあります。
(利用規約なんて隅々まで目を通しませんよね)

利用状況や返済状況を基にして、限度額が見直されます。

で、その結果「増額」されるわけですね。

スポンサーリンク

クレジットカードの限度額が勝手にあがる2つのパターン

【ここでのポイント】

  • 気がついたら勝手に上がっている
  • 事前に増額案内が届く

 

「増額を申込んだおぼえなんてないのに…」

「ラッキー♪…と思っていいのかな?」

いつの間にか限度額が増額されていると、あれ?と思いますよね。

勝手に引き上がっているパターンは主に2つあります。

それぞれの詳細は、下記の+ボタンをタッチすると確認できます。

パターン1.気がついたら勝手に上がっている

会員サイトや明細書を見てみたら「あれ!?限度額が50万円になっている!」というパターンです。

同じクレカを半年〜1年くらい使っていると、いつの間にか増額されていることがあります。

パターン2.増額される前に増額増額が届く

こちらは親切なパターンですね。

「限度額を上げますね〜」という案内が事前に届きます。

とはいえ、そんなに一方的に言われても…と思ってしまいます。

好意なのかもしれせんが、ありがた迷惑になりかねませんよね。

※クレジットカードの増額案内については、こちらの項目で詳細をチェックできます。
▶▶増額案内はなぜ届く?増額案内が届く3つの理由

限度額が勝手に引き上げられる3つの理由

【ここでのポイント】

  • 利用実績が評価された
    (長期間・定期的に利用している)
  • 返済状況が良好
    (滞りなく返済を続けている)
  • もっとカードを利用して欲しい
    (カード会社は手数料などで利益を得ているため)

 

クレジットカードの限度額は、何の理由もなしに引き上げられるものではありません。

カード会社も意図を持って限度額を引き上げています。

なぜ勝手に引き上げられるのか?というと、理由は3つあります。

利用実績が評価されたから

まず挙げられる理由が「利用実績」です。

半年〜1年以上、定期的にクレカを利用していると、実績ができていきます。

クレカ会社からすれば、カードを使ってくれるお客さん=優良顧客となります。

そして、今後も末永く利用していただきたいという気持ちもあり、限度額を引き上げるわけです。

ちなみに、限度額=カード会社からの信用度、実績と捉えることもできます。

なので、限度額が引き上がった=それだけ信用されている、実績が評価されています。

滞りなく返済を続けているから

クレジットカードの返済は「自動引き落とし」で行われます。

カード会社によって締め日・支払日が異なりますが、滞りなく返済を続けることで「キチンと約束を守る人」と評価されます。

1日でも(一回でも)返済に遅れると、信用度が著しく低下します。

また、常習的に返済遅れを繰り返していると、限度額が引き下げられることもあります。

※返済遅れについては、こちらのページで詳細をチェックできます。
▶▶【クレジットカードの残高不足】引き落とし日に支払いできないとどうなる?

もっとカードを利用して欲しいから

クレジットカード会社は「手数料」で利益を得ています。

カード加盟店(お店側)からも手数料をもらっていますが…

カード利用者(一般客側)も手数料が生じます。

リボ払い・分割払い手数料などですね。

リボ払い・分割払いは、一回あたりの返済負担を軽くできますが、返済期間が長引きます。

それに伴い手数料も生じるので、返済総額が多くなります。

スポンサーリンク

自動増額・勝手に引き上げられた時の注意点

【ここでのポイント】

  • 引き下げずにそのままにしておくのもアリ
  • ただし、余裕があるとついつい使ってしまいがち
  • 迂闊にリボ・分割払いにすると、手数料が生じてしまう

 

ただ、いざという時のために余裕を残しておくことのデメリットもあります。

というのも、限度額に余裕があると「油断して使ってしまいがち」なんですよね。
(管理ができる人なら心配ありませんが…)

まだこんなに余裕があるなら、アレも買っちゃおう♪

ボーナスも入るし、せっかくだから奮発して買い物しよう♪

…買い物をする時はテンションが高いですが、明細を見た時にギョッとなります。

こんなに使ったっけ?今月ピンチになるかも…という感じです。

リボ払いや分割払いにすれば、毎月の返済負担は軽くなりますが…

手数料が生じるため、総支払額が多くなってしまいます。

このように、限度額の増額にはリスクも伴います。

使いすぎることのないよう、利用額や残りの限度額は常に把握する習慣をつけたいですね。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

限度額を下げてもらうこともできる|申込み方法と注意点

【ここでのポイント】

  • クレカ会社に電話をすれば、限度額を引き下げることができる
  • ただし、元の限度額に戻す場合は増額審査が必要になる

 

とはいえ…

こんなに増額されても、あんまり使う機会がないんだよね…。

という場合は、クレジットカード会社に電話をすれば、限度額の引き下げに応じてくれます。

理由を尋ねられることもありますが「こんなに使わないので」とか「前の限度額で十分です」と、正直に伝えても大丈夫です。

限度額の引き下げをお願いする時の注意点

引き下げは何の審査もなく反映されます。

でも、引き下げた後に「あ、やっぱり増額された時の限度額に戻したい」と思った場合は…

こちらから増額を申込む必要があります。

しかも、所定の審査も行われます。

なので、審査の結果次第では増額できないこともあります。

この心配を考えると、引き下げずに利用するのもアリと言えます。

※限度額の増額審査については、こちらのページで詳細をチェックできます。
▶▶【クレジットカードの利用限度額】増額審査の基準や所要日数など完全まとめ

クレジットカードの増額案内について|届くタイミングはランダム

【ここでのポイント】

  • 増額案内はある日、突然届く
  • とはいえ、遅延や延滞をしていなければ問題なし
  • 普通に電話に出て対応すればOK

 

増額案内が届く前に、クレジットカード会社からハガキで案内が届く。

メールアドレス宛てに連絡が届く。

このような告知が一切なく、いきなりスマホ(携帯)に電話がかかってきます。

「何か問題でもやらかしたか?」
「一括返済でも請求されるのか?」

突然の電話ですから、このような不安があたまをよぎります。

でも…

延滞・遅延していなければ、返済を催促されることはありません。

健全にクレカを利用しているなら、ビクビクせず電話に出て対応しましょう。

目安として、クレカを半年〜1年くらい使っていると、担当者から「増額案内の電話」が届きます。

誰にでも届くわけではなく、一定の基準を満たしている利用者の中からランダムでかけられます。

そして、電話の内容は次の通りです。

  • 限度額の増額の案内で電話をしました。
  • 利用状況に問題はないので、この電話で増額が申込めます。
  • この機会にぜひご検討ください。

 

こちらからすると、「わざわざ案内をくれたんだから、申込んだ方がいいのかな?」と思いますよね。

限度額が増額されると金利が下がることもありますから、これといって損することもなさそうですが…

今すぐに申込むのは待った方がいいです。

一旦保留にして、あとから申込んだ方がいいこともあります。

スポンサーリンク

増額案内はなぜ届く?増額案内が届く3つの理由・条件

【ここでのポイント】

  • そのクレカを長期間利用している
    (半年〜1年以上が目安)
  • 定期的にクレカを利用している
    (クレカで買い物や支払いをしている)
  • 滞りなく返済を続けている
    (遅延が1回もない)

 

クレカの利用者みんなに増額案内が届くわけではありません。

クレカ会社の基準を満たしている利用者の中から、該当者をランダムでピックアップして、電話をかけています。

では、どのような基準を満たせば電話がくるのか?というと、基準が上記の3つです。

特に大事なのが「滞りなく返済を続けること」です。

クレカを利用する=一時的にお金を立て替えてもらう=借金がある状態ですからね。

期日通りに返済を続けることで、信頼度も高まっていきます。

そして、クレカ会社からの信頼を得られると、増額や金利引下げなどの提案も通るようになります。

増額案内にすぐ応じない方がいい理由3つ

【ここでのポイント】

  • そもそも増額の必要がないかも
  • 増額すると使えるお金が増えると勘違いしてしまう
  • 必ずしも増額できるとは限らない

 

「なんですぐ応じない方がいいの?」

というと、理由は主に3つあります。

下記の+ボタンをタッチすると、詳細を確認できます。

1,そもそも増額の必要がないかも

例えば、今の限度額が30万円だとします。

毎月の利用額は5万円〜10万円くらい。

これなら増額する必要ありませんよね?

「いざという時のために増額しておくという方法もありますよ」

と案内されるかもしれませんが…

しばらく高い買い物をする予定がないなら、案内に応じる必要はありません。

というか、案内に従って増額に申込んでも、100%確実に増額できるとは限りませんからね。

理由2.使えるお金が増える...と勘違いする

これも怖いんですよね。

限度額が増額されると、あたかも「使えるお金が増えた」と思ってしまうんです。

今月はまだこれだけ余裕があるから、ちょっと高い買い物でも…

という感じで油断しがちです。

で、気づいたら限度額ギリギリまで使っていて…毎月の返済が苦しくなる、ということになりかねません。

理由3.必ずしも増額できるとは限らない

クレカ会社から増額案内が届く=絶対に増額できる!と思いますよね。

でも、そうじゃないんです。

案内に従って申込んでも、こちらから電話やネットで申込んでも、必ず「審査」が行われます。

審査は平等に行われますから、案内があった方が有利〜ということはありません。

「やった♪この機会に増額できる」

と思っていても…審査に通過できずめちゃくちゃ落ち込むということもあります。

しかも、他のクレカの利用状況によっては、限度額が引き下げられることもあります。

期待させるだけさせておいて、一気にどん底に落とす感じですね。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

増額案内に応じる前に必ずやること

【ここでのポイント】

  • その場ですぐ申し込まない方がいい
  • 一旦検討して、必要なら後日こちらから申込みを

 

増額案内の電話が届いたら、その場は一旦保留にしておくのが好ましいです。

「ちょっと考えてから申込みます〜」

と言って断っても、わかりましたとすぐ納得してくれます。

強引な営業をしてくるとか、毎日のように電話がくるということはありません。

今は別にいいかな…と思ったら、遠慮せず断わりましょう。

そして、じっくり検討し、必要があるようなら増額を申込みましょう。

まとめ

  • 増額案内が届く理由は「実績が評価された」から
  • 限度額=カード会社からの信用度と捉えてOK
  • 希望に応じて限度額を下げることができる
  • 利用状況によっては増額案内が届くこともある
  • すぐに応じず、必要性を検討した方がいい

 

増額案内が届く=100%増額できると勘違いしがちです。

でも、確実に増額できるわけではありません。

審査の結果次第では、増額できないこともあります。

また、限度額が自動で増額されるのは「あなたの利用実績が評価されたから」です。

限度額に余裕があっても絶対に使い過ぎない!という意志があるなら、そのまま使い続けても大丈夫。

でも、もしかしたら使いすぎるかも…という場合は、クレカ会社に電話をして引き下げてもらいましょう。