スポンサーリンク

【dカードの締め日と時間】15日の23時59分に締められます!

dカードの締め日・時間は、15日の23時59分です。

土日祝日でも15日に締められ、翌月の10日に引き落とされます。

ただ、利用する日時によっては請求にズレが生じることもあります。

締め日・引き落とし日の仕組みとあわせて、なぜズレが生じるのか?理由も詳しく見ていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • dカードの締め日・時間は15日の23時59分
  • 土日祝日でも15日に締められる
  • 引き落とし日は翌月10日
  • 土日祝日の場合は翌営業日に引き落とされる
  • 引き落とし時間は銀行ごとに異なる
スポンサーリンク

dカードの締め日は15日、引き落とし日は翌月10日

【ここでのポイント】

  • dカードの締め日は15日
  • 土日祝日でも15日に締められる
  • 引き落とし日は翌月10日
  • 土日祝日の場合は翌営業日に引き落とされる
  • 締め日・引き落とし日は変更できない

 

dカードの締め日は15日、引き落とし日は翌月10日です。

15日が土日祝日だとしても、その日に締められます。

ただ、10日が土日祝日の場合、翌営業日に引き落とされます。

土日祝日は銀行が休業日で、引き落としが行われないからです。

例えば、10日が土曜だとしたら、12日の月曜日に引き落とされます。

ちなみに…

dカードの締め日・引き落とし日は変更することができません。

15日締め→10日引き落としというスケジュールが絶対です。

支払額が大きい時などは、あとから分割・あとからリボに変更するなどして対応しましょう。
参考▶▶【dカード】締め日と引き落とし日の変更はできない!

締め日・引き落とし日のスケジュールを一覧で確認

以下、dカードの締め日・引き落とし日のスケジュール一覧です。

利用月締め日引き落とし日
1月1月15日2月10日
2月2月15日3月10日
3月3月15日4月10日
4月4月15日5月10日
5月5月15日6月10日
6月6月15日7月10日
7月7月15日8月10日
8月8月15日9月10日
9月9月15日10月10日
10月10月15日11月10日
11月11月15日12月10日
12月12月15日翌年1月10日

※締め日は土日祝日(休日)の影響を受けないため、15日に締められます。

※引き落とし日が土日祝日の場合、翌営業日に処理されます。

稀に締め日がズレる(後ろにズレる)こともある。前にズレることはない。

【ここでのポイント】

  • 15日に利用した分が、翌月に請求される(締められる)ことがある
  • 加盟店がdカード側へ請求する時、遅れが生じることが原因
  • ズレるとしても後ろの月。前の月にズレることはない

 

原則として15日に締められますが、稀にズレが生じることがあります。

前月16日〜当月15日までの利用分→翌月10日引き落とし

これが通常のスケジュールなのですが…

当月15日に利用した分が、翌月分として請求されることがあるんです。
(15日に利用したのに、明細には「16日利用」と記載される)

なぜズレが生じるのか?というと、加盟店(店舗)がdカード側へ請求を送る時、遅れることがあるため。

とはいえ、ズレとしても後ろの月です。

前の月にズレることはないので、安心してください。

締め日が土日祝日(休日)でも15日に締められる

【ここでのポイント】

  • 締め日は土日祝日(休日)の影響を受けない
  • そのため、15日が土日祝日でもその日に締められる
  • そして、翌月10日に引き落とされる

 

締め日は土日祝日の影響を受けません。

そのため、15日が土日祝日だとしても、その日に締められます。

そして、翌月10日に引き落とされます。

締めの時間について|15日の23時59分に締められる

【ここでのポイント】

  • 15日の23時59分に締められるのが基本
  • dカードを使ったタイミングによっては、後ろにズレることがある
  • 深夜にdカードを使う時は、ズレが生じやすい

 

もっと細かい部分を見ていくと、締められる日時は15日の23時59分になります。

ただ、締め日・締め時間ぎりぎりにdカードを利用すると、ズレが生じやすいです。

15日に利用したのに、16日の利用分になっていた〜という形。

今月分として利用したい!

という時は、日時に余裕を持ってdカードを利用しましょう。
(13日〜14日ころまでを目安に使う)

締め日・引き落とし日を変更することはできない

【ここでのポイント】

  • dカードの締め日・引き落とし日の変更はできない
  • 延長することもできない
  • 支払いが厳しい時は電話で相談

 

dカードの締め日・引き落とし日を変更することはできません。

15日締め→翌月10日引き落としというスケジュールが絶対です。

とはいえ、事情によって引き落としに間に合わない…とか、支払いに遅れそう…となることもあります。

そんな時は、下記の連絡先に電話をして、支払い方法の変更を行いましょう。

締め日・引き落とし日は変更できませんが、あとから分割・あとからリボに変更できます。
参照▶▶【dカード】締め日と引き落とし日の変更はできない!

dカード会員の方
dカードセンター
0120-300-360受付時間
10時〜18時
dカード GOLD会員の方
dカード ゴールドデスク
0120-700-360受付時間
10時〜18時

支払い金額が仮確定するのは15日

【ここでのポイント】

  • 締め日である15日に支払額(引き落とし額)が仮確定
  • その月の27日前後に正式確定する

 

締め日(15日)になると、支払額が仮確定します。

この時点ではまだ仮確定で、その月の27日前後に正式確定します。

支払い金額が正式に確定するのは27日前後

【ここでのポイント】

  • 利用者によって確定日が異なるケースがある
  • 目安として27日前後に確定する
  • 金額が確定したら、早めに引き落とし口座に入金を

 

支払額(引き落とし額)が確定するのは27日前後。

利用者ごとに異なることがありますが、大体27日に引き落とし額が確定します。

正式に確定したら、早めに入金しましょう。

うっかり忘れで残高不足を起こすと、引き落としができず「遅延」扱いになる可能性があるからです。
参照▶▶【dカード支払い遅れ】残高不足で引き落としができないと生じるペナルティ

引き落とし日は10日だけど、時間は銀行ごとに異なる

【ここでのポイント】

  • dカードの引き落とし日は10日
  • だけど、引き落とし時間は銀行ごとに異なる
  • 多くの銀行では1日二回、引き落としが行われる
  • 一回目は0時〜午前、二回目は午後〜夜間
  • 朝一〜お昼までに入金すれば引き落としに間に合う

 

dカードの引き落とし日は10日ですが、10日の何時に引き落とされるのか?は、利用者ごとに異なります。

なぜかというと、引き落とし時間は銀行に準ずるからです。

銀行(本支店)ごとに引き落とし時間が違うので、正確な時間を断言することができません。

参考として、主要銀行の引き落とし時間をまとめてみました。

銀行名一回目二回目
みずほ銀行0時〜〜23時59分
三菱UFJ銀行0時〜1時〜23時59分
三井住友銀行0時〜〜23時59分
りそな銀行0時〜19時
ゆうちょ銀行9時21時

参照▶▶【クレジットカード引き落とし】時間は何時?実は金融機関ごとに異なる!

 

基本的には1日二回、引き落としが行われます。

一回目は0時〜早朝にかけて、二回目は午後〜夜間にかけて。

なので、引き落とし日のお昼までに入金すれば、当日中の引き落としに間に合います。

利用可能額の回復にかかる時間は最短当日〜5営業日ほど

【ここでのポイント】

  • 早ければ引き落としが行われたその日に、利用可能額が回復する
  • 場合によっては4〜5営業日ほどかかることもある
  • 銀行からdカード側に引き落とし結果が届き次第、反映されるため

 

早ければ引き落とし当日(10日のうち)に、利用可能額に反映されます。

ただ、長引いて4〜5営業日ほどかかることもあります。

銀行からdカードに引き落としの結果が届き次第、反映されるからです。

大手銀行は比較的早く届きますが、小規模の地方銀行だと時間がかかりやすいです。

とはいえ、ちゃんと引き落としができていれば大丈夫。

ネットバンキングで明細を見る、記帳するなどして、引き落としができているか?必ず確認しましょう。

残高不足で引き落としができなかった時に生じるペナルティ

【ここでのポイント】

  • 遅延損害金
  • dカードの利用停止
  • 催促(ハガキ・電話)
  • 信用度の著しい低下
  • dカードの社内データに記録

 

残高不足を起こすと引き落としができず、様々なペナルティが生じます。

延滞金にあたる遅延損害金。

支払いが完了するまでdカードが利用停止になる。

連絡を怠っていると催促が届く…などなど。

dカードのペナルティについて、下記のページで解説されているので、参考にしてください。
▶▶【dカード支払い遅れ】残高不足で引き落としができないと生じるペナルティ

支払いが遅れそうな時はdカードセンター(ゴールドデスク)に連絡

【ここでのポイント】

  • 支払いに遅れそう、入金が間に合わない時はすぐ連絡
  • 連絡先はdカードセンター/dカードゴールドデスク
  • 支払いに遅れそうなことを正直に伝える

 

支払いに遅れそう。

入金が間に合わず残高不足を起こしそう。

このような時は、下記の連絡先に電話をしてください。

dカード会員の方
dカードセンター
0120-300-360受付時間
10時〜18時
dカード GOLD会員の方
dカード ゴールドデスク
0120-700-360受付時間
10時〜18時

一般カードを利用している方は「dカードセンター」に。

ゴールドを利用している方は「ゴールドデスク」に電話を。

オペレーターの受付時間は10時〜18時なので、この時間内に電話をしてください。

そして、オペレーターにつながったら支払いに遅れそうな旨を伝えましょう。

 

万が一支払いに遅れてしまったら、dカード受託センターに連絡してください。

支払い前は「dカードセンター/ゴールドデスク」に連絡。

支払い後(遅れた場合など)は、dカード受託センターに連絡。

支払い前後で連絡先が異なるので、かけ間違いのないよう注意が必要です。

【ドコモdカード受託センター】
TEL:0570-783-890
受付時間:8時15分〜20時45分
(年末年始休み)

まとめ

  • dカードの締め日・時間は15日の23時59分
  • 土日祝日でも15日に締められる
  • 引き落とし日は翌月10日
  • 土日祝日の場合は翌営業日に引き落とされる
  • 引き落とし時間は銀行ごとに異なる