スポンサーリンク

【楽天カード】引き落とし/再引き落とし時間はいつ?残高不足を起こすとどうなる?

楽天カードの引き落とし時間は、金融機関ごとに異なります。

引き落とし日は27日ですが、何時に引き落とされるのかは金融機関によりけり。

そこで、主要銀行の引き落とし時間などをまとめてみました。

何時に引き落とされるのか?当日入金でも間に合うのか?

また、再引き落としは行われているのか?などを、詳しくチェックしていきましょう!

まずはこちらの表をご覧ください。

メガバンクの引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
みずほ銀行0時〜〜23時59分
三菱UFJ銀行0時〜1時〜23時59分
三井住友銀行0時〜〜23時59分
都市銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
りそな銀行0時〜〜19時
埼玉りそな銀行0時〜〜19時
ゆうちょ銀行9時21時
ネット銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
ソニー銀行0時〜〜23時59分
イオン銀行0時〜〜23時59分
楽天銀行5時〜19時〜
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行0時〜〜23時59分
大手地銀の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
北洋銀行0時〜午後〜夜間
横浜銀行0時〜午後〜夜間
千葉銀行0時〜午後〜夜間
静岡銀行0時〜午後〜夜間
福岡銀行0時〜午後〜夜間

この表を参考にしながら、続けて本題(このページの本文)に入っていきます!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 引き落とし時間・タイミングは金融機関によって異なる
  • 正確な引き落とし時間は金融機関に電話をして確認
  • 当日入金でも間に合うかどうかは「金融機関次第」
  • 朝一に入金すれば、基本的には間に合う
  • 当日入金が間に合わない時は再引き落としや振込返済で支払いを
  • 再引き落としの有無や時間は金融機関ごとに異なる
  • 対応している金融機関の場合、4営業日の間再引き落としが行われる

 

楽天カードの引き落とし日は「27日」です。
(銀行休業日の場合は翌営業日に引き落とし)

締日・引き落とし日を変更することはできません。

なので、引き落とし前日までには入金を済ませておきましょう。

どうしても間に合わない、遅れそうという時は「コンタクトセンター(0570-66-6910)」に電話をしてください。

連絡しないままでいると、遅延扱いになる恐れがあるからです。

遅延扱いになると、遅延損害金が生じる・カードの利用が停止になるといった問題が生じます。

そうならないためにも、早めに連絡・相談することを心がけましょう。

スポンサーリンク

締め日・引き落とし日を延長(変更)することはできない!

【ここでのポイント】

  • 引き落とし日(27日)を変更することはできない
  • 土日祝日は引き落としが行われていない
  • 銀行休業日の場合は翌営業日に引き落とし

 

楽天カードの引き落とし日を変更することはできません。

「月末締め→翌月27日引き落とし」という形が絶対です。

クレジットカードの種類(ブランド)によっては、引き落とし日を変更することができますが…

楽天カードの場合はそれができません。

なので、引き落とし日に間に合わないという時は、早めにコンタクトセンターに電話をして相談をしましょう。

楽天カードの引き落とし時間はいつ?金融機関によって時間が異なる

【ここでのポイント】

  • 引き落とし時間は金融機関によって異なる
  • 一回だけしか処理が行われない金融機関もある
  • 正確な引き落とし時間は銀行の取引店に問い合わせ

 

楽天カードは締日が月末、引き落とし日が「翌月27日」です。
(金融機関が休業日の場合は翌営業日に引き落とし)

でも、楽天カードのページ(よくある質問)を見ても、何時に引き落としが行われるのか?については明記がありません。

27日の何時に引き落としが行われるのか?気になるところ。

 

ただ…

楽天カードの引き落とし時間については、正確な時間を断言することができないんです。

というのも、金融機関によって引き落とし時間が異なるからです。

さらに、同じ銀行でも本支店(店舗)ごとに引き落とし時間が異なります。
(店舗ごとに利用者数や引き落とし件数・順番が違うため)

なので、詳しい引き落とし時間については、取引店に電話をして問い合わせる必要があります。

 

ちなみに…

多くの金融機関では1日二回、引き落としが行われています。

一回目:0時〜順次

二回目:午後〜夜間にかけて

入金が反映され次第、即時引き落としを行っている金融機関もあります。

主要銀行の引き落とし時間について調査し、まとめてみたので、参考にしてください。

※参考にしたページがこちら
▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

みずほ銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時〜順次夜間

参考ページ▶▶【みずほ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

みずほ銀行は、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜順次。二回目は夜間。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

三菱UFJ銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時〜1時ころ夜間

参考ページ▶▶【三菱UFJ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三菱UFJ銀行は、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜1時ころにかけて。二回目は夜間。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

三井住友銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時〜順次夜間

参考ページ▶▶【三井住友銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三井住友銀行は、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜順次。二回目は夜間。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

りそな銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時ころ〜19時までに順次

参考ページ▶▶【りそな銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

りそな銀行は、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時ころ。二回目は19時までに順次。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

ただ、19時以降の入金だと当日中の処理に間に合いません。

どんなに遅くても、17時〜18時までには入金し、引き落としができているか?必ず確認してください。

ゆうちょ銀行(郵便局)の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
9時21時

参考ページ▶▶【ゆうちょ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

ゆうちょ銀行は、引き落とし時間を公開しています。

一回目は9時、二回目は21時に行われます。

なので、朝一に入金すれば確実に間に合いますし、夕方〜夜(21時までに)入金すれば、当日中の処理に間に合います。

北洋銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時〜順次夜間

参考ページ▶▶【北洋銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

北洋銀行は、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜順次。二回目は夜間。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

福岡銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時〜順次夜間

参考ページ▶▶【福岡銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜順次。二回目は夜間。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

当日入金でも引き落としに間に合う?朝一に入金すれば大丈夫!

【ここでのポイント】

  • 朝一に入金すれば基本的に間に合う
  • 朝一以降の入金は、入金前に電話で確認した方がいい
  • 指定口座への振込で返済することもできる

 

当日入金でも間に合うかどうかは「金融機関によりけり」です。

引き落としが行われる前に入金できれば、当日入金でも間に合います。

多くの金融機関は1日二回引き落としを行っているので、朝一に入金すれば基本的には間に合います。

でも、二回目の引き落としが行われた後だと、当日入金では間に合いません。

 

なので、当日入金をする前は「金融機関に電話確認」をした方がいいです。
(朝一以降に入金する場合は特に)

今から入金しても引き落としに間に合うか?

何時までに入金すれば間に合うか?

確認してから入金しましょう。

もしくは、楽天カードのコンタクトセンターに電話をして「返済方法の相談」をしましょう。

口座によっては再引き落としに対応していますし、振込で返済することも可能です。

【楽天カードコンタクトセンター】
TEL:0570-66-6910
営業時間:9時30分〜17時30分

当日入金する時の注意点|引き落としができたか必ず確認を!

【ここでのポイント】

  • 引き落としができているか?必ず確認する
  • 引き落としができないと遅延として扱われる恐れあり

 

楽天カードの引き落とし口座に当日入金した時は、必ず「引き落としができているか?」確認をしてください。

引き落としが正常にできたか?

確認する方法は3つあります。

ネットバンキングで明細を見る、銀行ATMで記帳する、取引店に電話をする。

一番手っ取り早いのは「ネットバンキング」です。

明細を見ても・記帳しても引き落としが確認できなかったら、取引店に電話をして引き落とし状況を確認しましょう。

 

27日にちゃんと引き落としが行われているのに、楽天e-NAVIの画面に反映されない!ということもあります。

でも、心配することはありません。

通帳・明細に楽天カードの引き落としが記載されていれば、何の問題もありません。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

土日祝日は引き落としが行われない!引き落としは平日のみ

【ここでのポイント】

  • 引き落としが行われるのは平日のみ
  • 引き落とし日が土日祝の場合は、翌営業日に引き落とし

 

楽天カードの引き落としは「平日のみ」行われています。

27日が銀行休業日の場合は、翌営業日に引き落としが行われます。

楽天カードは再引き落とし(再振替)が行われている!

【ここでのポイント】

  • すべての金融機関が再引き落としに対応しているワケではない
  • メガバンクや都市銀、ゆうちょ銀行などは再引き落としに対応
  • 再引き落とし時間は金融機関ごとに異なる

 

楽天カードは27日に引き落としが行われます。

ですが、入金忘れなどで残高不足を起こすと、引き落としが行われません。

このあとの支払いは、再引き落とし・振込・コンビニ払いのいずれかで行います。

 

まず見ていくのは「再引き落とし」について。

再引き落としは、すべての金融機関(銀行)が対応しているワケではありません。

対応しているのは一部の金融機関のみです。

再引き落としに対応している金融機関とスケジュールが下記の通り。

再引き落としに対応している金融機関と引き落とし時間

【ここでのポイント】

  • 4営業日の間再引き落とし→楽天、みずほ、三井住友、UFJ、りそな、埼玉りそな、北海道、北陸、横浜、千葉、広島、福岡、熊本、親和、常陽、肥後、八十二銀行
  • 指定日の一度だけ再引き落とし→ゆうちょ銀行
  • 上記以外の金融機関→再引き落としの対象外(振込などで支払い)

 

同じグループ会社の楽天銀行。

都市銀行のみずほ・三井住友・UFJ・りそな。

その他、一部の地方銀行は「4営業日の間」再引き落としが行われます。

例をあげると…

3月27日(水)通常の引き落とし日
28日(木)再引き落とし1回目
29日(金)再引き落とし2回目
30日(金融機関休業日のため引き落としなし
31日(金融機関休業日のため引き落としなし
4月1日(月)再引き落とし3回目
2日(火)再引き落とし4回目

このようなスケジュールになります。

 

また、ゆうちょ銀行も再引き落としに対応しています。

ただ、上記であげた金融機関とは異なり「指定日の一日のみ」再引き落としを行います。

再引き落としが行われる日については、楽天カードのホームページから確認できます。
▶▶楽天カードの再引き落としについて

再引き落としに対応していない場合の支払い方法

【ここでのポイント】

  • 指定口座への振込
  • コンビニ支払い

 

再引き落としに対応していない金融機関の場合、振込もしくはコンビニ払いで支払います。

それぞれの詳細が下記の通り。

指定口座への振込

  1. 自動音声ダイヤル(0120-30-6910)に電話
  2. 案内に従い「3:各種照会」→「カード番号、生年月日入力」→「2:請求額の照会」と進む
  3. 振込先・振込期日・振込金額の案内があるのでメモする
  4. 電話後、振込先口座に入金する
  5. 振込手数料はお客さま負担

 

もしくは、楽天e-NAVIからも振込口座を確認できます。

引き落とし日の2〜5営業日以降に、楽天e-NAVIのトップページ上部に青色のバーが表示されます。

表示内容は「!支給こちらのお知らせをご確認お願いいたします」というもの。

ここをタッチすると振込先・振込金額・振込期日などが表示されます。

コンビニ支払い

希望すれば、コンビニ支払い可能な「振込依頼書」を送ってもらえます。

コンビニ支払いを希望する方は、楽天カードコンタクトセンターに連絡してください。

【楽天カードコンタクトセンター】
TEL:0570-66-6910
時間:9時30分〜17時30分

※カード番号の入力が必要となります。お手元にご準備のうえ、ご契約者様ご本人よりお問い合わせください。

引き落とし額が利用可能額に反映されるのは当日〜4営業日以内

【ここでのポイント】

  • 引き落とし口座が楽天銀行の場合、当日〜翌営業日には反映
  • 楽天銀行以外の場合、2〜4営業日で反映

 

引き落としが行われても、すぐには「利用可能額」に反映されません。

これに関しては楽天カードのよくあるご質問のページにも記載されています。
参照▶▶口座振替後、引き落とし額がカードのご利用可能額に反映していないのはなぜですか?

楽天カードから銀行に引き落とし処理がかけられる▶引き落としが行われる▶銀行から楽天カードに引き落とし結果の情報が送られる

そして、情報が届き次第、利用可能額に反映されます。

反映までにかかる時間の目安が下記の通り。

 設定口座 反映の目安
 楽天銀行 当日〜翌営業日
 楽天銀行以外 2〜4営業日
スポンサーリンク

残高不足を起こして再引き落としになった場合のクレヒス(信用情報)

【ここでのポイント】

  • 再引き落としになった場合、その事実が信用情報機関に記録される
  • ブラックリスト入り(事故情報が記録)になるワケではない
  • ただし、残高不足を起こした事実は、他の金融機関にも照会・共有される
  • そのため、ローン審査やクレカ発行審査の時などは不利になる

 

残高不足を起こしてしまい、27日に楽天カードの引き落としができなかった。

その結果、再引き落としや振込などで支払うことになった。

 

一発で強制解約にはなりませんが、残高不足を起こした・引き落としができなかった事実は、信用情報(CIC・JICC)に記録されます。

どういうことか?というと…

CIC・JICCには次の情報(支払いに関する情報)が記録されます。

CIC■お支払いに関する情報
報告日、残債額、請求額、入金履歴など■その他
遅延の有無、利用日など
JICC■返済に関する情報
入金日入金予定日、残高金額、完済日、延滞など

 

入金に関する情報が記録される=入金が遅れて残高不足を起こしたことが分かる、再引き落としになったことが分かる

ということです。

そして、信用情報機関(CIC・JICC)に記録された情報は、他の金融機関にも照会・共有されます。

 

ローン審査やクレカ発行審査の時、金融機関は信用情報機関の情報をチェックします。

なので、残高不足を起こしたことや再引き落としになったことが筒抜けになります。

つまり、審査で不利になるワケです。

強制解約にはならないけど、審査で不利が生じると覚えておきましょう。

残高不足で引き落としができなかった時の対処法と支払い方法

【ここでのポイント】

  • 再引き落とし(再振替)に対応している口座なら、すぐ入金する
  • 対応ていない口座なら、すぐコンタクトセンターに電話する

 

残高不足で引き落としができなかった場合、登録してある口座(金融機関)によって対処法が異なります。

再引き落とし」に対応している口座を登録している場合は、早急に入金をしましょう。

対象の金融機関は下の+ボタンをタッチすると確認できます。

再引き落としの対象口座(詳細の確認はここをタッチ)
  • 楽天銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 横浜銀行
  • 千葉銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • 常陽銀行
  • 肥後品行
  • 八十二銀行
  • ゆうちょ銀行

 

再引き落としの対象外の口座を登録している場合は、楽天カードの指定口座に振込をして返済する必要があります。

再引き落とし対象外の口座の場合は、まず「コンタクトセンター(0570-66-6910)」に電話をします。

電話をしたら、遅延した(引き落としができなかった)ことを伝え「どうやって支払えばいいですか?」と尋ねましょう。

そうすると、担当者が振込口座を案内してくれます。

メモ帳などに口座番号などを記録し、早急に支払いを行いましょう。

今すぐに支払うことが難しい場合は、そのことを正直に伝えてください。

支払う意志があること」を明確にすれば、担当者も丁寧に対応してくれます。

残高不足で引き落としができなかった時に生じる問題

※遅延すると生じる主な問題5つ

  • 遅延損害金
  • 楽天カードの利用停止
  • 催促の連絡(ハガキ・電話)
  • 信用度の低下
  • 社内データに記録される

 

引き落とし口座に入金するのを忘れていた。

うっかりしていて支払いに遅れてしまった。

楽天カードの引き落としが行われる際、口座残高が1円でも不足していると、正常に処理が行われません。

そして、約定返済日を1日でも過ぎると遅延扱いになってしまいます。

楽天カードの返済を遅延すると、様々な問題が生じます。

その代表例が下記の通り。
(下記の+ボタンをタッチすると詳細を確認できます。

1.遅延損害金

約定返済日を1日でも過ぎると「遅延損害金」の支払い義務が生じます。

遅延損害金とは延滞金にあたるもの。

レンタルビデオ・DVDなども返却日を過ぎると、延滞金が生じますよね?

それと同じです。

楽天カードの遅延損害金は下記の式で計算されます。

利用残高(円)×遅延損害金利率(%)÷365日(366日)×遅延日数
2.楽天カードの利用停止

遅延損害金と同じく、約定返済日を1日でも過ぎると「楽天カードの利用が一時的に停止」されます。

昨日までは使えたのに…
カード支払いでエラーになる…

という時は、遅延が原因で利用が停止になっている可能性があります。

急に楽天カードが使えなくなったら、コンタクトセンターに電話をして、現在の返済状況を確認しましょう。

【楽天カードコンタクトセンター】
TEL:0570-66-6910
営業時間:9時30分〜17時30分

※混雑していることが多いので、時間に余裕がある時に電話をしましょう。

3.催促の連絡

遅延したのに連絡しない。口座への入金も行われていない。

こうなると、楽天カードの担当者から「催促の連絡」が届きます。

はじめは携帯(スマホ)に電話がきます。また、自宅にハガキが届くこともあります。

電話・ハガキの催促すら無視していると、今度は「自宅や勤務先」に電話がくるようになります。

4.信用度の低下

約定返済日までに返済をしなかった=返済日の約束を守らなかったということ。

「この日までにきちんと支払います」という約束を破ったわけですから、信用度が著しく低下します。

約束を破るような人を信用できますか?

いくら仲のいい友だちでも、「それはないよ…」となりませんか?

楽天カード自体は1枚のクレカですが、管理しているのは人です。

そのため、信用度が低下すると今後の利用に不都合が生じる恐れがあります。
(限度額の増額審査で不利な評価がくだされるなど)

5.社内データに記録される

「遅延した」という情報が、楽天カードの社内データに記録されます。

社内データへの記録なので、外部に見られることはありません。

ただ、マイナス実績が記録されるため、増額審査の時などは不利になります。

また、遅延が長引く場合や、毎月のように遅延を繰り返す場合は「延滞扱い」になる恐れがあります。

延滞扱いになると、社内データだけでなく「信用情報機関」にも記録されます。

信用情報機関に記録された情報は、他社にも照会・共有されます。

そのため、他のクレカやカードローンの利用にも不都合が生じる恐れがあります。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

遅延が原因で楽天カードの利用が停止された!再開させる方法

【ここでのポイント】

  • 再引き落とし(再振替)の期間内に入金する
  • コンタクトセンターが指定する口座に振込む

 

残高不足で引き落としができないと「遅延」として扱われ、楽天カードの利用が停止されます。

そして、利用を再開(停止を解除)するには、当月の引き落とし額を支払う必要があります。

支払い方法は、再引き落とし(再振替)もしくは振込。

 

再引き落としに対応している口座であれば、再引き落としが行われる期間内に入金をすれば、大きな問題には発展しません。

ただ、できるだけ1日でも早く入金したいところ。

早く入金すればするほど、生じる問題を最小限に抑えられるからです。

 

再引き落としに対応していない口座であれば、コンタクトセンターに電話をして振込先を確認してください。

そして、担当者から指定された振込先口座に、すぐ振り込んでください。

この場合も、1日でも早く返済した方がいいです。

遅延期間が長引くと、その分「遅延損害金」もかさみますし、催促が届く恐れもあるからです。

利用が再開されるのは当日〜翌々営業日

  • 早ければ返済した当日に再開される
  • 返済方法によっては再開が翌々営業日くらいになることもある

 

当月の返済額と遅延損害金を支払えば、停止が解除されて楽天カードの利用を再開できます。

ただ、いつから・どのタイミングで停止が解除されるのか?気になるところです。

利用が再開されるタイミングは、返済方法によって異なります。

  • 再引き落としで返済した場合→引き落としが行われた日〜翌々営業日
  • 振込で返済した場合→振込が確認された日〜翌々営業日

再開されるタイミングの目安が上記の通り。

早ければ返済当日に再開されますが、場合によっては翌々営業日くらいになることもあります。
(3〜4営業日かかることもあるので要注意)

楽天カードの返済遅れ(遅延)が1〜2週間続くとどうなる?

1週間の返済遅れであれば、延滞扱いにはならず「遅延扱い」になります。

ただ、遅延損害金や楽天カードの利用停止、信用度の低下といった問題が生じます。

また、楽天カードの社内データとしても記録されます。

当然、連絡せずに放置していると、ハガキや電話(携帯・スマホへ)での催促も届きます。

3週間〜1ヵ月続くとどうなる?

3週間〜1ヵ月の返済遅れでも、扱いは「遅延」です。また延滞扱いにはなりません。

とはいえ、返済遅れが長引いていますから、遅延損害金の額が膨らみます。

また、楽天カードからの信用度もかなり低下している状態です。

さらに返済遅れが長引くと延滞扱いになり、より重いペナルティが課せられてしまいます。

2ヵ月以上続くとどうなる?

返済遅れの期間が2ヶ月以上になると、いよいよ「延滞」の危険がでてきます。

遅延損害金や利用停止、催促の連絡はもちろんですが…

限度額の引き下げ、信用情報機関への記録といった問題が生じる恐れも。

信用情報機関(CIC・JICC)に記録されると、楽天カード以外のクレカの利用にも悪影響が出てきます。

また、ローンの審査でも不利になります。

なので、延滞扱いになる前に返済をすることが好ましいです。

スポンサーリンク

延滞扱いになると生じる問題

  • 自宅や勤務先への催促
  • 限度額の引き下げ
  • 信用情報機関への記録
  • 強制解約
  • 利用残高の一括請求

 

「遅延」と「延滞」

似たような言葉ですが、クレジットカードの世界では定義が異なります。

  • 遅延:延滞に該当しない短期間の返済遅れ
  • 延滞:61日以上または3ヶ月以上の返済遅れ

そして、延滞扱いになると、下記のような問題が生じます。
(+ボタンをタッチすると詳細を確認できます)

1.自宅や勤務先への催促

ハガキを送っても対応しない。携帯(スマホ)に電話をしても対応しない。

こうなると、あなたの自宅や勤務先に催促の電話がきます。

催促の電話では「楽天カード」という社名は名乗られず、担当者の個人名が名乗られます。

なので、返済を延滞していることが会社や家族にすぐにはバレませんが…

繰り返し電話がくると「あなた、何か問題を起こしたの?」と不信感を抱かれます。

2.限度額の引き下げ

返済を延滞している=返済能力が低い・問題ありと判断されます。

そのため、現在設定されている限度額が引き下げられます。

一度限度額が引き下げられると、元の限度額に戻すのは一苦労。

再び実績と信用を構築していかなきゃいけません。

3.信用情報機関への記録

「延滞扱い」になると、その情報が信用情報機関に記録されます。

信用情報機関には、全国の金融機関(クレカ会社・銀行など)が加盟しています。

そして、加盟している金融機関同士で利用者の情報・実績が共通されます。

そのため、楽天カード以外のクレカの利用にも悪影響が生じます。

※楽天カードが加盟している信用情報機関は2社
・CIC(株式会社シー・アイ・シー)
・JICC(日本信用情報機構)
4.強制解約

返済能力が低い、もしくは返済する意志がないと判断されると「強制解約措置」がとられます。

ただ、強制解約になっても再び楽天カードに入会することはできます。

でも、再入会=新規申込みと同じなので、審査を受ける必要があります。

また、審査に通過できない可能性が非常に高いです。

信用情報機関だけでなく、楽天カードの社内にも記録が残っているためです。

延滞をして強制解約になっているわけですから、審査では大きなマイナス評価が下されます。

5.利用残高の一括請求

強制解約措置がとられると、同時に「残高の一括請求」も届きます。

一括で払えない…という場合は、財産(給与)が差し押さえられる可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 引き落とし時間・タイミングは金融機関によって異なる
  • 正確な引き落とし時間は金融機関に電話をして確認
  • 当日入金でも間に合うかどうかは「金融機関次第」
  • 朝一に入金すれば、基本的には間に合う
  • 当日入金が間に合わない時は再引き落としや振込返済で支払いを
  • 再引き落としの有無や時間は金融機関ごとに異なる
  • 対応している金融機関の場合、4営業日の間再引き落としが行われる

 

できることなら、楽天カードの遅延(延滞)は絶対に避けたいところ。

もし返済に遅れそうなら、1分1秒でも早くコンタクトセンター(0570-66-6910)に電話をしましょう。

連絡せずに無断で返済に遅れるのは最悪なパターンです。

事前に連絡をして誠意ある対応をすれば、問題を最小限に抑えることができます。