スポンサーリンク

【イオン銀行】引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

クレジットカードやカードローン、携帯料金(docomo・au・SoftBank)、公共料金(ガス代・水道光熱費)の引き落とし口座を「イオン銀行」にしている。

引き落とし日は収納企業会社によって異なりますが、引き落とし時間はイオン銀行に準じます。

では、何時に引き落としが行われるのか?再引き落としは行われているのか?

また、残高不足で引き落としができないとどうなるのか?

詳細を見ていきましょう。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • イオン銀行の引き落としは1日二回行われる
  • 一回目は0時〜午前にかけて
  • 二回目は午後〜夜間にかけて
  • 朝一〜お昼までに入金すれば当日中の引き落としに間に合う
  • 引き落としできなかった時は収納企業に電話
スポンサーリンク

イオン銀行の引き落とし日は収納企業ごとに異なる

【ここでのポイント】

  • イオン銀行は毎営業日、引き落とし処理を行っている
  • ただ、引き落とし日は収納企業(カード会社・携帯会社など)が設定している
  • そのため、引き落とし日は収納企業ごとに異なる

 

イオン銀行は、毎営業日引き落としを行っています。

ですが、引き落とし日は収納企業ごとに異なります。

というのも、引き落とし日は収納企業(カード会社・携帯会社など)が設定しているからです。

なので、何日に引き落とされるのか?については、収納企業のホームページなどで確認する必要があります。

イオン銀行に問い合わせても「収納企業さまにお問い合わせください」と案内されます。

参考例として、クレジットカードの引き落とし日をまとめてみました。詳細がこちらになります。
▶▶クレジットカードの締め日・引き落とし日|会社別・ブランド別で確認

イオン銀行の引き落とし時間は午前・午後の1日二回

【ここでのポイント】

  • 引き落としは1日二回行われる
  • 一回目:引き落とし日の0時〜順次
  • 二回目:引き落とし日の夜間(〜23時59分まで)
  • 一回目で残高不足だった時は、夜間に二回目の処理が行われる
  • 二回目の処理に間に合わないと遅延扱いになる

 

収納企業(カード会社・携帯会社など)によって引き落とし日が異なるので、その点はお気をつけください。

では、引き落とし日の何時に処理が行われるのか?というと…

引き落とし口座を「イオン銀行」に設定している場合、一回目の引き落としが0時〜順次行われます。

 

ただ、口座残高が1円でも不足していると、正常に処理が行われません。

この場合、夜間(〜23時59分まで)に二回目の引き落とし(再引き落とし)が行われます。

なので、これまでに入金をすれば当日扱いでの引き落としになります。

 

ですが…

支払い遅れ(入金忘れ)が原因で再引き落としもできなかった場合は「遅延扱い」になります。

例えば、クレカやローンの返済に遅れると、遅延損害金などのペナルティが生じます。

そのまま放置していると利用停止となり、収納企業から催促が届くこともあります。

 

遅延しないためにも、できれば引き落としの前日〜前々日までに入金しておきたいところ。

事情によって当日入金になる場合は、朝一〜お昼までに入金しましょう。

朝一〜お昼までに入金すれば、基本的には当日中の引き落としに間に合う

【ここでのポイント】

  • 朝一に入金すれば引き落としに間に合う
  • 朝一以降に入金する場合は念のため電話確認を
  • 当日入金した後は引き落としができているか確認

 

イオン銀行は夜間(〜23時59分)に、二回目の引き落とし処理を行っています。

なので、朝一に入金すれば基本的には引き落としに間に合います。

ただ、ATMやイオン銀行でシステムエラーが発生する、入金が反映されるまでに時間がかかる可能性なども考えられます。

なので、当日入金は朝一にすることが理想です。

 

どうしても朝一に入金できない、午後〜夕方の入金になる場合は、入金前にイオン銀行に電話をしましょう。

「今から入金しても間に合うか?」

「何時までに入金すれば間に合うか?」

確認をとってから入金すれば間違いありません。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

当日入金する時の注意点|引き落としができたか?必ず確認を!

【ここでのポイント】

  • 当日入金した時は「引き落としができたか?」必ず確認
  • ネットバンキング、記帳、取引店に電話ばなど
  • ネットバンキングで明細を見るのが一番簡単

 

朝一に入金した後は必ず「引き落としができているか?」確認してください。

ネットバンキング(イオン銀行ダイレクト)で明細を見る、イオン銀行ATMで記帳する、取引店に電話する…などの方法で確認できます。

一番簡単なのは、ネットバンキングで明細を見ることです。

 

なぜ確認が必要なのか?というと…

タイムラグやシステムエラーなどにより入金が反映されていないと、引き落としができない恐れがあるかです。

そのことに気付かず放置していると、遅延扱いになる恐れが。

遅延すると、遅延損害金やカード利用停止などのペナルティが生じるので注意してください。

土日祝日は引き落としが行われない!引き落としは平日のみ

【ここでのポイント】

  • 引き落としは平日のみ行われている
  • 引き落とし日が土日祝の場合は翌営業日に引き落とし

 

イオン銀行の引き落としは「平日のみ」行われています。

土日祝日は引き落とし処理が行われていません。

そのため、収納企業の引き落とし日が土日祝日に該当する場合は、翌営業日に処理が行われます。

引き落とし日の変更(延長)については収納企業に相談を

【ここでのポイント】

  • 収納企業によっては引き落としの変更(延長)が可能
  • ただし、変更が反映されるまでに時間がかかることもある
  • また、多くの収納企業では変更・延長に対応していない
  • 支払額が大きい場合は、支払い方法の変更などで対応を
    (あとから分割・あとからリボなど)

 

収納企業によっては、引き落とし日の変更・延長に対応してくれます。

ですが、数は多くありません。

ほとんどの収納企業(特にカード会社・携帯会社)は、引き落とし日の変更・延長ができません。

事情によって支払いが厳しい…

という時は、収納企業に電話をしてその旨を相談しましょう。

スポンサーリンク

再引き落とし(再振替)の有無については収納企業ごとに異なる

【ここでのポイント】

  • 収納企業によっては再引き落としが行われる
  • 携帯会社の場合はdocomoのみ再引き落としあり
  • クレカの場合はカード会社ごとに大きく異なる

 

再引き落としが行われるのかどうかは、収納企業によって異なります。

例えば携帯会社の場合は、docomoのみ再引き落としが行われます。
(再引き落とし日は翌月15日)

au・SoftBank、その他格安スマホは再引き落としが行われていません。

そのため、ネット返済(カード決済)や指定口座への振込で支払うことになります。

 

クレジットカードも会社によって再引き落としの有無やスケジュールが異なります。

そこで、カード会社ごとの再引き落としの有無をまとめてみました。

下記の+ボタンをタッチすると、詳細が表示されます。

クレジットカード会社の再引き落としスケジュール

※スマートフォンでご覧の方は、表を横にスクロールしてご確認ください。

※青文字のカード名をタッチすると、そのカード会社の引き落とし(再引き落とし)スケジュールを確認できます。

カードブランド引き落とし日再引き落としの有無
三井住友カード10日もしくは26日 ◯(一部金融機関)
JCBカード10日 ◯(一部金融機関)
楽天カード27日 ◯(一部金融機関)
セゾンカード4日
イオンカード2日◯(イオン銀行のみ)
セディナカードカードの種類によって異なる
TS CUBIC CARD2日もしくは17日 ◯(一部金融機関)
オリコカード27日 ◯(一部金融機関)
ジャックスカード27日
MUFGカード10日 ◯(一部金融機関)
NICOSカード27日 ◯(一部金融機関)
dカード10日 ◯(一部金融機関)
エポスカード4日or27日
アメックスカード利用者ごとに異なる ◯(一部金融機関)
リクルートカード10日 ◯(一部金融機関)
VIASOカード27日 ◯(一部金融機関)
ヤフーカード27日
REXカード27日
ライフカード3日or27日
DCカード10日◯(一部金融機関)
JALカード4日or10日△(発行会社による)
ANAカード発行元によって異なる◯(一部金融機関)
セブンカード10日◯(一部金融機関)
JAカード27日◯(一部金融機関)
ルミネカード4日
ビューカード4日
エディオンカード27日 △(オリコブランドのみ対応)
エネオスカード2日◯(一部金融機関)
エムアイカード26もしくは27日
UCカード5日
ダイナースクラブカード10日 △(金融機関による)

参考にしたページがこちらです。
▶▶【クレジットカード】再引き落とし日や時間はいつ?会社ごとにまとめてみました

再引き落とし(再振替)時間・タイミングも通常の時と同じ

【ここでのポイント】

  • 再引き落とし(再振替)も1日二回行われる
  • 一回目は0時〜午前にかけて
  • 二回目は午後〜夜間にかけて

 

再引き落とし(再振替)も1日二回行われます。

一回目は0時〜午前にかけて。

二回目は午後〜夕方(夜間)にかけて。

残高不足で再引き落としができないと、信用度が著しく低下します。

遅延損害金などもかさみますから、絶対に遅延してはいけません。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

残高不足で引き落としができなかった(遅延した)時に生じる問題

【ここでのポイント】

  • 残高不足で引き落としができないと遅延扱いになる
  • 収納企業によって生じるペナルティが異なる
  • 遅延損害金、社内データに記録などが代表的

 

イオン銀行の引き落としができなかった場合は「遅延扱い」になります。

収納企業によってペナルティは異なります。

例として、クレジットカードの返済を遅延した時に生じる問題を見てみましょう。

  • 遅延損害金
    (延滞金のようなもの)
  • カードの利用停止
    (ショッピング・キャッシング両方)
  • 催促の連絡
    (はじめはスマホに届く)
  • 信用度の低下
    (増額審査で不利になる)
  • 社内データに記録される
    (増額審査で不利になる)

※携帯会社や公共料金(ガス代・水道光熱費)も、同じようなペナルティが課せられます。

 

また、遅延を繰り返したり、長期間にわたって滞納すると、さらに重大なペナルティが課せられます。

最悪の場合、強制解約措置がとられ、利用残高の一括請求が届きます。

ですから、絶対に遅延や滞納をしてはいけません。

 

※参考例として、遅延すると生じる問題を下記のページでまとめてみました。
(クレジットカード・公共料金・携帯料金ごとにまとめてあります)

遅延は事故情報にならないけど、開示情報に記録される

遅延扱いの場合、まだ事故情報として「信用情報機関」には記録されません。

信用情報機関に記録されるのは、延滞扱いになった場合です。

■延滞と遅延の違い■

  • 延滞:61日以上または3ヶ月以上の滞納、事故情報
  • 遅延:延滞に該当しない短期間の対応

※常習的に遅延を繰り返すと、延滞扱いとして記録される

ただし、安心してはいけません。

というのも、開示情報(信用情報)には利用代金の「支払予定日(入金予定日)」や「支払日(入金日」が記録されます。

つまり、支払予定日までに支払いが行われなかった場合、返済に遅れたということがわかってしまいます。

こうなると、他社の審査で不利になってしまいます。

なので、絶対に遅延しないよう心がけた方がいいです。

引き落としに間に合わない・残高不足を起こしそうな時は収納企業に電話を

【ここでのポイント】

  • 遅れそうな時はすぐ収納企業に電話
  • 引き落としに遅れそうなことを正直に伝える
  • 連絡せず放置するのは絶対NG

 

イオン銀行の引き落としに遅れそう…。

「なら、イオン銀行に電話をすればいいんじゃ?」と思うかもしれませんが、連絡先はイオン銀行ではありません。

イオン銀行に電話をしても「収納企業にご確認ください」と案内されます。

なので、引き落としに遅れそうな時は「収納企業(カード会社・携帯会社など)」に電話をして、その旨を報告・相談してください。

誠意ある対応をして、返済する意志があることをしっかり伝えれば、収納企業も丁寧に対応してくれます。

スポンサーリンク

3大携帯キャリアの締め日と引き落とし日

※キャリア名をタッチすると、再引き落としの有無・スケジュールなどを確認できます。

キャリア名締め日引き落とし日
docomo月末(末日)翌月末日
au月末(末日)翌月25日or翌月末日
Softbank10日or20日or月末翌月6日or16日or26日

格安SIM(MVNO)の締め日と引き落とし日

※業者名をタッチすると、再引き落としの有無・スケジュールなどを確認できます。

業者名締め日引き落とし日
Y!mobile月末翌月26日
LINEモバイル月末翌月5日
mineo月末カード会社に準ずる
楽天モバイル月末カード会社に準ずる
UQ mobile月末カード会社に準ずる
nuroモバイル月末カード会社に準ずる
BIGLOBEモバイル月末26日
LinksMate月末カード会社に準ずる
IIJmio月末カード会社に準ずる
NifMo月末カード会社に準ずる
DMMmobile月末カード会社に準ずる
OCNモバイル月末翌月5日or10日or15日or20日or25日or末日
エキサイトモバイル月末カード会社に準ずる

 

MVNOの支払いは「クレジットカードのみ」となっているケースも多いです。

この場合、引き落とし日はカード会社に準じます。

お使いのカードによって引き落とし日が異なるので、お気をつけください。

主要クレジットカード会社の締め日と引き落とし日

※カード名をタッチすると、再引き落としの有無・スケジュールなどを確認できます。

カード名締め日引き落とし日
JCBカード15日翌月10日
セゾンカード10日翌月4日
イオンカード10日翌月2日
MUFGカード15日翌月10日
NICOSカードショッピング:5日
キャッシング:月末
翌月27日
三井住友カード15日or月末翌月10日or26日
セディナカードOMC:月末
CF:10日
クオーク:月末
OMC:翌月27日
CF:翌月6日
クオーク:翌月26日
TS CUBIC CARD5日or20日翌月2日or17日
楽天カード月末翌月27日
オリコカード月末翌月27日
ジャックスカード月末翌月27日
dカード15日翌月10日
エポスカード4日or27日翌月4日or27日
DCカード15日翌月10日
セブンカードプラス15日翌月10日
Yahoo!JAPANカード月末翌月27日
エディオンカードショッピング:5日
キャッシング:月末
ショッピング:当月27日
キャッシング:翌月27日
ビューカード月末翌々月4日
UCカード10日翌月5日
JAカード5日当月27日
エムアイカード5日翌月26日or27日
出光カード10日翌月7日
au WALLETクレジットカード15日翌月10日

まとめ

  • 一回目の引き落とし時間:0時〜順次
  • 二回目の引き落とし時間:夜間(〜23時59分まで)
  • 一回目で残高不足だった時は、二回目の処理が夜間に行われる
  • 引き落としに遅れそうな時は「収納企業」に電話で相談
  • 引き落としに遅れると遅延扱いになる

 

引き落とし前日〜前々日までに入金しておけば、残高不足を起こすことはありません。

とはいえ、諸事情により入金が間に合わない、支払いに遅れそうなこともあります。

その場合は、1分1秒でも早く「収納企業(クレカ会社・携帯会社など)」に電話をしましょう。