スポンサーリンク

【JCBカード】引き落とし/再引き落とし時間いつ?残高不足だとどうなる?

JCBカードの引き落とし時間は何時なのか?詳しい情報をまとめたページです。

引き落とし日は毎月10日ですが、引き落とし時間は利用者によって異なります。

というのも、登録してある銀行口座によって、引き落とし時間が異なるためです。

では、何時に引き落としが行われるのか?当日入金でも間に合うのか?

詳細をチェックしていきましょう。

まずはこちらの表をご覧ください。

メガバンクの引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
みずほ銀行0時〜〜23時59分
三菱UFJ銀行0時〜1時〜23時59分
三井住友銀行0時〜〜23時59分
都市銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
りそな銀行0時〜〜19時
埼玉りそな銀行0時〜〜19時
ゆうちょ銀行9時21時
ネット銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
ソニー銀行0時〜〜23時59分
イオン銀行0時〜〜23時59分
楽天銀行5時〜19時〜
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行0時〜〜23時59分
大手地銀の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
北洋銀行0時〜午後〜夜間
横浜銀行0時〜午後〜夜間
千葉銀行0時〜午後〜夜間
静岡銀行0時〜午後〜夜間
福岡銀行0時〜午後〜夜間

この表を参考にしながら、続けて本題(このページの本文)に入っていきます!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 引き落とし時間は金融機関(銀行)によって異なる
  • 基本的には引き落とし日の朝一に入金すれば間に合う
  • 再引き落としの有無・スケジュールは金融機関ごとに異なる
  • 再引き落としすらできないと、生じるペナルティが重くなる
  • 遅延として扱われ、遅延損害金(延滞金)などのペナルティが生じる
  • 連絡を怠っていると、催促が届く可能性あり
  • 遅延を何度も繰り返すと「延滞」扱いになることも
スポンサーリンク

JCBカードの引き落とし時間はいつ?収納企業によりけり!

【ここでのポイント】

  • 引き落とし時間は銀行によって異なる
  • なので、正確な時間は断言できない
  • 詳細は銀行の取引店に問い合わせ

 

JCBカードの引き落とし時間は「銀行(金融機関)」によって異なります。

引き落とし日は「毎月10日」と定められています。

ですが、JCBカードの利用者によって登録している銀行口座が異なります。

銀行によって引き落とし時間が異なる=利用者ひとりひとりで引き落とし時間が違う、ということになります。

 

「じゃあ、正確な引き落とし時間はどうやって確認すればいいの?」

というと…銀行に電話するのが一番確実です。

取引店(本支店)に電話をして、引き落としは何時に行われるのか?問い合わせてみましょう。

 

ちなみに、多くの銀行では1日二回引き落としが行われます。

  • 一回目:引き落とし日の0時〜順次
  • 二回目:引き落とし日の午後〜夜間にかけて

※入金が反映され次第、即時引き落としを行うこともあります。

 

また、下記の項目で「主要銀行・大手銀行の引き落とし時間」をまとめてあります。

気になる方は、ぜひチェックしてください。

主要銀行の引き落とし時間まとめ(都市銀・地銀・ネット銀行)


※下記の+ボタンをタッチすると、それぞれの銀行の引き落とし時間を確認できます。
■都市銀→三菱UFJ/みずほ/三井住友/りそな/新生/ゆうちょ■
都市銀行・メガバンクの引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
三菱UFJ銀行0時〜1時ころ夜間
みずほ銀行0時〜順次夜間
三井住友銀行0時〜順次夜間
りそな銀行0時ころ19時までに順次
新生銀行4時〜順次19時〜順次
ゆうちょ銀行9時21時
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■ネット銀行→ソニー/イオン/楽天/ジャパンネット/セブン■
ネット銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
ソニー銀行0時〜順次夜間
イオン銀行0時〜順次夜間
楽天銀行5時〜順次19時〜順次
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行9時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■地方銀行→横浜/福岡/静岡/千葉/北洋■
大手地方銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
本支店によって引き落とし時間が異なることがあります。正確な時間については、本支店(取引店)に電話をしてご確認ください。
銀行名一回目二回目
横浜銀行0時〜順次夜間
福岡銀行0時〜順次夜間
静岡銀行0時〜順次夜間
千葉銀行0時〜順次夜間
北洋銀行0時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例

当日入金でも間に合う?朝一に入金すれば大丈夫

【ここでのポイント】

  • 当日入金でも間に合うかは「銀行によりけり」
  • 朝一に入金すれば高確率で間に合う
  • 朝一以降に入金する時は、入金前に電話確認した方がいい

 

JCBカードの引き落とし日は「毎月10日」です。

前日までに入金しておけば何の問題もなく引き落としが行われます。

ですが…

諸事情により当日入金になることもあります。

では、当日の朝一に入金すれば引き落としに間に合うのか?というと…

これは<金融機関によりけり>です。

夕方〜夜間に再引き落としを行っている銀行であれば、当日入金(朝一の入金)でも間に合います。

 

ただ、銀行によっては1日一回の引き落としということもあります。

なので、当日入金をする前に「取引店(本支店)に電話確認」をした方がいいです。

何時までに入金すれば間に合うか?

今から入金しても間に合うか?

確認を取ってから、引き落とし口座に入金してください。

もし入金しても引き落としに間に合わない場合は、再引き落としや指定口座への振込で支払いをしましょう。

当日入金した時に確認することと注意点

【ここでのポイント】

  • 引き落としができているか?必ず確認する
  • ネットバンキングで明細を見る、ATMで記帳するなどして確認
  • 確認できなかった時は銀行の取引店に電話し、引き落とし状況を問い合わせる

 

引き落とし口座に当日入金した時は必ず、引き落としができているか?確認してください。

引き落としができないと「遅延」として扱われ、延滞金などが生じるからです。

引き落としを確認する方法は3つあります。

  1. 金融機関のネットバンキングで明細をみる
  2. 銀行ATMで記帳する
  3. 銀行の取引店に電話をする

一番手っ取り早いのは「ネットバンキングで明細をみる」方法です。

記帳でも確認できますが、銀行ATMに足を運ぶ必要があります。

銀行ATMに行くのが面倒…という時は、ネットバンキングで明細を確認しましょう。

引き落としができていなかった場合は、銀行に直接電話をして「JCBカードの利用分の引き落としは済んでいますか?」と問い合わせてみましょう。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

引き落としは平日のみ。土日祝日に行われない

【ここでのポイント】

  • 引き落としが行われているのは平日のみ
  • 引き落とし日が土日祝の場合は、翌営業日に引き落とし

 

JCBカードの引き落としは「平日のみ」行われています。

銀行の営業日は平日のみですから、JCBカードの引き落としもこれに準じています。

そのため、引き落とし日(10日)が土日祝日の場合は、翌営業日の処理がかけられます。

引き落とし日は変更(延長)できない!

【ここでのポイント】

  • 引き落としの変更・延長はできない
  • 支払いが厳しい時は支払い方法の変更を

 

JCBカードの引き落とし(約定返済日)を変更することはできません。

引き落とし日は「毎月10日」

あなたの都合によって変更(延長)することはできません。

どうしても引き落としに間に合わない…という時は、JCBカードのコールセンターに電話をして、その旨を相談してください。

誠意ある対応をすれば、オペレーターも支払い方法の提案を丁寧にしてくれます。

※参考として、問い合わせ先を掲載しておきます。

【JCB 調査デスク】
06-6944-2222
受付時間:9時〜17時(土日祝、年末年始休)

JCBカードは再引き落としに対応している(一部の金融機関のみ)

【ここでのポイント】

  • 金融機関によっては再引き落としに対応している
  • 金融機関ごとに再引き落としスケジュールが異なる
  • 対応していない場合は振込などで支払う

 

どの金融機関(銀行)を使っていても、JCBカードの引き落とし口座に登録できます。

ですが、再引き落としの有無が異なります。

再引き落としに対応している金融機関、対応してない金融機関があります。

 

また、再引き落としに対応している金融機関でも、スケジュールが違います。

なので、事前に再引き落としスケジュールを確認しておかないと、再引き落としにすら遅れてしまう恐れが。

10日の引き落としにも遅れて、その後の再引き落としにも遅れる。

こうなると、信用度が著しく低下しますし、催促が届く可能性が高いです。

再引き落としは絶対に遅れないよう、時間に余裕を持って入金しましょう。

再引き落としに対応している金融機関一覧

JCBカードの再引き落としに対応している金融機関を、一覧形式でまとめました。

下記の+ボタンをタッチすると、金融機関の一覧が表示されます。

ここをタッチで確認

※金融機関名をタッチすると、再引き落としスケジュールを確認できます。

 あ行 愛知銀行 青森銀行
秋田銀行 足利銀行
尼崎信用金庫 阿波銀行
イオン銀行 池田泉州銀行
伊予銀行 岩手銀行
大分銀行 大垣共立銀行
岡崎信用金庫 沖縄銀行
 か行 鹿児島銀行 関西アーバン銀行
九州労働金庫 紀陽銀行
京都銀行 京都信用金庫
京都中央信用金庫 近畿大阪銀行
熊本銀行 群馬銀行
京葉銀行
 さ行 埼玉りそな銀行 埼玉縣信用金庫
佐賀銀行 山陰合同銀行
滋賀銀行 四国銀行
静岡銀行 七十七銀行
じぶん銀行 清水銀行
ジャパンネット銀行 十八銀行
十六銀行 常陽銀行
新生銀行  親和銀行
住信SBIネット銀行  セブン銀行
 た行 第三銀行 第四銀行
多摩信用金庫 千葉銀行
千葉興業銀行 中央労働金庫
中国銀行 筑波銀行
東邦銀行 東和銀行
栃木銀行
 な行 長野県信用組合 名古屋銀行
南都銀行 西日本シティ銀行
 は行 八十二銀行 肥後銀行
広島銀行 百五銀行
百十四銀行 福井銀行
福岡銀行 北越銀行
北洋銀行 北陸銀行
北海道銀行 北国銀行
 ま行 みずほ銀行 みちのく銀行
三井住友銀行 三井住友信託銀行
三菱UFJ銀行 水戸信用金庫
みなと銀行 宮崎銀行
武蔵野銀行 もみじ銀行
 や行 山形銀行 山口銀行
山梨中央銀行 ゆうちょ銀行
横浜銀行
 ら行 楽天銀行 りそな銀行
琉球銀行
 その他 その他の金融機関

 

スポンサーリンク

再引き落としに対応している金融機関と時間の例

再引き落としに対応している金融機関の中から、主要な銀行をピックアップしました。

みずほ・UFJ・三井住友・りそな・ゆうちょ銀行。

それぞれの再引き落とし日・時間が下記の通りです。
参照▶▶振替日当日および再度のお支払い日について

みずほ銀行の再引き落とし日・時間

再引き落とし日は毎月25日で、15時までに入金すれば間に合います。

三菱UFJ銀行の再引き落とし日・時間

引き落とし日以降、月末まで毎営業日引き落としを行っています。

月末が土日祝日の場合、前営業日までの引き落としになります。

三井住友銀行の再引き落とし日・時間

引き落とし日以降、月末まで毎営業日引き落としを行っています。

月末が土日祝日の場合、前営業日までの引き落としになります。

りそな銀行の再引き落とし日・時間

引き落とし日以降、月末まで毎営業日引き落としを行っています。

月末が土日祝日の場合、前営業日までの引き落としになります。

ゆうちょ銀行の再引き落とし日・時間

再引き落としは26日で、18時までに入金すれば間に合います。

 

改めて、主要金融機関(銀行)の再引き落としスケジュールをまとめた表が下記の通りです。

金融機関名再引き落とし日再引き落とし時間
みずほ銀行25日15時までの入金で間に合う
三菱UFJ銀行月末まで毎営業日
三井住友銀行月末まで毎営業日
りそな銀行月末まで毎営業日
ゆうちょ銀行26日18時までの入金で間に合う

UFJ・三井住友・りそな銀行は同じ再引き落としスケジュールです。

月末まで毎営業日、引き落としが行われています。

なので、再引き落としの期間中に入金すれば大丈夫。

 

みずほ・ゆうちょ銀行は再引き落とし日が決まっています。

みずほ銀行は25日、ゆうちょ銀行は26日です。
(土日祝日の場合、翌営業日に引き落とし)

当日入金でも間に合いますが、余裕をもって前日〜前々日までには入金しておきましょう。

再引き落としに対応していない場合の支払い方法

【ここでのポイント】

  • 指定口座に振込む
  • ハガキが届き次第支払う(コンビニ払い)

 

引き落とし口座に登録している金融機関が、再引き落としに対応してない。

この場合は、指定口座に振込むか、ハガキが届き次第支払う形になります。

それぞれの詳細が下記の通り。

指定口座に振込む

再引き落としに対応していない場合は、指定口座へ振込むのが一般的です。

ただし、振込先(口座番号)が利用者ごとに異なるので、確認が必須。

問い合わせ先はJCB調査デスクです。

【JCB調査デスク】
TEL:06-6944-2222
受付時間:9時〜17時
(土日祝日・年末年始休み)

電話をする時は、お手元にJCBカードとメモ帳を準備しましょう。

そして、オペレーターにつながったら、振込で支払いたいので振込先を教えて下さい〜と伝えてください。

ハガキが届き次第支払う(コンビニ払い)

引き落とし口座の登録が済んでいない場合、JCBからハガキ(振込用紙)が届きます。

振込用紙が届いたら、近くのコンビニで支払いましょう。

ただし、コンビニ払い手数料が生じるので、了承ください。

  • 1万円未満:60円(税別)
  • 1万円〜5万円未満:100円(税別)
  • 5万円以上:300円(税別)
■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

残高不足で引き落としできなかった時の対処法

【ここでのポイント】

  • まずは「コールセンター(JCB調査デスク)」に電話
  • 登録してある銀行口座によって支払い方法が異なる
  • 後日の再引き落としもしくは振込、ATM返済で支払う

 

再引き落とし(当日入金)できなかった場合は、早急に「JCBカードのコールセンター(調査デスク)」に電話をしてください。

電話番号は、お手持ちのJCBカード裏面に記載してあります。

コールセンターに電話をしたら、引き落としができなかったことを伝えましょう。

そうすれば、オペレーターが支払い方法について案内をしてくれます。

JCBカードの場合、後日「再引き落とし」を行っています。
参照▶▶再引き落としに対応している金融機関/JCB

銀行が再引き落としの対象外の場合は、ATM返済や振込などで支払います。

※参考として、問い合わせ先を掲載しておきます。

【JCB 調査デスク】
06-6944-2222
受付時間:9時〜17時(土日祝、年末年始休)

残高不足を起こして再引き落としや振込などで支払った。クレヒス(信用情報)はどうなる?

【ここでのポイント】

  • 10日の引き落としができなかった場合、その事実が信用情報機関に記録される
  • 再引き落としや振込、コンビニ払いで支払った情報が記録される
  • ブラックリスト入りするワケではない
    (延滞扱いになる・事故情報が記録されるワケではない)
  • ただし、信用情報機関の記録は他社にも照会・共有される
  • そのため、ローン審査やクレカの発行審査の時などは不利になる

 

10日の引き落としができなかった時点で、遅延という扱いになります。

遅延=引き落とし日を守らなかった、約束を破った。

遅延損害金や利用停止などのペナルティはもちろん、遅延した事実が信用情報機関に記録されます。

どのような情報が記録されるのか?

信用情報機関ごと(CIC・JICC)にまとめてみました。

※支払いに関する情報が下記のように記録されます※

CIC■お支払いに関する情報
報告日、残債額、請求額、入金履歴など■その他
遅延の有無、利用日など
JICC■返済に関する情報
入金日入金予定日、残高金額、完済日、延滞など

 

CICには入金履歴が記録されます。何日に・いくら入金されたのか?など。

10日までに入金できなかった、10日以降に入金した。

このような情報が記録されるので、遅延した事実がすぐに分かってしまいます。

 

JICCには入金日・入金予定日が記録されます。

入金日=実際に入金が行われた日。つまり、10日以降に入金した場合は、その日にちが記録されます。

CICと同じく、JICCも遅延した事実がするに分かってしまいます。

 

ちなみに…

信用情報機関(CIC・JICC)に記録された情報は、他の金融機関にも照会・共有されます。

なので、各種ローン審査やカード発行審査の時などは不利になってしまいます。

一発で強制解約にはならないものの、不都合が生じるということです。

スポンサーリンク

引き落としができなかった時に生じる問題

※遅延扱いになり下記のペナルティ発生

 

JCBカードの引き落とし(再引き落とし)ができなかった場合は、遅延扱いになります。

遅延=約定返済日を守らなかった。

つまり、様々なペナルティが課せられます。

代表的なペナルティが下記の通りです。

1.遅延損害金

遅延期間が長引くほど、遅延損害金がかさみます。

JCBカードは、ショッピング枠の遅延損害金利率が年14.6%。

キャッシング枠の遅延損害金利率が年20.0%です。

そして、遅延損害金の計算式が下記の通り。

遅延損害金=利用残高×遅延損害金年率÷365日×遅延日数

 

例えば、ショッピング枠の利用残高が5万円で10日間遅延した場合。

遅延損害金は、5万円×14.6%÷365日×10日=200円。

微々たる額ですが、金額以上に生じるペナルティが大きすぎます。

2.カードの利用停止

引き落としができず遅延扱いになると、JCBカードの利用が停止されます。

ショッピング・キャッシング、どちらのサービスも利用できなくなります。

突然JCBカードが使えなくなった…

という時は、遅延が原因で利用が停止されている恐れがあります。

また、スマホ代や公共料金をJCBカードで払っている場合、こちらの支払いも滞る危険があります。

利用を再開するには、当月の支払額(約定返済額)+遅延損害金を支払う必要があります。

3.催促

引き落としができなかった場合は、後日「催促の連絡」が届きます。

連絡を怠り放置していると、JCBカードから催促が届きます。

始めはハガキによる催促が届き、振込額・期日・口座などが記載されています。

 

これを無視していると、次はスマホに電話がきます。

ですが、対応しない・無視していると、自宅や勤務先に電話がくるように、

担当者の個人名が名乗られるので、JCBカードの返済を遅延していることは周りにバレませんが…

不信感を抱かれる可能性があります。

4.信用度低下

JCBカードの返済を遅延した=約定返済日を守らなかった。

約束を破ったわけですから、信用度が著しく低下します。

目に見えるペナルティではありませんが、増額審査で不利になるなどの悪影響がでてきます。

5.社内データに記録される

「遅延した」「引き落としができなかった」

という情報が、JCBカードの社内データに記録されます。

信用情報機関など外部機関には見られないものの、JCBカードを利用するうえで不都合が生じるおそれがあります。
(増額審査で不利になるなど)

ちなみに…

遅延を何度も繰り返したり、長期間滞納すると「延滞」という扱いになります。

金融業界では、61日以上または3ヵ月以上の遅延を「延滞」と定義しています。

ただ、利用状況によっては、これよりも短い期間でも延滞になります。

延滞扱いになると、信用情報機関(CIC・JICC)に事故情報として記録。

また、強制解約&残高の一括請求が届く可能性もあります。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

J引き落としに間に合わない時は、コールセンターに電話を!

【ここでのポイント】

  1. コールセンターに電話をする
  2. あとからリボに変更する
  3. もしくはスキップ払いを利用する

 

JCBカードの引き落としに間に合わないかもしれないという時は、まず「JCBカードのコールセンターに電話を」しましょう。

支払い方法を変更するという対処法もありますが、それよりも先に電話をした方が確実です。

電話番号は、お手持ちもJCBカード裏面に記載してあります。

※参考として、問い合わせ先を掲載しておきます。

【JCB 調査デスク】
06-6944-2222
受付時間:9時〜17時(土日祝、年末年始休)

 

電話をすると、オペレーターから支払い方法変更の案内があります。

例えば、一回(一括)払いは、あとからリボやスキップ払いに変更できます。

分割は指定回数での返済、リボ払いは指定額での返済です。

 

ちなみに、支払い方法の変更はネットでも申込めます。

ネットで申込む場合は「MyJCB」から手続きを進めます。

MyJCBサービスメニューの項目から「お支払い方法の変更・照会」を選択。

そして、希望の支払い方法を選択し、案内に従い手続きを進めましょう。

不明点がある場合は、JCB調査デスクにお問い合わせください。

スキップ払いを利用するのもアリ

JCBカード独自の支払い方法「ショッピングスキップ払い」

利用額と手数料の合計を<指定月に一括で支払う>方法です。
参照▶▶スキップ払いについて/JCBカード

最長で6ヶ月先まで変更できます。

ただし、再変更(さらに延長)はできません。

JCBカードの引き落とし・再引き落としに関するQ&A

以下、JCBカードの再引き落としに関するQ&Aをまとめました。

Q:再引き落としになった場合の遅延損害金(延滞金)はいくら?

利用残高や遅延日数によって異なります。

例えば、ショッピング枠の利用残高が5万円で、30日間遅延した場合。

遅延損害金=5万円×14.6%÷365日×30日=600円になります。

Q:再引き落としになると延滞扱いになるの?

10日の引き落としに間に合わなかったからといって、すぐに延滞扱いになりません。

金融業界では、61日以上または3ヵ月以上の遅延を「延滞」と定義しているからです。

Q:再引き落としされていないんだけど、なぜ?

入金したけど引き落とし額に達していなかった。
(残高が不足していた)

もしくは、金融業界が再引き落としに対応していなかった可能性があります。

もし再引き落としされていなかったら、JCB調査デスクにその旨を問い合わせましょう。

【JCB調査デスク】
TEL:06-6944-2222
受付時間:9時〜17時
(土日祝日・年末年始休み)

まとめ

  • 引き落とし時間は金融機関(銀行)によって異なる
  • 基本的には引き落とし日の朝一に入金すれば間に合う
  • 再引き落としの有無・スケジュールは金融機関ごとに異なる
  • 再引き落としすらできないと、生じるペナルティが重くなる
  • 遅延として扱われ、遅延損害金(延滞金)などのペナルティが生じる
  • 連絡を怠っていると、催促が届く可能性あり
  • 遅延を何度も繰り返すと「延滞」扱いになることも

 

引き落とし前日までに入金しておけば、引き落としに遅れることはありません。

ですが、支払い遅れや残高不足などを起こすと、引き落としができず「遅延扱い」になる恐れがあります。

JCBカードの返済を遅延すると、様々なペナルティが生じるので、絶対に遅延せず返済することを心がけてください。