スポンサーリンク

【エポスカード】引き落とし/再引き落とし時間はいつ?残高不足だとどうなる?

エポスカードの引き落とし時間は、金融機関ごとに異なります。

引き落とし日は4日もしくは27日ですが、この日の何時に引き落とされるのかは、一概に言えません。

また、再引き落としに対応していないので、引き落としができなかった時は振込などで支払うことになります。

主要銀行の引き落とし時間をと合わせて、当日入金でも間に合うのか?残高不足を起こすとどうなるのか?

といったことも、チェックしていきましょう!

まずはこちらの表をご覧ください。

メガバンクの引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
みずほ銀行0時〜〜23時59分
三菱UFJ銀行0時〜1時〜23時59分
三井住友銀行0時〜〜23時59分
都市銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
りそな銀行0時〜〜19時
埼玉りそな銀行0時〜〜19時
ゆうちょ銀行9時21時
ネット銀行の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
ソニー銀行0時〜〜23時59分
イオン銀行0時〜〜23時59分
楽天銀行5時〜19時〜
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行0時〜〜23時59分
大手地銀の引き落とし時間
(1日二回引き落とし)
北洋銀行0時〜午後〜夜間
横浜銀行0時〜午後〜夜間
千葉銀行0時〜午後〜夜間
静岡銀行0時〜午後〜夜間
福岡銀行0時〜午後〜夜間

この表を参考にしながら、続けて本題(このページの本文)に入っていきます!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 引き落とし時間は金融機関(銀行)によって異なる
  • 多くの銀行では1日二回、引き落としを行っている
  • 一回目は0時〜、二回目は午後〜夜間にかけて行われることが多い
  • 基本的には引き落とし日の朝一に入金すれば間に合う
  • ただ、念のため事前に金融機関に電話をした方がいい
スポンサーリンク

エポスカードの締め日・引き落とし日

【ここでのポイント】

  • 締め日・引き落とし日は2種類ある
  • 4日締め→翌月4日引き落とし
  • 27日締め→翌月27日引き落とし

 

エポスカードの締め日・引き落とし日は2種類あります。

1つめは「4日締め→翌月4日引き落とし」です。

前月5日〜今月4日までの利用分が、翌月4日に引き落とされます。

 

2つめは「27日締め→翌月27日引き落とし」です。

前月28日〜今月27日までの利用分が、翌月27日に引き落とされます。

一部の金融機関は、27日のみの取扱いになっています。

土日祝日は引き落としが行われない!引き落としは平日のみ

【ここでのポイント】

  • 土日祝日は引き落としが行われない
  • 金融機関(銀行)が休業日のため
  • 引き落とし日が土日祝日にぶつかる場合、翌営業日に引き落とし

 

エポスカードの引き落としが行われるのは、平日のみです。

土日祝日は金融機関(銀行)が休業日で、引き落とし処理が行われないからです。

例えば、27日が土曜日だとしたら、引き落としが行われるのは29日(月曜日)になります。

締め日・引き落とし日の変更は可能だけど、時間がかかる

【ここでのポイント】

  • 4日⇔27日の締め日・引き落とし日を変更できる
  • ただし、一部の金融機関は27日のみの取扱い
  • また、変更が反映されるまでに時間がかかる

 

一部の金融機関は27日のみの取扱いなので、締め日・引き落とし日を変更することができません。

ですが、それ以外の金融機関であれば、4日⇔27日の締め日・引き落としを変更することができます。

変更したい時は、ネット(口座振替Net手続きサービス)もしくは郵送で手続きをします。

ただし、変更手続きをしてから反映されるまでに、1ヵ月〜1ヵ月半ほど時間がかかります。

「支払額が大きいから、引き落としを変更・延長したい…」

と思っても、すぐには反映されません。

そういう時は、支払い方法を変更するなどして、対応しましょう。
(あとから分割・リボの変更する)

スポンサーリンク

エポスカードの引き落とし時間は金融機関ごとに異なる

【ここでのポイント】

  • 引き落とし時間は金融機関(銀行)ごとに異なる
  • 基本的には1日二回引き落としが行われている
  • 一回目は0時〜午前、二回目は午後〜夜間にかけて
  • 朝一〜お昼までに入金すれば当日中の引き落としに間に合う
  • 正確な引き落とし時間を確認したい時は、取引店に問い合わせ

 

エポスカードの引き落とし時間は、金融機関(銀行)ごとに異なります。

また、多くの金融機関では1日二回引き落としが行われていますが、中には1日一回のところもあります。

朝一〜お昼までに入金すれば、基本的には当日中の処理に間に合いますが…

お昼以降の入金になる時は、入金前に取引店に確認をとった方がいいです。

ちなみに、引き落としが行われる時間のパターンが下記の通りです。

一回目二回目
0時〜順次夕方〜夜間
早朝夕方〜夜間
9時21時

また、主要銀行の引き落とし時間を調査し、まとめてみました。

詳しくは下記の見出しから確認できるので、ぜひ参考にしてください。

みずほ銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時〜順次夜間
スクロールできます

参考ページ▶▶【みずほ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

みずほ銀行は、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜順次。二回目は夜間。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

三菱UFJ銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時〜1時ころ夜間
スクロールできます

参考ページ▶▶【三菱UFJ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三菱UFJ銀行は、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜1時ころにかけて。二回目は夜間。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

三井住友銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時〜順次夜間
スクロールできます

参考ページ▶▶【三井住友銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

三井住友銀行は、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時〜順次。二回目は夜間。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

りそな銀行の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
0時ころ〜19時までに順次
スクロールできます

参考ページ▶▶【りそな銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

りそな銀行は、1日二回引き落としを行っています。

一回目は0時ころ。二回目は19時までに順次。

なので、朝一に入金すれば当日入金でも引き落としに間に合います。

ただ、19時以降の入金だと当日中の処理に間に合いません。

どんなに遅くても、17時〜18時までには入金し、引き落としができているか?必ず確認してください。

ゆうちょ銀行(郵便局)の引き落とし時間

一回目の引き落とし二回目の引き落とし
9時21時
スクロールできます

参考ページ▶▶【ゆうちょ銀行】引き落とし/再引き落とし時間は何時?残高不足だとどうなる?

ゆうちょ銀行は、引き落とし時間を公開しています。

一回目は9時、二回目は21時に行われます。

なので、朝一に入金すれば確実に間に合いますし、夕方〜夜(21時までに)入金すれば、当日中の処理に間に合います。

 

※その他の金融機関(ネット銀行・地方銀行・第二地方銀行)については、下記の項目でまとめてあります。

+ボタンをタッチすると表示されるので、ぜひチェックしてみてください。

主要銀行の引き落とし時間まとめ(都市銀・地銀・ネット銀行)


※下記の+ボタンをタッチすると、それぞれの銀行の引き落とし時間を確認できます。
■都市銀→三菱UFJ/みずほ/三井住友/りそな/新生/ゆうちょ■
都市銀行・メガバンクの引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
三菱UFJ銀行0時〜1時ころ夜間
みずほ銀行0時〜順次夜間
三井住友銀行0時〜順次夜間
りそな銀行0時ころ19時までに順次
新生銀行4時〜順次19時〜順次
ゆうちょ銀行9時21時
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■ネット銀行→ソニー/イオン/楽天/ジャパンネット/セブン■
ネット銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
※銀行名(青文字)をタッチすると、各銀行の引き落としについて、詳細を確認できます。
銀行名一回目二回目
ソニー銀行0時〜順次夜間
イオン銀行0時〜順次夜間
楽天銀行5時〜順次19時〜順次
ジャパンネット銀行2時21時
セブン銀行9時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
■地方銀行→横浜/福岡/静岡/千葉/北洋■
大手地方銀行の引き落とし時間(詳細の確認はここをタッチ)
本支店によって引き落とし時間が異なることがあります。正確な時間については、本支店(取引店)に電話をしてご確認ください。
銀行名一回目二回目
横浜銀行0時〜順次夜間
福岡銀行0時〜順次夜間
静岡銀行0時〜順次夜間
千葉銀行0時〜順次夜間
北洋銀行0時〜順次夜間
参考▶▶【クレジットカード】引き落とし時間は何時?みずほ、UFJ、三井住友、ゆうちょの例
スポンサーリンク

当日入金は朝一〜お昼までにすれば、引き落としに間に合う

【ここでのポイント】

  • 1日二回引き落としを行っている金融機関が多い
  • なので、朝一〜お昼までに入金すれば、当日中の引き落としに枚に会う
  • ただ、1日一回しか引き落としをしない金融機関もあるので注意

 

先ほども記載したように、多くの金融機関は1日二回、引き落としを行っています。
(一回目:0時〜午前にかけて、二回目:午後〜夜間にかけて)

なので、二回目の引き落としが行われるまでに入金すれば、当日中の処理に間に合います。

朝一に入金するのがベスト、遅くてもお昼までに入金するのが好ましいです。

 

ただ、金融機関の中には1日一回しか引き落としをしないところもあります。

なので、当日入金をした時は必ず「引き落としがちゃんとできているか?」確認してください。

また、朝一以降(お昼〜午後)に入金する時は、事前に取引店に確認をとった方がいいです。

「今から入金しても間に合うか?」
「何時までに入金すれば間に合うか?」

確認してから、引き落とし口座に入金しましょう。

当日入金する時の注意点|引き落としができたか?必ず確認を

【ここでのポイント】

  • ネットバンキングで明細を見る
  • 通帳に記帳する
  • 銀行の取引店に電話をする

 

エポスカードの引き落としがちゃんとできているか?

確認する方法が上記の3つです。

ネットバンキングに対応している銀行であれば、会員ページにログインして明細を見る。

最寄りの銀行本支店に行って、ATMを使って記帳する。

もしくは、銀行の取引店に電話をして確認しましょう。

利用可能額に反映される・回復するのに2〜5営業日ほどかかる

【ここでのポイント】

  • 正常に引き落としが行われても、すぐ利用可能額に反映されない
  • 回復するまでに2〜5営業日ほどかかる
  • 金融機関から振替結果が到着次第反映されるので、少し時間がかかる

 

ネットバンキングで明細を見た時や、銀行ATMで記帳した時、引き落としが正常に行われていた。

でも、引き落としが行われてすぐには、利用可能額に反映されません。

短ければ2営業日ほど〜長引くと5営業日ほどで、利用可能額に反映されます。

利用可能額が回復しないと「引き落としができなかったの!?」と不安になりますが…

明細・通帳に記載されていれば大丈夫です。

回復するまで、しばし待機しましょう。

エポスカードは再引き落とし(再振替)を行っていない!

【ここでのポイント】

  • 再引き落としは行われていない
  • 引き落としができなかった時はコールセンターに電話
  • コールセンターが指定する方法で支払う

 

エポスカードは再引き落としを行っていません。

なので、再引き落とし以外の方法で支払う必要があります。

支払い方法は、エポスATMから返済・ペイジー・コンビニ支払い・振込などがあります。

残高不足で引き落としができなかった時の対処法と支払い方法

【ここでのポイント】

  • エポスATMから返済
  • インターネット入金(ペイジー)
  • ローソン・ミニストップから支払い
  • 振込での支払い

 

残高不足でエポスカードの引き落としができなかった時は、すぐ「コールセンター」に電話をしてください。

【コールセンター】
03-3381-0101
受付時間:9時〜19時
(12/31〜1/3は休業日)

電話をする際は、お手元にエポスカードとメモ帳をご用意ください。

そして、オペレーターにつながったら、引き落としができなかった旨を伝えてください。

誠意ある対応をすれば、オペレーターも丁寧に対応してくれます。

また、支払い方法についての案内があるので、案内に従い希望の方法で支払いを済ませましょう。

 

ちなみに、エポスカードの引き落としができなかった時の支払い方法は4つあります。

下記の+ボタンをタッチすると、各方法の詳細が開きます。

1.エポスATMから返済

エポスATMは「マルイ各店」に設置してあります。

設置箇所はこちらから確認できます。
▶▶エポスATM検索/EPOS Net

2.インターネット入金

インターネットバンキングで、当月の引き落とし額を支払えます。

手順・流れが下記の通り。

  1. エポスNetへログイン
  2. お支払予定額を確認
  3. インターネットバンキングを指定
  4. 指定のインターネットバンキングでお支払

※指定できる金融機関の例
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、千葉銀行、福岡銀行、ゆうちょ銀行など

詳しい手順はこちらから確認できます。
▶▶インターネット入金(ペイジー)/EPOS Net

3.ローソン・ミニストップで支払い

ローソン・ミニストップなら24時間エポスカードの支払いできます。

手順が下記の通り。

  1. ロッピーを操作して「申込券」を発見
  2. 申込券をレジに持っていく
  3. 現金で精算

詳しい手順はこちらで確認できます。
▶▶ローソン・ミニストップでのお支払いについて

4.振込で支払い

エポスカードのコールセンターに問い合わせれば、振込での支払いもできます。

問い合わせる際は、お手元にエポスカードとメモ帳をご用意ください。

【コールセンター】
03-3381-0101
受付時間:9時〜19時
(12/31〜1/3は休業日)

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

残高不足を起こして引き落としができなかった場合のクレヒス(信用情報)

【ここでのポイント】

  • 残高不足を起こした時点で、その事実が信用情報機関に記録される
  • 信用情報機関には、入金履歴・入金日・入金予定日などが記録されるため
  • また、信用情報機関の記録は、他社に照会・共有される
  • つまり、残高不足を起こして再引き落としになった事実は隠せない
  • そのため、ローン審査やクレカ発行審査の時などは不利になる

 

残高不足を起こして引き落としができないと、その事実が信用情報機関(CIC・JICC)に記録されます。

どういうことなのか?というと…

CICには入金履歴が、JICCには入金日(実際に入金された日)が記録されます。
(下記の表参照)

CIC■お支払いに関する情報
報告日、残債額、請求額、入金履歴など■その他
遅延の有無、利用日など
JICC■返済に関する情報
入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞など

入金履歴や入金日を見れば、引き落とし日までに入金されなかったことがわかります。

さらに、CIC・JICCの情報は加盟機関同士で照会・共有されます。

なので、各種ローンやクレカ発行審査の時は、不利になってしまいます。

たった1日、されど1日。

0と1では評価が大きく異なります。

上司

1日くらい遅れても大丈夫だろう。

と、安易に考えてはいけません。

事故情報(延滞扱い)として記録され、ブラックリスト入りする条件

【ここでのポイント】

  • 支払い遅れが2〜3ヵ月つづくと、事故情報としてブラックリスト入りする可能性大
  • 金融業界では、61日以上または3ヵ月以上の遅れを「延滞」として扱うため

 

支払い遅れ(滞納)が2〜3ヵ月続くと、延滞という扱いになります。

金融業界では、61日以上または3ヵ月にわたる遅れを「延滞」と定義しているため。

そして、延滞扱いになると、より重いペナルティが生じます。

限度額引き下げ、信用情報機関への記録…などなど。

信用情報機関への記録=事故情報としてブラックリスト入りすること。

さらに、強制解約になり利用残高の一括請求が届くこともあります。

なので、延滞は絶対にしてはいけません。

残高不足で引き落としができなかった時に生じるペナルティ

エポスカードの引き落としができなかった時は「遅延扱い」になります。

そして、主に下記のペナルティが生じます。

  • 遅延損害金
  • 催促の連絡
  • エポスカードの利用停止
  • 信用度の低下
  • 社内データに記録される

 

また、遅延期間が長引くと「延滞扱い」となり、さらに重大なペナルティが課せられます。

最悪の場合、強制解約&残高の一括請求が届くことも。

遅延はもちろんですが、延滞も絶対にしないよう心がけてください。

クレジットカードの遅延については、こちらのページで詳細がまとめられているので、気になる方はご確認ください。
▶▶【クレジットカードの遅延】支払いに遅れた時の対処法|延滞は絶対ダメ!

入金できない・引き落としに間に合わない時は電話連絡を!

【ここでのポイント】

  • コールセンターにすぐ電話
  • 引き落としに間に合わないことを相談する
  • 連絡を怠り放置していると催促が届くおそれあり

 

エポスカードの引き落としに間に合わない。

入金に遅れて残高不足を起こしそう。

このような時は、早急に「コールセンター」に電話・相談をしてください。

【コールセンター】
03-3381-0101
受付時間:9時〜19時
(12/31〜1/3は休業日)

そして、オペレーターと相談して支払期日と支払い方法を設定しましょう。

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

Q:引き落とせなかった場合、延滞金はいくら生じる?

利用残高や遅延日数(振込までにかかった日数)によって、生じる延滞金が異なります。

まず、延滞金は下記の式で計算します。

延滞金(遅延損害金)=利用残高×遅延損害金年率÷365日×遅延日数

ショッピング枠の年率→14.6%
キャッシング枠の年率→20.0%

例えば、ショッピング枠の利用残高が3万円で、遅延日数が5日の場合。

延滞金(遅延損害金)=3万円×14.6%÷365日×5日=60円

微々たる額ですが、油断してはいけません。

この額以上に大きなペナルティが生じるからです。

Q:残高不足を起こした時点で延滞扱いになるの?

なりません。

短期間の返済遅れは「遅延」という扱いで、生じるペナルティもまだ軽めです。

ただ、遅れが2〜3ヵ月続くと「延滞」扱いになる可能性が出てきます。

また、遅延を何度も繰り返した場合も、同様に注意が必要です。

Q:引き落としができていないんだけど、何で?

口座残高が不足していた可能性があります。

利用残高(引き落とし額)と口座残高を照らし合わせてみましょう。

もし引き落とし日を過ぎていた場合は、振込などで支払うことになります。

まとめ

  • エポスカードの引き落とし時間は利用者ごとに異なる
  • 銀行(金融機関)によって引き落とし時間が異なるため
  • 基本的に「1日二回」引き落としが行われる
  • 当日の朝一で入金すれば引き落としに間に合う
  • ただ、念のために銀行の取引店に電話確認を